アパート・マンションの外壁塗装のコツは? 方法と注意点など解説


アパートやマンションなど集合住宅の外壁塗装は、一戸建てよりも費用がかさみ大がかりな塗装工事となります。外壁全体を塗りなおすことになると、施工期間も長くなるでしょう。また、高額な費用をまかなうためには、住人から費用を集める必要があります。高額な費用がかかるからこそ、失敗は許されません。適切な塗料を使用し美観と耐久性を維持するためにも、外壁塗装のポイントを押さえることが大切です。そこで、本記事では、アパート・マンションにおける外壁塗装の特徴と方法・ポイントを一挙解説します。

  1. アパート・マンションの外壁塗装の基礎知識
  2. アパート・マンションと一戸建ての外壁塗装の違いは?
  3. アパート・マンションの外壁塗料の種類を紹介!
  4. 外壁塗装工事の主な流れは?
  5. 入居者への通知で押さえておきたいポイント
  6. アパート・マンションの外壁塗装業者選びは?
  7. アパート・マンションの外壁塗装でよくある質問

この記事を読むことで、アパート・マンションの外壁塗装をスムーズに済ませるための方法とコツが分かります。検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1.アパート・マンションの外壁塗装の基礎知識

まずは、アパートとマンションの外壁塗装を行う必要性をチェックしておきましょう。最適な塗装を行うために必要な基礎知識を身につけてください。

1-1.外壁塗装の定義は?

具体的な定義はありませんが、名前のとおり、外壁の塗装を行うことです。外壁は、雨風・ホコリ・塵(ちり)など外部からの影響を直接受ける場所となります。そのため、月日が経過するほど塗装が劣化し、塗装でできた膜が薄くなると同時にさまざまな症状が出始めるのです。たとえば、外壁のひび割れ・雨漏り・チョーキング現象(白い粉がつくこと)などがあります。塗装には、家を保護し、機能性をアップする意味があるため、定期的に塗り替えるのが大切です。

1-2.必要性は?

外壁塗装を行う理由は、「建物の見た目をキレイにする」「塗料の膜で雨水など外気から建物を守る」という2つの目的があります。
外壁塗装は目に見える部分なので、とても分かりやすい場所です。10年以上経過すれば、塗装が色あせたり汚れが目立ったりと悪影響を受けます。そこで、定期的に塗り替えを行えば、新築のような状態に戻り美観を取り戻すことになるのです。
そして、見た目だけでなく、塗膜によって雨水の浸入を防ぐことができます。経年劣化で外壁の剝(は)がれや劣化症状が現れますが、きちんと塗り替えを行うことで劣化防止につながるのです。この2つの目的があるからこそ、外壁塗装を定期的に行わなければなりません。

1-3.耐久性の問題

外壁塗装を放置すると、建物の耐久性が低くなり、地震など自然災害に弱い建物となります。なぜなら、ひび割れから雨水が浸入し内部の下地にまで影響がおよぶからです。外壁の下地が傷むと、アパート・マンションの大切な柱・梁(はり)がもろくなります。その結果、非常に弱い建物となってしまうのです。耐久性を向上し維持するためにも、定期的な塗り替えが必要となります。

1-4.外壁塗装のベストなタイミングは?

使用する塗料の種類ごとに耐用年数が異なります。基本は、耐用年数に合わせて外壁塗装を行うことです。たとえば、よく使用されているシリコン塗料の耐用年数は約7~10年となります。耐用年数が近づいてきたころに外壁塗装を考えると良いでしょう。
また、耐用年数に達していなくても、外壁に以下のような症状が現れたら、塗り替えのタイミングです。

  • コンクリートが剝がれ落ちてきている箇所がある
  • 雨漏りによるシミがある
  • 0.3mm以上のひび割れがある
  • 色あせや汚れが目立つ
  • チョーキング現象が起きている
  • 塗膜が剝がれている
  • カビ・コケ・藻(も)ができている
  • シーリング(コーキング)が割れている

2.アパート・マンションと一戸建ての外壁塗装の違いは?

では、具体的にアパート・マンションと一戸建てには、どのような外壁塗装の違いがあるのでしょうか。

2-1.特徴をチェック!

外観から一目瞭然ですが、アパート・マンションの集合住宅と一戸建てでは「施工範囲」が大きく異なります。一戸建ては2階までがほとんどですが、アパートは4階、マンションは4階以上となるでしょう。施工範囲が広くなるほど費用がかかるため、長期的な計画を立てて取り組まなければなりません。つまり、アパート・マンションの外壁塗装は、一戸建てよりも慎重に施工を実施する必要があります。

2-2.工事内容・期間の違い

アパート・マンションなどの集合住宅と一戸建てでは、工事の期間に違いがあります。前述したとおり、アパート・マンションの施工範囲が広いため、工期の目安は50戸以内で1~2か月程度、50戸以上の場合は2か月以上となるでしょう。大規模マンションの場合は、3か月以上かかる可能性もあります。また、塗装工事が長期間にわたることから、作業員の待機場所・トイレなど設置する日程が含まれることもあるのです。いくつかの工程を順にこなしていかなければならないため、マンションの規模や階数で大きく変わります。

2-3.費用相場の違い

アパート・マンションの場合は、工期が長期にわたることもあり、費用が高額になりがちです。参考として、マンションの規模による平均費用を以下にピックアップしました。

  • 3階建て(外壁塗装面積780㎡):約130万~400万円
  • 4階建て(外壁塗装面積1,030㎡):約400万~500万円
  • 5階建て(外壁塗装面積1,290㎡):約500万~650万円
  • 6階建て(外壁塗装面積1,550㎡):約600万~800万円
  • 7階建て(外壁塗装面積1,800㎡):約700万~900万円

一戸建ての場合は坪数で異なりますが、約50万~150万円で済むことがほとんどです。アパート・マンションの規模が大きくなるほど外壁塗装面積が大きくなるため、費用も高額となります。

2-4.耐用年数の違いはあるのか?

耐用年数は使用する塗料によって異なると説明しましたが、集合住宅の大まかな目安は約8~10年です。仕様や立地条件にもよりますが、8~10年に1回は外壁の塗り替えをしたほうが良いと言われています。また、鉄部塗装や、防水塗装は約5年に1度の塗り替えが望ましいのです。一戸建ての場合も約10年に1度の外壁塗装が必要と言われているので、大差はありません。

3.アパート・マンションの外壁塗料の種類を紹介!

では、アパート・マンションの外壁塗装に使用する塗料をいくつか紹介します。

3-1.シリコン塗料

外壁塗装の約7割を占めるのが「シリコン塗料」です。シリコン塗料は、コストパフォーマンスに優れる塗料で、遮熱性・耐候性が高いという特徴があります。また、カラーバリエーションも豊富なので、アパート・マンションのデザインに合わせた塗料が使えるでしょう。

3-2.アクリル塗料

外壁塗装をする際に使用する塗料の中で、最もグレードの低いタイプが「アクリル塗料」です。比較的安価で使いやすい塗料ですが、耐久性が低いので5年に1度塗り替えなければなりません。メンテナンスの間隔が短くなるため、こまめなメンテナンスが必要なのです。

3-3.ウレタン塗料

「ウレタン塗料」は、アクリル塗料と同じく、外壁や屋根にほとんど使われなくなった塗料です。ただし、下地の密着性に優れているため、破風板など付帯部に使われています。また、ウレタン防水は現在でもアパート・マンションの屋上で使用されている主流の塗料です。

3-4.フッ素塗料

合成樹脂に蛍石を原料とした塗料を「フッ素塗料」と言います。非粘着性・耐薬品性・低摩擦性・耐候性などに優れているので価格が高めです。ただし、耐久性が高く、15~20年持つことができるため、メンテナンスを楽にしたいという方に人気があります。

4.外壁塗装工事の主な流れは?

工事を始める前に、大まかな流れをチェックしておきましょう。

4-1.工事の主な流れ

アパート・マンションにおける外壁塗装工事の主な流れは以下のとおりです。

  1. 外部足場を設置する
  2. 塗料を付着させてはいけない部分にシート養生を行う
  3. 高圧洗浄で外壁に付着している汚れを洗い落とす
  4. 既存外壁の傷んでいる部分をキレイに補修する
  5. 開口部など塗料が付着してはいけない部分に養生を行う
  6. 既存外壁にコーキング施工がされている場合は、コーキングの打ち直しを行う
  7. コンクリート・モルタル外壁の場合は、フィラー材・サイディングなどを塗布する(下塗り作業)
  8. 中塗りと上塗りで、外壁塗装に色をつける
  9. 養生材をキレイに取りのぞき、外部足場を解体・撤去する
  10. マンション・アパートの周囲をキレイに清掃し完了

4-2.施工例の紹介

流れをチェックしても、実際にどんな風になるのかイメージしにくいと思います。そんなときは、外壁塗装業者のホームページなどで掲載されている施工例をチェックすると良いでしょう。「株式会社テンイチ」では、さまざまな施工例を写真と一緒に掲載しているのでぜひチェックしてください。

4-3.低費用で行うコツは?

高額な費用がかかるからこそ、できるだけ費用を抑えたいところですが、ポイントは「早めにメンテナンスを行うこと」です。耐用年数が近づく前に、アパート・マンションの外壁に異常が起きていないかチェックすると良いでしょう。自分で確認できない場所は、業者へ無料診断を依頼するのも手段の1つです。補修を早めに行うことで、必要最低限の施工で済み、費用を抑えることができます。

4-4.無料見積もりを利用しよう!

大がかりな外壁塗装ほど、入念な計画と見積もりの内容が大切です。「とりあえず大まかな費用が知りたい」という方は、外壁塗装業者の無料見積もりを依頼すると良いでしょう。無料見積もりで大まかな費用を把握し、業者との打ち合わせでより細かく工事内容を決めていきます。また、複数の業者へ無料見積もりを依頼することで、低費用で抑えられる業者が見つかるでしょう。

5.入居者への通知で押さえておきたいポイント

マンション・アパートの外壁塗装を行う場合は、事前に入居者へ通知しておかなければなりません。ここでは、入居者への通知で押さえておきたいポイントを解説します。

5-1.いつ通知すべきか?

工事開始日の10日前までに通知を行うのが一般的です。直前になって告知すると、入居者がパニックになり後でトラブルに発展するおそれがあります。また、入居者全員に情報が行きわたるようにするため、余裕を持って告知するのが大切です。中には、工事音や振動を嫌う方がいるので、クレームを最小限に抑えるためにも早めに知らせましょう。

5-2.告知方法は?

主な告知方法は、「アパート・マンション内の掲示板」「回覧板」「入居者宅を1軒ずつまわる」の3点です。アパート・マンション内の掲示板と回覧板で告知することが多いでしょう。けれども、入居者の中に掲示板と回覧板を見ない方がいるので、入居者宅を1軒ずつまわるのが確実な方法ですね。

5-3.告知の重要性は?

告知されずに外壁塗装が始まると、ほとんどの人が「聞いていない!」と憤慨するでしょう。なぜなら、工事音だけでなく、工事中は洗濯物を外へ干すことができない可能性が高いからです。何かと生活に不便を感じることが増えるでしょう。また、マンション・アパートの外壁塗装にかかる費用は、毎月入居者が支払う共益費から出すことがあります。入居者から得たお金を使って外壁塗装することを、忘れないようにしてください。

5-4.集合住宅の工事で気をつけるべきポイント

工事の音や振動に敏感な人からクレームが来ることがあります。さまざまな入居者が生活しているため、クレームの想定もしておかなければなりません。大がかりになるほど工期が長くなるため、クレームを受けてもしっかり対応できる業者を選ぶことが大切です。

6.アパート・マンションの外壁塗装業者選びは?

外壁塗装業者の選び方とアフターフォロー・メンテナンスの有無、注意点を解説します。

6-1.選び方のポイント

外壁塗装の仕上がりに満足できるか否かは、業者の腕にかかっています。優良業者へ依頼するためにも、以下のポイントに注目してください。

  • 丁寧かつスピーディーな対応か
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけているか
  • 外壁塗装の腕が良く、実績があるか
  • 低費用で高品質なサービスが受けられるか
  • 口コミ・評判が良いか

6-2.アフターフォロー、メンテナンスは?

前述した選び方のポイントに加えて、アフターフォローとメンテナンスが充実しているかにも注目してください。長期の保証がきちんと整っている業者なら、施工後にトラブルが起きてもすぐに対応してくれます。さらに、保証期間内ならば出張費用や修繕費用もかからないので安心です。

6-3.注意点

「高額な費用を払ったのにきちんと塗装されていない」「追加料金を請求された」など、悪質な業者との間でトラブルが起きています。外壁塗装は手抜きしやすい工事と言われているため、慎重に業者を選ばなければなりません。少しでも不安を感じたら依頼しないようにしてください。

7.アパート・マンションの外壁塗装でよくある質問

アパート・マンションの外壁塗装でよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.外壁塗装を放置すると、どんな工事が必要になるか?
A.建物の壁面の材質が劣化すると、下地の腐食が進行します。その結果、下地補修が必要になり、外壁塗装費用がさらにかさむことになるでしょう。また、最悪の場合、リフォームの検討も視野に入れておかなければなりません。

Q.防水塗料の特徴と種類は?
A.アパート・マンションの屋上に使用されることが多い防水塗料は、塗料そのものに撥水(はっすい)・防水機能がある種類です。主な防水塗料には、瓦用水性塗料・水性木部保護塗料・プラスチック用水性塗料などがあります。

Q.どの塗料を使用すべきか?
A.素人では判断しにくいため、専門の業者へ相談しながら決めてください。新しい塗料を使用する際は、現在使用している塗料との相性もチェックする必要があります。

Q.業者へ依頼する際のポイントは?
A.スムーズに外壁塗装をするためにも、仕上がり・予算・希望工期など要望を伝えてください。できるだけ具体的に伝えることで、業者側も明確なプランと見積もりが提示できます。なんとなくではなく、打ち合わせで細かく決めることが大切です。

Q.外壁塗装を一部だけ修理したい……
A.汚れやひびが目立つ場所だけ補修することは可能ですが、状態によっては外壁塗装以外の基礎部分に問題がある可能性もあります。自己判断は危険なので、まずは業者へ相談してください。外壁塗装のプロがチェックし、適切な判断を下してくれるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 外壁塗装は、見た目をキレイにし建物の耐久性をアップするために必要なことです。特に、アパート・マンションなど集合住宅は、多くの人が生活をしています。集合住宅の管理者・オーナー・管理会社は、定期的に外壁塗装を行い建物の耐久性を維持し続けていかなければなりません。一戸建てとは異なり、高額な費用がかかり工期も長期にわたるからこそ、計画的な外壁塗装が必要です。外壁塗装業者と入念な打ち合わせを行った上で、最適な塗料を使い塗り替えを行いましょう。方法とポイントを押さえておけば、アパート・マンションの見た目が美しく耐久性がアップします。