外壁塗装の工事期間はどのくらい? 工程や業者の選び方も紹介!


外壁塗装を検討するにあたって「どのくらいの期間がかかるのか?」と不安に思う人は多いでしょう。もちろん建物の規模によって工事期間に差が出ますが、一般的には何日くらいかかるのか、知っておきたいところですよね。外壁塗装工事のスケジュールや工事にかかる日数を把握しておきましょう。この記事では、外壁塗装の工程や日数・塗装業者の選び方などを詳しくご紹介します。

  1. 外壁塗装の工程について
  2. 外壁塗装にかかる期間は?
  3. 外壁塗装業者の選び方
  4. 外壁塗装に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装の大まかな工程や工事にかかる期間などがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.外壁塗装の工程について

一般的な外壁塗装の工程をまとめました。

1-1.近隣への挨拶回り

外壁塗装工事の際は、足場を組み立てるときの騒音や塗料のにおいなどが発生するため、ご近所へ事前の挨拶回りが必要になります。業者がしてくれる場合もありますが、さらに前にご自身でも挨拶回りをしておくのがおすすめです。ご近所トラブルにならないよう、いつごろまで工事をするのかきちんと説明しておきましょう。業者による挨拶回りは、1日で完了する場合がほとんどです。

1-2.足場の設置

高所の作業も効率よくするために必要なのが、足場の設置です。この際、塗料が近隣に飛散するのを防ぐため、保護シートも取り付ける必要があります。

1-3.洗浄

塗装前に高圧洗浄やバイオ洗浄を行い、外壁の汚れやほこり・カビ・コケを落とします。外壁の汚れや傷み具合によって、洗浄作業に1~3日ほど必要です。

1-4.下地調整・養生

ひび割れやはがれ落ちた部分の補修・シーリングの打ち直しなどの下地調整が行われます。この作業をおろそかにすると新しい塗料が壁につきにくくなるため、大変重要な工程といえるでしょう。さらに、周りに塗料が付着しないように、テープやシートなどを使って養生します。

1-5.下塗り・中塗り・上塗り

外壁塗装には下塗り・中塗り・上塗りの3段階があります。しっかり乾いてから重ね塗りをすることが必要です。外壁の傷みがひどい場合は洗浄や補修に時間がかかるため、事前に業者から作業工程などの説明を受け、確認しておきましょう。

1-6.点検・手直し

塗り残しや塗りムラがないか、余計な部分に塗料が付着していないかなどを点検し、必要があれば手直しが行われます。

1-7.足場の解体・撤去

最後に、足場を解体して撤去する片付け作業が行われます。大きな騒音が発生するため、設置時同様、ご近所に挨拶回りをしておくとよいでしょう。片付け作業は一般的に1日かかります。

2.外壁塗装にかかる期間は?

外壁塗装工事にかかる期間についてまとめました。

2-1.一般的な工事期間

外壁塗装工事にかかる期間は、建物の規模はもちろんのこと、外壁の傷み具合や天候によっても左右されます。一般的に、一戸建ての場合だと10日~2週間前後、50戸以下のマンションだと1~2か月、50戸以上の規模だと2~3か月が工事期間の目安です。

2-2.期間が長くなる場合もある

条件によっては、外壁塗装にかかる期間が長くなることもあります。まず、雨天時は塗料の密着度が悪くなるため、外壁塗装は行われないのです。そのため、梅雨時期などに工事を依頼すると、予定どおりに作業が完了しない可能性が高くなるでしょう。そのほかにも、外壁の傷みがひどいと下地調整に時間がかかることも考えられます。

2-3.工事期間が短い業者は要注意

工事期間が極端に短い業者は、何らかの工程を省いている可能性があるため、注意が必要です。手抜き工事をされた結果、すぐにやり直しが必要になってしまう場合もあります。「短期間で工事可能です」などと宣伝している業者を利用する場合は、きちんとした理由があるか確認してください。

3.外壁塗装業者の選び方

外壁塗装を依頼するべきタイミングや費用・業者の選び方などをご紹介しましょう。

3-1.築10年を目安に塗装を

外壁塗装のタイミングとしては、築10年が目安となります。常に紫外線や雨風の影響を受けている外壁は、劣化し続けているのです。放置しておくと耐久性や防水性が低下してくるため、10年に一回は塗装の塗り替えを検討する必要があります。また、10年経過していなくても、以下のような症状が見られるときは早めに塗り替えを検討しましょう。

  • ひび割れやはがれがある
  • 汚れや色あせが目立ってきている
  • コケやカビ・藻が発生している
  • サビや腐食がある
  • 手で触ると白い粉がつく

3-2.費用は業者によって異なる

外壁塗装工事の費用は、範囲や使用する塗料の種類だけでなく、業者によっても違いがあります。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみるのがおすすめです。一般的な費用相場としては、20坪の一軒家で50万円前後、30坪で65万円前後となります。相場を把握した上で、各業者の見積書を比較してみましょう。

3-3.業者選びのポイントとは?

外壁塗装工事を依頼する業者は、以下のポイントを参考にして選ぶとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が明確か
  • 技術力があるか
  • アフターフォローは充実しているか

また、業者によっては足場を設置せずに施工する「無足場工法」を取り入れているところもあります。「工事期間をできるだけ短くしたい」という場合は、チェックしてみるとよいでしょう。

3-4.悪徳業者に注意!

残念ながら、外壁塗装業者の中には悪質な業者も存在しています。いきなり訪問してきて塗装工事の緊急性をあおる、不明確な見積書を提示して高額な料金をだまし取るなど、さまざまなトラブル例が報告されているのです。そういった業者を利用しないためにも、業者選びは十分慎重に行ってください。

4.外壁塗装に関するよくある質問

「外壁塗装を検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.外壁塗装に使用する塗料にはどのような種類があるのですか?
A.アクリル系塗料・ウレタン系塗料・シリコン系塗料・フッ素系塗料があります。耐久性と価格のバランスがとれているウレタン系塗料かシリコン系塗料が選ばれることが多いでしょう。

Q.冬に外壁塗装工事はできませんか?
A.基本的に外壁塗装は年間を通して可能ですが、気温が低くなると塗料が乾きにくく、工期が長くなりがちです。気候や気温が安定している春か秋をおすすめします。

Q.ご近所への挨拶回りでは、どのようなことを伝えればよいですか?
A.工事の開始日と終了予定日・工事をする時間帯・休日の工事について伝えるとよいでしょう。

Q.足場代の費用相場はどのくらいですか?
A.1㎡あたり700~1,000円といわれています。一戸建てだと20万円前後の足場代となるでしょう。

Q.悪質な塗装業者との間でトラブルが発生した場合、どこに相談すればよいですか?
A.国民生活センターに相談窓口があります。適切なアドバイスをもらえるはずです。

まとめ

いかがでしたか? 外壁塗装の期間やスケジュール・業者の選び方などをまとめてご紹介しました。外壁塗装は大がかりな工事です。どのような工程ですすめられ、終了まで何日くらいかかるのか、事前に把握しておきましょう。ぜひこの記事を参考にして、スムーズなリフォームをしてください。