外壁の色は組み合わせも大切!色選びのポイントと注意点とは?


外壁塗装を検討するにあたって、色の組み合わせをどうするかは重要な問題です。外壁の色は建物の印象に大きく影響するため、慎重に検討して選ぶ必要があります。今までと同じ色にするのか、思いきって変えるのか、近隣の家と調和させるのか、目立たせるのかなど、さまざまなことを考えて色選びをしましょう。この記事では、外壁の色選びについて詳しくご紹介します。

  1. 外壁の色について
  2. 外壁の色の組み合わせ方
  3. 外壁の色選びで大切にしたいポイントとは?
  4. 外壁リフォームについて
  5. 外壁の色選びに関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁の色選びや組み合わせを決める際のポイントがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.外壁の色について

まずは、色選びの重要性や最近の人気色などをご紹介しましょう。

1-1.外壁の色が与える影響は大きい

外壁の色選びがなぜ重要なのかというと、外壁の色が建物全体に与える影響が大変大きいためです。たとえば、周囲の建物と比べて外壁の色が暗い場合は、威圧感を与えてしまいます。自分好みの色に仕上げれば、住んでいる人の気分も明るくなるでしょう。このように、外壁の色選びは街の景観にとっても住んでいる人にとっても重要な選択になるのです。

1-2.色の見え方がイメージと異なる場合も

外壁の色選びで覚えておきたいのは、実際に外壁塗装してみると色の見え方がイメージと異なる場合もある、ということです。外壁の色を選ぶときには、色見本を使用します。しかし、面積が大きい外壁に塗ってみると、色見本で見たときと見え方が変わってくるのです。面積が大きくなると明るい色はより鮮やかに、暗い色はより暗く見えるということを覚えておきましょう。また、周囲の色の影響により、本来の色よりも明るく見えたり暗く見えたりすることもあります。

1-3.外壁に多い色、それぞれのメリット・デメリット

外壁塗装に選ばれることが多いのは、白や黒・ベージュ・グレーなどの色です。それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

  • 白:シンプルで清潔感がある反面、汚れが目立ちやすいのでメンテナンスに手間がかかる
  • 黒:シックで重厚感がある反面、太陽の熱で暑くなりやすい。汚れも目立ちやすい
  • ベージュ:周囲の環境となじみやすく柔らかいイメージがある反面、個性が出にくい
  • グレー:シャープでモダンな印象がある反面、明度によっては地味な雰囲気になってしまう

1-4.最近は自然な色味を選ぶ人が多い

最近の傾向としては、個性的な色よりも周囲になじみやすい、自然な色の外壁を選ぶ人が多くなっています。特に多いのが、ホワイト系やモカ系・ベージュ系の色です。外壁の塗り替えは10年に1回程度行うものなので、あまり個性的な色を選んで後悔しても、10年は我慢しなければなりません。長い目で見てどんな色味にするべきなのか、慎重に考えることが大切です。

2.外壁の色の組み合わせ方

外壁の色を色分けして組み合わせる方法も人気です。色を組み合わせる際のポイントや最近の傾向をまとめました。

2-1.色を組み合わせてよりオシャレに

外壁の色は必ず一色にしなければならないというわけではありません。たとえば、一階部分と二階部分を別の色で塗り分ける方法や、建物を縦に分けて左右で色分けする方法などがよくある例です。また、ベランダ部分など出っ張り部分だけを違う色にするなど、建物をより立体的に見せる方法もあります。

2-2.全体のバランスを考えて色の組み合わせを

複数の色を組み合わせる場合は、建物全体のバランスを考えることが大切です。あえて対照的な色を組み合わせて際立たせる方法もありますが、全体のまとまりを考えるならやはり同系の2色を組み合わせることをおすすめします。また、好きな色を外壁に取り入れたい気持ちわかりますが、最大でも3色までにしておきましょう。色が多すぎるとまとまりのない印象になってしまいます。

2-3.トーン・オン・トーンの配色が人気

最近は、同じ色味ながら明暗度を変化させた「トーン・オン・トーン」の配色を用いる例が増えてきています。たとえば、ワインレッドとピンク、青と青紫色というように、明るさの異なる似た色を組み合わせることで、建物全体にまとまりを演出する方法です。色の組み合わせを考える際、ぜひ参考にしてみてください。

3.外壁の色選びで大切にしたいポイントとは?

外壁の色選びをするにあたって、知っておきたいポイントや事例・注意点などをまとめました。

3-1.周辺環境との色の関係を考える

まずは、家の周りの様子をよく観察し、周辺環境との色の関係を考えましょう。個性を主張しすぎると、景観を損ねることにもなりかねません。周辺にはどんな色の外壁が多いのか、景色になじみやすいのはどんな色なのかなど、よく考えて選ぶようにしましょう。たとえば、自然になじみやすいのはベージュとブラウンの組み合わせ、周囲から浮きにくいのはホワイトカラーというように、業者に相談してアドバイスをもらうのもおすすめです。もちろん、窓のサッシや屋根の色とのバランスもしっかり考えましょう。

3-2.失敗しない選び方とは?

外壁の色選びで失敗しないためには、いくつかポイントがあります。まず、業者が見せてくれる小さな色見本だけで色を決めてしまわないことです。イメージをつかみやすくするため、できるだけ大きな色見本を見せてもらうか、カラーシミュレーションをしてみることをおすすめします。カラーシミュレーションでは全体の配色イメージも確認できるため、失敗せずに色選びができるはずです。

3-3.人気色との組み合わせ事例を紹介

2018年現在、特に人気が高い外壁の色はブロークンホワイト・ニュートラルホワイト・クールホワイトなどのホワイト系です。屋根の色との組み合わせとしては、トゥルーブラックやキャビアブラウン・ラセットブラウンなどが選ばれる例が多くなっています。人気の組み合わせを把握することで、より失敗なく外壁の色選びができるのではないでしょうか。

3-4.時間帯や天気によってイメージが変わることも

近所を散策して気になる外壁の建物がないかチェックしてみることも大切です。しかし、気になる色があってもすぐに決めてしまわないようにしましょう。外壁の色は、時間帯や天気によっても変わって見えるものです。いろいろな天気の日に、朝・昼・晩とチェックしてみましょう。

4.外壁リフォームについて

外壁塗装を依頼するにあたって、業者選びのポイントや費用相場などをまとめました。

4-1.業者選びは慎重に

外壁リフォームを依頼する業者は、以下のポイントを参考にして選ぶことをおすすめします。

  • 豊富な実績があるか
  • 確かな技術力と提案力があるか
  • 過去の施工例を見せてくれるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が明確か
  • 丁寧でスピーディーに対応してくれるか

4-2.費用相場を把握しよう

外壁塗装工事にかかる費用は、使用する塗料や塗装する面積によっても異なりますが、業者による違いもあります。まずは、大まかの相場を把握することが大切です。複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみましょう。そうすることで、損をすることなく外壁塗装を依頼できるはずです。

4-3.工事を依頼する流れ

外壁や屋根のリフォーム業者である「株式会社テンイチ」では、以下のような流れで外壁塗装工事を行っています。

  1. ホームページのフォームから無料見積もりの受け付け
  2. 現地調査後、正式見積もりの提示
  3. 工事日程の決定
  4. 近隣への挨拶回り
  5. 足場の設置
  6. 下地補修
  7. 高圧洗浄
  8. 養生
  9. 下塗り・中塗り・上塗り
  10. 足場の解体・撤去
  11. 片付け

4-4.悪徳業者に注意!

リフォーム業者の中には、悪質な業者も存在しています。見積書と違う高額な料金を請求された例や、手抜き工事をされた例なども数多く報告されているのです。そういった業者を利用しないように、業者選びは十分慎重に行ってください。

5.外壁の色選びに関するよくある質問

「外壁の色選びについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.外壁の色選びで多い失敗にはどのようなものがありますか?
A.「仕上がりがイメージと違った」「屋根の色と合わなかった」などの失敗例が特に多いでしょう。このような失敗が起こらないように、事前に十分なシミュレーションを行っておくべきです。

Q.外壁に3色の色を組み合わせたい場合、どのような割合にすればよいでしょうか?
A.ベースカラー70%・アソートカラー25%・アクセントカラー5%の割合で配分するのが理想です。

Q.「景観ガイドライン」とは何でしょうか?
A.国土交通省が定めるルールのことです。地域によっては景観を損ねないよう、塗装できる色が限定されているところもあります。

Q.外壁を塗り替えるにあたって、ちょっとした変化を付けたい場合はどうしたらよいですか?
A.色は大きく変えずに、タイルなどの外壁材を使うなどして部分的に変化を付けるとよいでしょう。

Q.突然業者が訪問してきて、外壁の塗り替えを提案されました。依頼したほうがよいでしょうか?
A.飛び込みでやってきて不安をあおり、リフォームをすすめるのは悪徳業者の手口です。依頼しないようにしてください。

まとめ

いかがでしたか? 外壁の色選びや色の組み合わせについて詳しくご紹介しました。外壁の色はその家の印象を大きく左右する重要なものです。見た目のイメージやメンテナンスのしやすさなどもしっかりと考え、ベストな色を選ぶようにしましょう。ぜひこの記事を参考にして、後悔のないリフォームをしてください。