手抜き工事を防ぐ! 知っておきたい外壁塗装工事の業者選びポイント


外壁塗装工事やリフォームを検討している方は、どの業者を使おうか・工事費用はいくらくらいになるかが気になるでしょう。外壁塗装には手抜き工事が発生しやすく、よく注意していないと悪質業者にひっかかってしまうこともあるのです。

そこで今回は、外壁塗装の手抜き工事について、詳しい事例やトラブル回避のポイントなどをご説明します。

  1. 外壁塗装に多い手抜き工事は?
  2. 外壁工事に手抜きが発生しやすい理由は?
  3. 手抜き外壁塗装工事の弊害は?
  4. 外壁塗装の手抜き工事を防ぐポイント
  5. 外壁塗装手抜き工事でよくある質問

外壁塗装の工事を依頼しようと思っている方や、手抜き工事について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

1.外壁塗装に多い手抜き工事は?

外壁塗装の手抜き工事の事例をご説明します。

1-1.塗料が違う

契約した時に説明した塗料よりも安いものを使うパターンです。塗料は種類ごとに価格・耐用年数・遮熱効果などが異なります。見積書に記載された塗料名は、品番名まで必ずチェックしておきましょう。

1-2.塗り回数が少ない

外壁塗装は、基本的には下塗りの後、2度塗り3度塗りを繰り返します。塗り回数が少ないと、外壁と塗料が密着せず、はがれやすくなってしまうのです。

1-3.職人でない人が作業している

アルバイトなど時給単価の安い人を使って工事するパターンもあります。塗り作業は職人以外の人が行うと、塗装のはがれや塗りムラなどが発生することがあるでしょう。

1-4.外壁洗浄がない

外壁洗浄は、新しい塗料を塗る前の大切な作業です。外壁への塗料の密着具合が断然違います。丁寧に洗浄しようとすると約1日かかるため、これを省くことで業者はかなり楽ができるのです。

2.外壁工事に手抜きが発生しやすい理由は?

次に、手抜き外壁工事が発生してしまう理由をご説明します。

2-1.素人目には分からないことが多い

上記のような手抜きは、気を付けていないと利用者には分かりにくいでしょう。特に、塗料や塗り回数など専門的なことは、おかしいな?と思ってもうまく言いくるめられてしまうことがあるかもしれません。

2-2.下請け業者による工事

受注した業者と、工事で実際に手を動かす業者が異なる場合があります。もちろん、どちらもしっかりした業者ということもあるのですが、やはり自社業者による工事でない場合は連携がうまく取れず、どうしても現場で手抜きが発生しやすくなってしまうでしょう。

2-3.価格が分かりにくい

外壁工事費用は、何にどれだけかかるのかが分かりにくいことが多く、業者側で勝手に節約(手抜き)をしても気付けないことが多くなります。他者と比較し、あまりに安すぎる業者には注意したほうがよいでしょう。

3.手抜き外壁塗装工事の弊害は?

次に、外壁塗装工事で手抜きをされた場合、どうなってしまうかをご説明します。

3-1.はがれやすい・ツヤがない

塗料や塗り回数の問題から、耐用年数よりずっと前、たとえば1~3年で塗装がはがれてしまうことがあります。また、ツヤがなく安っぽい見た目になってしまうこともあるでしょう。

3-2.追加工事や塗り直しが必要なことも

はがれた塗装を直すために、塗り直し工事が必要な場合があります。アフターフォロー・保証期間内なら無料もしくは格安で行ってもらえますが、期間を過ぎてしまうともう一度工事を発注しなければならないこともあるでしょう。

3-3.手抜き工事によるものか証明できない場合も

たとえば、耐用年数が10年といわれていたのに、1年後に塗料がはがれた場合は、普通は手抜き工事が原因であるといえるでしょう。しかし、これが5年後だった場合は、手抜き塗装によるものなのか、環境や気温によるものなのかの判断が非常に難しくなります。

4.外壁塗装の手抜き工事を防ぐポイント

次に、外壁塗装の手抜き工事を防ぐポイントをご説明しましょう。

4-1.複数の会社に見積もりを依頼する

複数の工事業者から見積もりを取ることで、適正価格や必要な工事内容が見えてきます。また、最初は全く分からない塗装工事のことも説明をいくつか聞けばなんとなくイメージができてくるでしょう。

4-2.塗料の種類を確認する

外壁塗装に使う塗料は、住宅環境や耐熱遮熱の要望によって変わってきます。業者が提案してきた塗料の名前は必ず書面などで控えておきましょう。

4-3.工期をチェック

外壁塗装にかかる日数は1~2週間です。塗装する範囲や住宅環境によって多少は前後しますが、「3日で終わります!」などといっているところは少し斜めに見たほうがよいでしょう。

4-4.工事実績をチェックする

その業者が過去に行った工事について、できれば実際の家や建物を、無理なら写真などでも確認するとよいでしょう。基本的に、営業年数が長く、工事実績の多い業者は安心して依頼できます。

5.外壁塗装手抜き工事でよくある質問

Q.見積もりを依頼したらそのまま契約を迫られそうなのですが
A.見積もり比較は必ず行ってください。どんなに安かったり魅力的だったりしても、1~2社目で決めるというようなことは避けましょう。「今決めてくれれば格安で」などのサービス文句にものらないでください。優良な会社ならむしろ見積もり比較することを勧めてくるはずです。

Q.塗り回数や乾燥期間の目安は?
A.基本的には、下塗り+塗り2回となります。各塗り作業に対し約1日の乾燥期間があるので、どんなに早くても6日+洗浄で1週間はかかるでしょう。

Q.雨でも作業はできるものなの?
A.屋根があれば物理的に作業はできますが、雨天時は外気の湿度が高く塗装工事をするには向いていません。雨天でも工事を決行する業者や、雨天時のスケジュールの予備時間を取っていない業者はやや怪しいといえるでしょう。

Q.工事後のアフターフォローについて知りたい
A.株式会社テンイチを例に、アフターフォローについてご説明します。

  • 工事後18か月の間に5回のアフターレターを配信
  • 工事後1か月以内に塗装工事の不備にすぐに対応
  • ご希望に応じて6か月に1度の定期点検を実施
  • 施工後も安心の最長10年のロング保証付き
  • 塗料・工法によっては、メーカーとの連帯保証も可能

Q.見積時の点検はお金がかかるの?
A.高所作業や耐震診断など本格的な点検では、点検費用がかかることもあるでしょう。テンイチでは、外壁塗装工事前に外壁無料診断を行っており、報告書をお渡ししています。工事に入らなかった場合でも費用を請求することはないのでご安心ください。

まとめ

外壁塗装の手抜き工事についてまとめました。今回ご紹介したポイントを押さえておくことで、悪質業者にひっかかる可能性をグッと下げられるでしょう。もし怪しいな? と思ったら、業者のいうことをうのみにせず、きちんと説明を求めてください。契約前に各社を比較することは、手抜き工事を防ぐのに大いに役立ちます。