雨漏りの補修はどうすればいい? 原因・方法を詳しく解説します!


「雨漏りを補修したいけど、どうすればいいか知りたい」「自分で補修できるのか、業者に依頼するべきか分からない」などとお困りではありませんか。雨漏りがあると、家の劣化やカビ・害虫の発生などが心配ですよね。一刻も早く補修して、安心したいことでしょう。そこで今回は、雨漏りの補修について詳しく解説します。

  1. 雨漏りを発見したらどうする?
  2. 雨漏りの補修は自分でできる?
  3. 雨漏りの補修は業者に依頼しよう
  4. 雨漏りの補修に関するよくある質問

この記事を読むことで、雨漏りの補修についてよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.雨漏りを発見したらどうする?

最初に、雨漏りを発見した場合のチェックポイントなどを見ていきましょう。

1-1.雨漏りの症状をチェックしてみよう

まずは、以下のポイントに沿って雨漏りの症状をチェックしてください。きちんと直すためにも、状況を正確に把握することが大切です。

  • 雨漏りしている場所:屋根・外壁・窓など
  • 雨漏りの症状:壁や天井にシミができている・天井から水滴がしたたる・窓枠から雨が入り込むなど
  • 発生した状況:以前から見られる・急に発生した・台風の後から発生したなど
  • 家の築年数:10年以上経過しているか
  • そのほかに気になること:カビが発生している・シロアリや害虫が見られるなど

1-2.雨漏りしやすい場所

雨漏りしやすい場所には、主に以下のとおりです。

1-2-1.屋根

屋根は風雨や紫外線の影響を直接受けるため、ひび割れが発生し、最も雨漏りしやすい場所です。たとえば、以下のような部分に雨漏りが多く見られます。

  • スレート
  • 漆喰(しっくい)

また、屋上がある家は、防水塗装の劣化やハゲ・コンクリートのひび割れなどが原因で雨漏りしやすくなります。

1-2-2.外壁

外壁が経年などにより劣化し、ひび割れやが発生することも雨漏りの原因のひとつです。なお、外壁上部で発生した雨漏りが外壁内部をつたって下部に染み出ることもあります。原因場所の特定は、業者に任せたほうがいいでしょう。

1-2-3.窓

窓から雨漏りすることもあります。たとえば、以下のような状態です。

  • パッキンが劣化している
  • 窓枠と壁にすき間ができている
  • 窓枠にひびがある

1-3.施工不良・経年冷夏・自然災害が主な原因

雨漏りが発生する主な原因には、以下のようなものがあります。

  • 施工不良:接続不良・塗装ミス・設計ミスなど
  • 経年劣化:素材の寿命・紫外線や酸性雨による影響
  • 自然災害:大雨・台風・地震などによる損傷

施工不良が原因の場合、家の建築・リフォーム直後から雨漏りが見られます。経年劣化によるものは、施工後10年を経過した辺りから増えるでしょう。

1-4.放置すると悪化するだけ

雨漏りは、放置すると悪化するだけなので、できるだけ早く補修しましょう。補修が遅れるとどんどん悪化し、症状がひどくなって補修費用も高くなります。初期段階できちんと対応すれば、被害も最小限で済み、簡単に補修できて費用も安価で済むでしょう。

2. 雨漏りの補修は自分でできる?

雨漏りの補修は、応急処置に限り自分でできる場合があります。

2-1.一時しのぎの応急処置だけなら自分でできることもある

雨漏りの補修でも、応急処置だけなら自分でできます。たとえば、屋根から雨漏りしているのなら、ブルーシートで屋根を覆うことで対応可能です。屋内の雨漏りも、同様に対処できます。小さな穴やひび割れなら、防水アルミテープを貼ってもいいでしょう。ただし、根本的な原因を放置しているため、あくまでも一時しのぎの方法であることを理解してください。また、窓のパッキンの交換など、ごく簡単な補修もできることがあります。

2-2.ケガや補修ミスに注意しよう

雨漏りの補修を自分で行う場合は、ケガや補修ミスに注意してください。雨漏りは屋根など高所に発生することが多く、足元がすべって転倒・落下することがあります。慣れない大工作業により、手指のケガも心配です。また、自分で補修すると不完全になったり間違った方法を行ったりすることもあるでしょう。無理をせず、業者に依頼することをおすすめします。

2-3.きちんと直すには業者に依頼しよう

雨漏りをきちんと直すためには、業者に依頼する必要があります。信頼できる業者なら、豊富な実績と経験により、雨漏りの発生場所と原因を的確に突き止め、補修してくれることでしょう。費用はかかりますが、適切に直すことができれば、雨漏りの悩みを解消することができます。

3.雨漏りの補修は業者に依頼しよう

雨漏りの補修は、信頼できる業者に依頼することが大切です。

3-1.雨漏りの補修方法には2種類ある

雨漏りの補修方法には、以下のようなものがあります。軽いものなら部分補修で対応できるものもありますが、状態や範囲によっては全体補修を進められることでしょう。

  • 部分補修:棟板金の交換・雨どい修理・シーリング工事・屋根材や瓦の部分的な差し替えなど
  • 全体補修:屋根塗装・屋根のふき替え・カバー工法の実施など

3-2.雨漏り修理の費用相場は数千~数十万円までさまざま

雨漏り補修の費用相場は、ごく簡単で部分的なものなら数千円程度~で済みます。しかし、屋根の修理など場所や範囲によっては数万~数十万円必要です。まずは、業者に相談し、どこをどんな感じで補修するべきか・費用はいくらか、見積もりをもらって確認しましょう。

3-3.信頼できる業者のポイントは?

雨漏りの補修は、以下のポイントを満たし、信頼できる業者に依頼しましょう。

  • 雨漏りの補修実績が豊富にある
  • 高品質な工事で定評がある
  • 現地視察・見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい費用システム
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • スタッフの感じがよく礼儀正しい
  • 顧客からの評判がいい
  • 保証やアフターフォローが手厚い

なお、当テンイチでも雨漏りの補修をお受けしています。高い工事品質と充実した保証などでご好評をいただいていますから、ぜひご相談ください。

3-4.悪質業者の手口に注意しよう

悪質業者には十分に注意してください。いきなり訪問してきて、「雨漏りをすぐに補修しないと家が大変なことになる」と言いながら不安をあおってくるのが主な手口です。屋根や外壁など、見えづらいところに原因があると言い、勝手に屋根に上がってしまったり契約を取るまでしつこく居座ったりします。突然訪問してくる業者は、単に売り上げを上げることが目的です。工事を依頼しても法外な費用を請求される・工事品質が低すぎるなど、不満を残すことになります。不審な点がある業者とは、絶対に契約しないでください。

4.雨漏りの補修に関するよくある質問

最後に、雨漏りの補修に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.雨が降っても雨漏りするときとしないときがあるのはなぜ?
A.雨量や風向きが異なるからです。ごく少量で風が弱い場合は、雨漏りせずに済むこともあります。しかし、雨量が多く風が強いと雨水がすき間から大量に入り込むため、雨漏りが発生するのです。

Q.以前補修した場所から再度雨漏りすることもある?
A.あります。補修部分も、経年などにより徐々に劣化するからです。再度ひび割れなどが発生すれば、雨漏りすることでしょう。

Q.業者に雨漏り補修してもらったのにすぐ再発したのですが?
A.すぐに業者に連絡しましょう。同時に、雨漏りの様子をスマホでもいいので撮影しておくことをおすすめします。業者と話をするときにスムーズに進めることができるはずです。なお、業者の施工ミスが原因ならば、保証によって無料修理してもらえるでしょう。

Q.雨漏りの補修に保険を使えると聞いたのですが?
A.自然災害などによる雨漏りは、火災保険などを利用して補修できる場合があります。まずは、保険の契約書を確認してください。なお、保険会社の確認が入る前に補修した場合は、保険対象外となるので注意しましょう。

Q.築20年の家で雨漏りした場合、屋根のふき替えをしたほうがいい?
A.状況によります。ただし、ずっと屋根のふき替えをしていないのなら、検討してもいいでしょう。まずは、業者とよく相談することをおすすめします。

まとめ

今回は、雨漏りの補修について詳しく解説しました。雨漏りは、発見したらすぐに場所と原因を突き止め、補修することが大切です。放置すると悪化し、家の劣化につながるので注意しましょう。雨漏りの補修は、応急処置なら自分でもできますが、あくまでも一時しのぎにすぎません。きちんと補修するには、業者に依頼する必要があります。まずは、信頼できる業者によく相談してみてください。