屋根の塗り替えを考えている人必見! 最適な時期や塗装の種類は?


屋根の見た目が悪くなってしまった、機能面で問題を感じているということであれば、屋根の塗り替えを検討してみてはどうでしょうか?
ですが、本当に今が屋根を塗り替えるべきタイミングなのか?と疑問に思っている人もいるかもしれません。

必要がない時期に塗り替えてしまうと、無駄な費用をかけることになってしまうでしょう。
そこで、屋根の塗り替えに適している時期や塗装の種類などについてご紹介します。

今回ご紹介する内容を参考にしていただければ、ベストなタイミングで屋根を塗り替えられるでしょう。

目次

  1. 屋根の塗り替えを考える時期
  2. 塗装の種類について
  3. 塗り替え時の注意点・トラブル例
  4. まとめ

1.屋根の塗り替えを考える時期

1-1.塗装のツヤがなくなった時

太陽の光を浴びてキラキラと輝く屋根はとてもキレイです。
しかし、新築の建物でも10年ほど経過するとツヤが消えてしまいますよね。
この時期に屋根を塗り替えるというのもおすすめです。

屋根の塗装をすることにより新築のような見た目を取り戻せるだけでなく、ツヤなしの塗装と比較するとツヤあり塗装のほうが耐候性にも優れています。

1-2.チョーキング現象が見られる時

チョーキング現象とは塗料を塗った面が白っぽくなり、触るとチョークの粉がついたようになる現象のことです。
これは樹脂が劣化して顔料が屋根の表面上に出てきている状態でもあるため、防水機能が衰えています。

もしもチョーキング現象が見られた場合はそのまま放置してしまうと雨が浸透したり、害虫が侵入しやすくなってしまうので早めに塗り替えを検討しましょう。

1-3.塗装がはがれた時

塗装がはがれてしまうと一部分だけがまだらになったり、見栄えが悪くなってしまうこともあります。
塗装のはがれがひどくなってしまうと、はがれた塗装が雨どいに詰まり雨がうまく流れない状態になってしまうこともあるので、こちらもチョーキング現象が現れた場合と同じく早めに塗り替えを検討したほうがいいです。

1-4.見た目が悪くなった時

他にも、コケが生えたりヒビ割れが発生してしまうこともあります。
見た目が悪くなっただけであれば放置してしまう人もいるようですが、見た目的に問題が現れると機能的な面でも強度が弱くなったり、なんらかの異常につながってしまうことがあるのです。

「見た目に問題があるだけだ」と軽く考えてしまうのではなく、一度専門業者に見てもらって塗り直しが必要かどうか判断してもらってはどうでしょうか。

2.塗装の種類について

2-1.アクリル塗装

とても一般的な塗装です。
屋根の塗り替えにも使われることが多い種類ではありますが、耐久年数が短いといったデメリットもあるのでよく理解しておきましょう。

屋根の色をいろいろ変えてみたいけれど、どの色にするか実際に塗って試したいという人もいるはず。
そういった場合にはアクリル塗装が向いています。

他にも、立て直しの予定が入っているために応急処置といった形で屋根を塗り替えたいと思っている場合もアクリル塗装がおすすめです。

耐用年数目安は3~5年となっています。

2-2.ウレタン塗装

さまざまな部分に塗りやすい万能塗料としても知られている塗料です。
価格もアクリル塗装同様安いのですが、アクリル塗装よりも耐久性・防汚性が高く、光沢もあります。

ただ、耐久年数は長いとは言えないため、定期的なメンテナンスが必要になると思っておいたほうがいいでしょう。
耐用年数目安は5~7年となっています。

2-3.シリコン塗装

光沢と柔らかさを兼ね備えた種類です。
価格はアクリル塗装やウレタン塗装に比べると高くなりますが、耐久性が高くカラーが豊富ということで人気があります。

コストパフォーマンスを重視する方からも選ばれているため、長持ちする塗装を選びたいと思っている人にもおすすめです。
耐用年数目安は7~10年となっています。

2-4.フッ素塗装

アクリル・ウレタン・シリコンと比較すると価格が高くなってしまいますが、耐久年数はとても長いのが魅力です。
屋根の塗装にはとにかく良いものを使いたいと思っている方には最適だと言えるでしょう。

コストは高くなってしまいますが、屋根で高級感を演出したいという場合にも向いている塗装です。
耐用年数目安は10~15年となっています。

3.塗り替え時の注意点・トラブル例

3-1.予定外の費用が発生

屋根の塗り替えを業者に依頼する際には、必ず細かくて分かりやすい見積書を出してくれる業者を選ぶことが大切です。
見積もり書で不明な点があれば、必ず確認をしておいたほうがいいでしょう。

耐用年数が短い塗料を使っている場合、いつも同じ業者にお願いしているという人もいるかもしれませんが、依頼するタイミングやその時の屋根の傷み具合によっても費用は違ってきます。
そのため毎回しっかり見積もりを取るようにしましょう。

また、中には依頼していない部分の塗装まで勝手に行われてしまい、予定外の費用が発生してしまったというケースもあります。
こういったことがないように事前に見積もりをよく確認し、希望していない施工が含まれていないか確認しておいたほうがいいでしょう。

3-2.近隣への配慮

屋根の塗り替えをする際には足場の組み立てや解体などを行わなければなりません。
そのため近隣から苦情が来ることもあるようです。
昔に比べてイヤなにおいがする塗料は減りましたが、それでも工事を開始する前に近所へ挨拶に行ったほうがいいでしょう。

業者の中には代わりに行ってくれるところもありますが、できれば工事業者の方と一緒に挨拶に行くことも検討してみるといいかもしれません。
特に住宅が密集している地域では思わぬ迷惑をかけてしまうこともあるかもしれないため、先に迷惑をかける可能性があることをお詫びしておきましょう。

3-3.仕上がりイメージが違う

いざ施工が完了した屋根を確認したところ、思っていたのと仕上がりが違っていたというトラブルもあります。
説明があまり上手ではない業者を選んだ場合に起きやすいトラブルなので気になることがあれば事前によく確認しておくことが大切です。

3-4.業者を選ぶポイント

納得のいく屋根の塗り替えをするためには、業者選びも重要です。
当然ながらあまり評判が良くない業者に依頼をすると失敗する可能性も高くなってしまいますよね。

できれば先に屋根の状態を無料でチェックしてくれる業者を選び、信頼できる業者かどうかチェックしてみてはどうでしょうか。
説明がほとんどなかったり、対応が良くない業者であれば正式に依頼せずに断ったほうがいいですね。

それから、資料請求など業者選びをする際に役立つ情報を提供している業者を選ぶことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

  • いつ屋根の塗り替えをすればいい?
  • 塗装の種類にはどういったものがある?
  • 塗り替え時の注意点やトラブル例について

以上のことについてご紹介しました。

初めて屋根の塗り替えをする場合、どういった塗装の種類があるのか、注意点はなんなのかなどわからないことがたくさんあると思います。
不具合があるのは屋根だけだと思っていたものの、専門業者に診断してもらったところ住宅自体に不具合が発生していたということも珍しくありません。

屋根の傷みというのは住宅の劣化を知らせる一つのサインだと考え早めに塗り替えたり、診断してもらってはどうでしょうか。

今回ご紹介した内容を参考にしながら自分に合った屋根の塗り替えをしてみてくださいね。