ガルバリウム外壁はメリットが多い! メンテナンス方法や価格も紹介!


近年、すぐれた外壁材としてガルバリウム鋼板が注目を集めています。すっきりとした見た目だけでなく、耐久性やリーズナブルな価格も人気の理由です。外壁は家の印象や寿命を左右する大切なものであり、慎重に選ぶ必要があります。外壁のサイディング塗装を検討している人は、ぜひガルバリウムの魅力や特徴をしっかり理解してください。この記事では、ガルバリウムの種類やメリット、外壁工事の費用などについてご紹介しましょう。

  1. ガルバリウムについて
  2. ガルバリウム外壁のメリットとデメリット
  3. ガルバリウム外壁へのリフォームについて
  4. 外壁リフォーム業者選びのポイント
  5. ガルバリウム外壁に関するよくある質問

この記事を読むことで、ガルバリウム外壁について詳しく分かるはずです。外壁塗装を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

1.ガルバリウムについて

まずは、ガルバリウムの特徴や種類、最近の傾向などをご紹介しましょう。

1-1.鉄合金の板に金属メッキ加工を施したもの

ガルバリウム鋼板とは、鉄をベースとした合金の板に金属メッキ加工を施したもののことです。屋根材として使用されることも多く、金属でありながら薄くて軽量という特徴があります。寿命も20~30年と長く、耐久性や耐熱性にもすぐれているため、外壁材として採用されるケースも非常に増えてきているのが現状です。

1-2.さまざまな種類がある

ガルバリウム鋼板といえばトタン板のようなイメージを持つ人もいますが、実は厚さや加工の仕方、色の違いなどによってさまざまな種類があります。たとえば、波の間隔が狭いものや傷がつきにくいように加工したものなどもあり、カラーバリエーションも豊富です。選ぶ種類によって家の見た目や寿命が大きく左右されるため、慎重に検討する必要があるでしょう。

1-3.外見にこだわりたい人に人気

ガルバリウム鋼板にはすぐれた魅力がたくさんありますが、特徴的なのはやはり見た目です。モダンでスタイリッシュな雰囲気に合うため、近代的な外観を演出してくれます。そのため、「家の外見にこだわりたい」という人から、大変な人気があるのです。そういった理由からも、ガルバリウム外壁を採用する建築家が増えてきています。

2.ガルバリウム外壁のメリットとデメリット

ガルバリウム外壁にはたくさんのメリットがある反面、デメリットになる部分もあります。しっかり把握しておきましょう。

2-1.メリット

ガルバリウム外壁のメリットは以下のとおりです。

  • サビに強い
  • 寿命が長い
  • 軽量なので耐震性がある
  • 素材自体の価格がリーズナブル
  • 防水性にすぐれている
  • メンテナンスが少なくて済む

2-2.デメリット

ガルバリウム外壁のデメリットには以下のようなものがあります。

  • 種類によっては傷がつきやすい
  • ほかの外装材と比較して施工費が高い
  • 結露が発生しやすい
  • 遮音性が低い

3.ガルバリウム外壁へのリフォームについて

ガルバリウム外壁へのリフォームを検討している人のために、メンテナンスの方法や工事にかかる価格などをご紹介しましょう。

3-1.ガルバリウム外壁が向いている家とは?

ガルバリウム外壁は軽量で耐震性があるため、耐震対策を考えてリフォームしたい人におすすめです。家の基礎部分にかかる重量負荷を抑えられるため、地震が起きても負担を軽減できるでしょう。また、耐用年数が長いため「初期費用がかかっても長持ちする外壁にしたい」という人は、ガルバリウム外壁を選択するべきです。

3-2.おすすめできない場合もある

ガルバリウムが持つデメリットを考えると、おすすめできない場合もあります。まず、断熱性能を考慮した素材ではないため、断熱材が別途必要になる可能性も考える必要があるのです。もともと断熱性に不安がある家には、ガルバリウム外壁はおすすめできません。また、前述したようにガルバリウム外壁は初期費用が比較的高くなるのが特徴です。「初期費用を抑えてリフォームしたい」という場合は、別の外壁材を選択したほうがよいでしょう。

3-3.ガルバリウムのメンテナンスは簡単

ガルバリウム外壁は非常に簡単なメンテナンスで済みます。年に1回程度でよいので、ホースで水をかけて汚れを洗い流しましょう。高圧洗浄機を使うとガルバリウムがへこんでしまう恐れがあるため、使用しないでください。「ガルバリウム外壁はメンテナンスが不要」と思っている人もいますが、何もしなくてもよいということはありません。簡単なメンテナンスなので、定期的に行って外壁を長持ちさせましょう。

3-4.工事日数は10日~2週間程度が目安

ガルバリウム鋼板の外壁工事には、10日~2週間ほどかかるのが一般的です。ただし、天候などによっても工事期間が大きく左右されてしまう可能性があるため、余裕を持ってスケジュールを立てておくようにしましょう。

3-5.費用相場は1㎡あたり3,500~6,000円

ガルバリウム鋼板の単価はメーカーによって違いはありますが、1㎡あたり3,500~6,000円が相場です。そのほかにも足場代や職人の人件費などが発生するため、何にいくらかかっているのか、見積書の内容をしっかり確認するようにしてください。

3-6.施工方法が悪いとサビが発生することも

ガルバリウム自体はサビにくい素材といわれていますが、施工方法によってはアルミ成分がセメントと反応し、メッキ層が溶け出してしまうこともあります。比較的早い段階でサビが発生する原因になるため、下地の施工をしっかりと行ってくれる業者に依頼することが必要です。ガルバリウム外壁工事の実績を豊富に持つ業者に依頼するようにしましょう。

4.外壁リフォーム業者選びのポイント

外壁リフォーム工事を依頼する業者の選び方や注意点をご紹介します。

4-1.業者選びのポイントとは?

リフォーム業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書に不明確な項目がないか
  • 提案力や技術力があるか
  • 質問に対して的確な答えをくれるか
  • アフターサービスは充実しているか

4-2.無料見積もりを比較して相場を把握しよう

外壁リフォームには定価というものがないため、相場を把握しにくいのが実情です。そのため、提示された見積書の内容が適切なのかそうでないのか判断できない人も多いでしょう。そこで、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみる方法をおすすめします。そうすることで、大まかな相場を把握できるでしょう。

4-3.悪徳業者の存在に注意

残念ながら、外壁リフォーム業者の中にも悪質な業者は存在します。飛び込みで突然やってきて不安をあおり、リフォームを強引にすすめてくるような業者は、必ず断るようにしてください。また、大幅な値下げをしてくる業者にも注意が必要です。もともとの価格が相場より高く設定されている可能性が高いでしょう。だまされないためには、事前に大まかな相場を把握しておくことが大切です。実際に、高額な料金を請求され、ずさんな工事をされてしまった例も数多く報告されています。そのようなトラブルに巻き込まれないために、業者選びは十分慎重に行ってください。

5.ガルバリウム外壁に関するよくある質問

「ガルバリウム外壁について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.家の外壁にはどのような役割があるのですか?
A.見た目の美しさを維持するだけでなく、雨風など自然の驚異から住人を守る役割を果たしています。そのほかにも、遮熱や遮音・プライバシーの保護など、外壁が果たす役割は非常に大きいといえるでしょう。

Q.ガルバリウム鋼板はいつ開発されたものですか?
A.1972年にアメリカで開発されました。酸性雨が社会問題化し、トタンの酸性雨に対する軟弱性が注目されるようになったことがきっかけといわれています。

Q.ガルバリウムを開発しているメーカーはどこですか?
A.旭(あさひ)トステムやアイジー工業・ケイミュー・福泉工業・マックス建材など、数多くのメーカーがガルバリウム鋼板を開発しています。

Q.ガルバリウムとトタンでは、寿命が長いのはどちらでしょうか?
A.ガルバリウム鋼板です。トタンと比較して3~6倍の寿命が期待できるといわれています。

Q.ガルバリウム外壁で特に人気が高いカラーは何でしょうか?
A.ブラックやシルバー・ブラウン・ホワイトなどが特に人気です。

まとめ

いかがでしたか? ガルバリウム外壁のメリットやメンテナンスについて、外壁リフォーム業者の選び方などを詳しくご紹介しました。ガルバリウム外壁には魅力がたくさんあり、今注目を集めている外壁材の一つです。外壁リフォームを検討するにあたって、ガルバリウム鋼板のことを詳しく把握しておくことをおすすめします。