アンティーク家具が自分で作れる!? ビンテージ加工ができる塗料がスゴイ。


アンティーク家具

アンティーク家具の何年も使い込んだ味わいは素敵ですよね。
通販や量販店で手軽に買える家具はお手ごろ価格だし使いやすいけれど、もっと歴史を感じさせる風合いが欲しい、と思っている人もいることでしょう。
実は簡単に長年使い込んだ味わいを出すことができるビンテージ加工が簡単にできる塗料があるんです。

自然とひび割れしてくるクラック塗料

この塗料は机などに塗ると、自然とひび割れを起こします。
ちょうど長年使い込んだ結果ペンキが剥げかけた、という感じ。
大きめのホームセンターや、ネット通販で手に入ります。
平面から曲面まで塗ることができ、新品が簡単に味のあるアンティークに変身します。
しかし、ただ塗ればよいというわけではなく、塗り重ねが必要だったり自分がイメージするひび割れを作り出すには、塗料に混ぜ物をする必要があったりします。
なので、初めて買う時はよく説明書きを読んでから購入しましょう。
また、木工用ボンドとガードラックでもひび割れ塗装を再現できますよ。

油性ニスで深みも出せる

クラック塗料はなんだか難しそう、というかたは油性ニスがお勧め。
ひと塗りすると、もともとぬられた色にぐっと深みがでてきて歴史を感じさせる風合いが出てきます。
また、傷をつきにくくする効果があるので、エクステリアにもお勧め。
油性ですので強い匂いがしますから、使用する際はよく換気をするか屋外で作業しましょう。また、塗料によっては油性ニスを塗ると剥げてしまうことがあるので、心配な場合は目立たないところにごく少量塗って様子を見てから本格的に塗り始めましょう。

アーリーアメリカンの色調を再現 ミルクペイント

アーリーアメリカンの家具や雑貨が大好きという人におすすめのペンキです。
アメリカ開拓時代の職人が作り出した独自のペイントカラーを再現したというこのペンキは柔らかい色合いが特徴。
しかも、ミルクカゼインが主成分の天然顔料からできているので、塗っている最中でも嫌なにおいがしませんし、お子様にも安心。
さらに普通のペンキよりも伸びが良いので何度でも重ね塗りをすることができます。これなら初心者にも扱いやすいですね。
また、上記した油性ニスをぬれば色がさらに深みを増し、新品の家具もアンティーク家具に変身!!
木はもちろん下塗り剤をぬればモルタルやコンクリートの上にも塗れるので、その気になればお部屋を丸ごとアーリーアメリカンの色合いにすることもできます。
こちらは東急ハンズなどの都市型ホームセンターで取り扱っているほか、ネット通販でも取り寄せることができます。

いかがでしたでしょうか。最後に、より詳しいテクニックなどが掲載されている記事をご紹介します。
http://matome.naver.jp/odai/2133708930279629801

自分だけのオリジナルアンティーク家具作り。
興味がある方はぜひ挑戦してみてくださいね。