宇宙開発技術を応用したガイナ塗料!特徴やメリットは?


3bff5d95-fc12-4ef2-9681-8ad7f8b3deddガイナという塗料をご存じでしょうか?ガイナ塗料は、JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)がロケット開発に使った断熱技術を応用した塗料です。
ロケットは打ち上げ時に高温にさらされます。その熱から保護するために用いられているのが、特殊技術を用いた高い断熱です。主に、ロケット先端部に用いられていました。
ガイナ塗料を外壁塗料として、住宅に使う方が増えています。断熱効果の高いガイナ塗料ですが、特徴や効果について考えていきましょう。

  1. ガイナ塗料とは?
  2. ガイナ塗料の特徴
  3. ガイナ塗料のメリット
  4. ガイナ塗料のデメリット
  5. まとめ

1.ガイナ塗料とは?

ガイナ塗料は、JAXAがロケット開発時に使った断熱技術を応用した塗料です。日本の宇宙技術から開発された最新のプロダクトに与えられる「JAXA COSMODE PROJECT」ブランドの1つでもあります。暮らしの中に最先端の宇宙技術を生かしているものです。
ロケットは打ち上げ時に大きな摩擦を受けて高温状態になります。人工衛星など重要な機材を搭載したロケットの機体がダメージを受けるのを防ぐため、主にロケット先端部分に断熱効果の高い技術が施されているのです。
ロケットに使った高い断熱技術を応用し、遮熱・断熱・防音・防臭・防振など多くの効果を持った塗料として、ガイナが開発されました。
夏場は太陽光の熱伝導を断って室内温度上昇を食い止める断熱効果を発揮し、冬場は室内の暖かい熱を逃さないとされています。
太陽光による熱を遮り、室内に温度を伝わらないようにする遮熱効果も併せ持つ、日本では1位のシェアを誇る塗料です。
住宅の外壁塗装に用いられ、確実な施工を行うことで高い効果が得られるとされています。

2.ガイナ塗料の特徴

ガイナ塗料の特徴は、従来のペンキなどの塗料にはない特殊なセラミック層です。特殊セラミック層は、熱がほかに移動するのを防ぐ効果があり、周囲の温度に対する熱の均衡がなされることで知られています。
遮熱・断熱効果がある塗料はほかにも多く出ていますが、両方で高い効果が得られるのも、ガイナ塗料の特徴だといえるでしょう。
一般の住宅外壁以外にも、工場・マンション・空港などで活用されています。

3.ガイナ塗料のメリット

人気の高いガイナ塗料ですが、メリットはどのようなものなのでしょうか?

3-1.防寒対策

冬場は、室内の暖かい空気が壁や天井から逃げてしまうことがあります。特殊セラミック層を持ったガイナ塗料は、室内の暖かい空気と冷たい外気を塗膜表面で均衡化するのも特徴でしょう。
熱の均衡化という特長を生かし、室内の熱を逃さない防寒対策に効果があります。また、結露が起きにくく、カビなどの心配が軽減されるでしょう。

3-2.暑さ対策

夏は、太陽光の反射が厳しいものです。特殊セラミック層は、太陽光を90%反射し、表面温度上昇を抑える効果を持っています。
外壁温度が上昇すると、エアコンで室内を冷やしても熱が伝わりやすく、なかなか冷えないと感じることもあるでしょう。
断熱と同様に塗膜表面にある熱の均衡化を生かし、暑さ対策にも効果的です。

3-3.遮音

空気を含んでいる特殊セラミック層は防振効果が高く、音を外部に漏(も)らしにくく、また音の侵入を防ぐ効果が高いとされています。
特殊セラミック層に含まれる空気が球体状になっており、セラミックビーズとなって音を反射し、空気が音を吸収してくれるのです。
塗膜表面が特殊セラミックで多層となり、音の振動を抑える制振効果に優れています。

3-4.防臭効果

天井にも使えるガイナ塗料は、防臭対策にも効果を発揮します。室内のハウスダストは壁や天井に付着して悪臭になることもありますが、ガイナ塗料の持つ帯電性を生かし、ハウスダストを寄せ付けません。
調理の煙などの臭いが残ると気になりますよね。臭い対策にも効果が期待できるため、防臭を意識したい方にはおすすめでしょう。
マイナスイオンを発生し、浮遊しているハウスダストと結合して落とします。空気清浄効果が期待できるものです。

4.ガイナ塗料のデメリット

遮熱・断熱・遮音などに高い効果を持つガイナ塗料。人気のある一方で、デメリットもあるようです。どのようなデメリットがあるのでしょうか?

4-1.光沢ではない

ガイナ塗料にはつや消ししかなく、光沢を求める方にとっては欠点でもあります。遮熱性を重視して淡色しかないのもガイナ塗料の特徴。黒や透明もなく、濃い色を作りにくい塗料だといわれているのもデメリットでしょう。

4-2.凹凸ができる

ガイナ塗料に含まれる特殊セラミックはメリットを多くもたらす反面、塗装表面に凹凸ができてしまうデメリットもあります。
特殊セラミック以外に弾力性のあるシリコンを使っているため、シリコンでセラミックが表面に突出し、塗装表面に凹凸が発生するようです。

4-3.価格が高い

多くのメリットと高機能を誇るガイナ塗料は、ほかの塗料に比べて価格が高いデメリットもあります。
1年中快適な環境にできる価値ある価格だと判断される方もいますが、コストを抑えて塗装したいと考えている方には向きません。
価格は一般の塗料の2倍だといわれています。納期も一般の塗料より長く、色に応じて異なりますが、1週間〜10日は必要です。

4-4.凹凸に汚れが溜(た)まる

帯電性でハウスダストがつきにくいガイナ塗料ですが、塗装表面が凹凸になることでごみが溜(た)まりやすい傾向があります。
外壁に使った場合、雨水や泥が付着すると汚れが残りやすい塗料です。表面に残った水分で湿気が高い状態になり、藻が発生することもあります。

5.まとめ

ガイナ塗料についてご紹介しました。宇宙技術を応用した高機能塗料であるガイナ塗料は、住宅の外壁などに多く使用され注目を集めています。

  • ガイナ塗料とは?
  • ガイナ塗料の特徴
  • ガイナ塗料のメリット
  • ガイナ塗料のデメリット

1年中快適な環境を作り出してくれるガイナ塗料は、遮熱・断熱・遮音効果などに優れています。天井などにも使え、塗料から発生したマイナスイオンが室内のハウスダストに吸着して落とし、空気清浄効果も期待できる最先端の塗料です。
冬は暖かく、夏は涼しい。快適な環境で過ごせる多くのメリットを持つ反面、価格が高い・淡色しかない・納期が長いなどのデメリットがあることも覚えておきましょう。
施工前にメリットとデメリットを比較しておくことが大切です。