外壁の汚れをキレイにしたい? 対策法や業者選びのコツを伝授!


外壁が汚れていると、見た目が悪く気分が晴れません。外壁は家の印象を大きく左右するため、すぐにキレイにしたいですよね。しかし、どんな対策をすればいいのか、よくわからないことでしょう。そこで、今回は、外壁の汚れをキレイにしたい方のために、効果的な対策法を含め、詳しく解説します。

  1. 外壁の汚れについて
  2. 外壁の汚れの対策法を解説
  3. 外壁の汚れ対策を業者に依頼する場合
  4. 外壁の汚れに関する相談について
  5. 外壁の汚れでよくある質問

この記事を読むことで、外壁の汚れをキレイにするためのコツがわかり、適切な対策を行うことができます。お悩みの方は、ぜひ記事を参考にしてください。

1.外壁の汚れについて

最初に、外壁の汚れの基本を学びましょう。

1-1.外壁の種類について

外壁には、大きく分けて以下のような種類があります。

  • サイディング(金属系・樹脂系・木質系など)
  • モルタル
  • RC(鉄筋コンクリート)
  • トタン
  • タイル
  • レンガ
  • 漆喰(しっくい)

1-2.外壁の汚れとは

外壁が汚れる原因で主なものは、以下のとおりです。外壁は、常に外気に触れています。そのため、さまざまな汚れが複雑に絡み合っていることが多くなるでしょう。

  • 土砂
  • 雨水
  • ホコリ
  • 動物や昆虫の排せつ物
  • カビ
  • コケ
  • 手あか
  • 排気ガス

1-3.外壁の汚れを放っておくとどうなる?

外壁の汚れを放置しても、自然にキレイになるわけではありません。大雨が降った後など、汚れが洗い流されたように見えても、しっかり残っているものです。また、雨水自体が汚れているので意味がありません。外壁の汚れは、外観を悪くするだけでなく、種類によっては建物の寿命を短くする原因になるので放置しないでください。

2.外壁の汚れの対策法を解説

外壁の汚れの対策法について、タイミングや頻度・自分で取る方法などを解説します。

2-1.外壁の汚れを取るタイミングや頻度について

外壁の汚れを取るタイミングは、見つけてからできるだけ早いに越したことはありません。汚れも日がたつほどに定着し、取れにくくなるからです。定期的に外壁の汚れを取ることで、いつでもキレイな外壁を保ちやすくなります。具体的には、1か月に1回程度は対応することが理想です。外壁を観察して目立つ汚れがなければ問題ありません。気になる汚れがあるときにだけ、きちんと対応してください。

2-2.外壁の汚れを自分で取る方法

外壁の汚れは、自分で落とすことができる場合があります。ホースなどで水を流すだけでも、外壁の表面の汚れやホコリが取れてキレイになるでしょう。ただし、しつこい汚れはこびりついたままです。きちんと落とすためには、外壁掃除用の洗剤やブラシなどの道具を使いましょう。ポイントは、力を入れすぎないことです。汚れを落とそうとしてブラシでこすりすぎると外壁を傷めてしまうことがあるので気をつけましょう。なお、外壁の素材によってはプロに汚れ落としを依頼した方がいいものもあります。心配なときは、業者に相談してください。

2-3.外壁の汚れの対策法に関する注意点

外壁の汚れは、1回キレイにしてもまたいつのまにか蓄積するものです。汚れないように注意しても、外気にさらされているため、防ぎようがない部分があります。防汚効果の高い塗料を使っていても、効果は徐々に薄れるものです。汚れが気になる場合は、こびりついて取りにくくなる前に、こまめにチェックをして早めに対応してください。

3.外壁の汚れ対策を業者に依頼する場合

外壁の汚れ対策は、業者に依頼すると便利です。どんな状態のときに依頼すべきか、業者の対策方法や料金など、具体的に解説します。

3-1.外壁の汚れ対策を業者に依頼すべき状態

以下のようなときは、業者に依頼した方がいいでしょう。費用がかかっても、多くのメリットがあるものです。

  • 自分でキレイにする時間がない
  • 自分で落とそうとしたがキレイにならなかった
  • 高所や手が届きにくい部分が汚れている
  • 汚れ以外の不具合(塗装のひび割れやめくれ・亀裂)などがある

3-2.汚れ対策の方法とは?

外壁の汚れ対策としては、以下のような方法があります。

  • 雨が降った後に水で洗い流す
  • 汚れが目立ちにくい色を選ぶ
  • 汚れに強い塗料を選ぶ

3-3.汚れにくい素材について

外壁の汚れが気になる場合、汚れにくい塗装や外壁素材を選ぶことをおすすめします。塗料の中でも、防汚効果に優れたものを選んでください。しかし、汚れにくい素材でも、完全に防止することはできません。定期的に汚れをチェックし、水で洗い流すなどのメンテナンスを行いましょう。

3-4.外壁の汚れ対策を業者に依頼する場合の料金

高圧洗浄で外壁のクリーニングをした場合、相場は数万~20万円程度となります。建物の条件や業者の料金設定によっても異なるので、見積もりを依頼して確認するといいでしょう。業者に依頼した場合、費用はかかりますが自分でクリーニングするよりも確実にキレイになります。本格的に汚れ対策をしたいときは、検討してみてください。

4.外壁の汚れに関する相談について

外壁の汚れに関する悩みごとは、信頼できる業者に相談するのが一番です。よい業者の選び方をはじめ、費用やコストを抑える工夫や注意点など、参考にしてください。

4-1.信頼できる業者の選び方

外壁の汚れ対策は、信頼できる業者に相談してください。たとえば、以下の条件が当てはまるところなら安心です。

  • 外壁の汚れ対策・塗装工事で豊富な実績がある
  • 外壁診断や見積もりは無料
  • リーズナブルな工事費用
  • 希望に合わせた工期設定
  • 親切で丁寧な対応で評判
  • 充実したアフターフォローと保証内容

なお、当テンイチも、外壁塗装で豊富な実績があり、汚れ対策に関しても自信があります。まずは、お問い合わせからお気軽にご利用ください。

4-2.外壁の汚れ対策の費用やコストを抑える工夫

外壁の汚れ対策の費用・コストが気になる場合、料金設定が安い業者を選ぶといいでしょう。ただし、価格だけで選ぶと仕上がりに不満が残ることがあります。業者の中には、徹底したコストダウンと企業努力によって、費用を抑えながらも高品質な工事を提供しているところもあるのです。ホームページの内容や口コミでの評判などもしっかりチェックし、安くて信頼できる業者に依頼しましょう。

4-3.外壁の汚れに関する相談をするときの注意点

外壁の汚れに関する相談先には、信頼できる業者を選ぶことが大切です。たとえば、訪問営業や電話勧誘でタイミングよくコンタクトを取ってきた業者に相談することは避けましょう。十分に業者の質を吟味する時間がないだけでなく、契約を急ぐばかりで、親身になって相談に乗ってもらえません。満足できる結果のためにも、相談先はしっかり選びましょう。

5.外壁の汚れでよくある質問

最後に、外壁の汚れについてよくある質問に回答します。それぞれの内容を参考にし、役立ててください。

Q.外壁が全体的にくすんで見えるのは汚れが理由ですか?
A.汚れだけでなく、経年変化による色あせが原因の場合もあります。前回の塗装工事から数年以上経過している場合、紫外線などの影響で色あせるのです。まずは、業者の外壁診断を受けてみるといいでしょう。当テンイチでも、外壁診断を無料で行っています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

Q.外壁が汚れていても気にしなければ問題ないのでは?
A.外壁の汚れは家のイメージダウンにつながります。外壁劣化のサインでもあるため、放置してはいけません。また、汚れた部分にはカビや雑菌が繁殖しやすくなります。衛生面を考えても、外壁の汚れはキレイにしておくべきでしょう。

Q.外壁にいつのまにかガムがついていましたが取れますか?
A.まだ時間が経過していないものは、ヘラでそぎ取ってみてください。残ったものは、油でふいてみる・冷却スプレーをかけて固まってから再度チャレンジするなどの方法で対応します。ただし、塗料によってはシミやダメージの原因になるため、慎重に行ってください。不安が残る場合は、業者に相談して対応してもらいましょう。

Q.外壁が汚れやすい環境の特徴は?
A.以下の環境にある建物は外壁が汚れやすいため、こまめにチェックして汚れ対策を行ってください。

  • 道路に面している
  • 海や川が近いもしくは庭に池がある
  • 風が強い地域にある
  • 雨が多い地域にある

Q.洗浄しても汚れが取れない場合、どんな原因がありますか?
A.経年変化による色あせ・カビ・コケなど、さまざまな可能性があるでしょう。また、しつこい汚れは塗装に入り込んでしまい、高圧洗浄でも取れない場合もあります。いずれにしても、洗浄で対応できない汚れは、ほかの対策を考えてください。場合によっては、塗装のやり直しが最適な方法となるでしょう。詳しくは、業者に確認してください。

まとめ

今回は、外壁の汚れ対策について詳しく解説しました。家の外観をキレイに保ち、気分よく暮らすためにも、汚れ対策はきちんと行うべきです。しかし、汚れだと思っていても、実は経年変化による素材の劣化である可能性もあります。いずれにしても、外壁の汚れを見つけたら放置せず、早めに対策してください。なお、経験豊富な業者に相談することで、適切な対策ができます。自分で行うよりも、キレイでムラなく仕上がるのでぜひ活用してください。