外壁に落書きをされたらどうすべきか? 消し方や予防法などをご紹介


外壁は、マジックやスプレーで故意に落書きをされてしまうことがあり、社会的問題となっています。また、子どもがボールペンやクレヨンで落書きをしてしまったというケースもあるでしょう。落書きは、適切な溶剤を使えばきれいな状態に戻すことができます。外壁に落書きされても諦めず、消し方を覚えておきましょう。

  1. 外壁の落書き:自分で落とす方法
  2. 外壁の落書き:業者に依頼する方法
  3. 外壁の落書きを予防する方法
  4. 外壁にされた落書きの消し方でよくある質問

この記事を読むことで、外壁にされた落書きの消し方がよく分かります。悪意のある落書きは不快に感じるものです。家の外観も悪くなるため、消し方と落書きの予防法を理解しておき、対策を整えましょう。

1.外壁の落書き:自分で落とす方法

自分で外壁の落書きを消す方法をご紹介します。用意するものや手順などを覚えておきましょう。

1-1.アルカリ性洗剤とメラミンスポンジがおすすめ

メラミンスポンジは粒子が細かく、軽くこするだけで汚れを落とす効果があります。外壁の落書き消しに最適です。ただし、溝に入り込んでいる汚れはメラミンスポンジだと落としにくいため、たわしなどを使って落としましょう。洗剤は、家庭用のアルカリ性洗剤がおすすめです。住宅用洗剤や重曹はアルカリ性であるため、落書き消しに役立ちます。ボールペンなどの水性インクなら、強くこすらなくても簡単に落とすことができるでしょう。アルカリ性洗剤と同等の効果があるコンクリート専用洗剤も市販されています。高圧洗浄機などの使用も、外壁の落書き消しには有効です。

1-2.市販の落書き消し溶剤を選ぶポイント

市販の落書き消し溶剤には、スプレータイプとハケで塗るタイプがあります。落書きの範囲や場所によって使い分ける方法がおすすめです。ただし、落書き消し溶剤には環境や人体に影響を与える成分が含まれている場合もあるため、製品情報をきちんと読み、正しく使うようにしてください。

1-3.外壁の落書きを消す手順

外壁の落書きを消す手順は以下のとおりです。市販の落書き消し溶剤を使った手順をご紹介します。

  1. 落書きのある場所に溶剤をたっぷりと吹き付けるかハケで塗る
  2. 溶剤が浸透するまで5〜10分ほど放置する
  3. 溶けずに残っている落書きはメラミンスポンジやたわしを使ってこする
  4. 溶剤が残らないように水や高圧洗浄機でしっかりすすぐ

落書きの範囲が狭い場合は、溶剤を使わなくても落とすことができます。アルカリ性洗剤・メラミンスポンジ・たわしなどでこすり洗いをし、水ですすいで仕上げましょう。

1-4.自分で落書きを消す場合は塗装が落ちないように注意すること

落書きの塗料は、時間が経過するごとに外壁へ定着してしまいます。落書きを見つけたら、すぐに対処することが大切です。ただし、溶剤の使い方を誤った場合や強くこすりすぎた場合、外壁の塗装を落としてしまう恐れがあるため、手順をしっかり理解して行うようにしてください。

2.外壁の落書き:業者に依頼する方法

自分で落書きの消し方が分からない場合や、高所作業を伴う場合は、業者を利用したほうが安全です。業者へ依頼するメリットなどをご紹介します。

2-1.自力で落とすことができない場合は無理せず業者へ依頼すること

スプレーやマジックを使った落書きは、外壁の溝に入り込んでしまうことがあるため、自力では落とすことができない場合があります。無理にこすって外壁を傷つけてしまうより、業者に依頼してきれいにしてもらうほうがいいでしょう。広範囲の落書きや高い場所にある落書きを落としたい場合も同様です。

2-2.業者なら短時間の作業できれいに仕上がる

広範囲の落書きでも、業者なら短時間の作業できれいに仕上げてもらえるのがメリットです。費用はかかっても、確実な作業ができます。肉体的負担が大きい場合は無理をせず、業者を利用して落書きを消してもらいましょう。

2-3.高圧洗浄で落書きを落とすので人体や環境に優しい

業者による落書き消しは、水圧や温度などの調整が可能な高圧洗浄機を用いた方法です。市販の高圧洗浄機より性能が高いものを使用しているため、頑固な汚れや落書きでも簡単に落とすことができます。高圧洗浄機を使った落書き消しは、人体や環境にも優しいのもメリットです。落書き消しは、外壁の洗浄を専門に行う業者へ依頼しましょう。

2-4.外壁を塗り替える手段もある

落書きの範囲が広い場合やすき間に入り込んで落とすことができない場合は、外壁の塗り替えも視野に入れてみましょう。外壁塗装は、実績豊富な専門業者に依頼することが大切です。外壁塗装は、テンイチまでご相談ください。

2-5.落書きの範囲・状態・工法によって費用は変わる

落書き消しにかかる費用は、落書きの範囲・状態・工法などによって変動があります。1平方メーターあたり5,000円前後という業者が多いものです。きちんと見積もりを出してもらい、費用の内訳や作業内容を確認してから依頼しましょう。

2-6.見積もりやサービスを比較して業者を決めることが大切

業者の費用やサービスは、それぞれ異なります。高所作業などで足場組みが必要となる場合、コストがかさむケースもあるものです。コストダウンできる無足場工法を採用している業者を選ぶのもいいでしょう。費用の内訳や工法などを確認するため、見積もりを出してもらい、複数の業者を比較してから決めることが大切なポイントになります。また、落書きのインク残りなどがあった場合でも、アフターフォローがしっかりしていたら、無償で補修をしてもらえるでしょう。見積時に保証の有無も確認してください。

3.外壁の落書きを予防する方法

落書きは、普段から予防策を整えることが大切です。具体的な予防法をご紹介します。

3-1.落書き予防塗料を塗る

落書き予防塗料を塗り、外壁にコーティングをしておく方法がおすすめです。落書き予防塗料はスプレータイプで手軽に使えるものが市販されており、マジック・ボールペンのインク・クレヨンなどをはじく効果があります。粘着剤も定着しにくいため、張り紙などのいたずら防止にも役立つでしょう。

3-2.ガラスコーティング塗料を使った外壁が落書き予防に最適

ガラスコーティング塗料は無機質の塗料で、劣化に強い特性があり、汚れ防止効果に優れています。水や油をはじき、落書きのインクがつきにくいのがメリットです。外壁全体をコーティングするため、費用は市販のスプレーより高額になります。しかし、落書き消しにかかるコスト・労力・精神的負担を考慮した場合、予防としてガラスコーティング塗料を施す方法が有効です。外壁の劣化を防ぐ効果もあり、家の耐久性も上がります。

3-3.ガラスコーティング塗料のデメリットも覚えておくこと

ガラスコーティング塗料は落書き予防に効果がある一方、コンクリートやタイルを用いた外壁には適していても、サイディング材を用いた外壁には向きません。また、撥(はっ)水効果が高い塗料であるため、外壁の塗り替え時に手間がかかるなどのデメリットもあります。デメリットをしっかり理解し、導入を検討してください。

4.外壁にされた落書きの消し方でよくある質問

外壁の落書きや消し方に関する質問を集めました。落書きで困っている方は参考にしてください。

Q.自分で高圧洗浄機を使う場合の注意点とは?
A.高圧洗浄機を使用する際は、外壁に近づけすぎないようにしてください。水圧で外壁を傷める恐れがあります。水圧・吐水口と外壁の距離を調整しながら、少しずつ作業を進めてください。

Q.灰でも落書きを落とすことができるのは本当なのか?
A.はい、本当です。灰は、タバコ・線香・新聞紙などのもので構いません。灰には炭酸カリウムが含まれており、灰の粒子が研磨作用を発揮し、落書きを消すことができます。ぬらした布に灰をつけ、落書きのある場所を軽くこすってみましょう。こすり洗いをしたら、水でよくすすいでください。

Q.マジックの汚れなら消しゴムで落とすことはできないのか?
A.消しゴムでもある程度は落書きを消すことはできます。しかし、時間がかかる作業であるため、効率よく落書きを消したい場合には不向きです。また、外壁の素材によっては使えないので、ほかの方法を選んだほうがいいでしょう。

Q.ペンキを使って自分で塗り替えをする方法は有効か?
A.外壁の塗膜が持つ性能を維持するためには、ペンキでの塗り替えはおすすめできません。アルカリ性洗剤で落書きを落とす・業者に落書き消しを依頼する・業者による外壁塗装のどれかを選んだほうが安心です。

Q.落書きの予防は必ずしておいたほうがいいのか?
A.はい、予防は大切です。1回落書きをされた場所は、何度も狙われる恐れがあります。落書きをされるたびに不愉快な気持ちになり、消す作業に時間を取られるのも面倒です。スプレーなどで簡単に予防ができるため、落書きのターゲットにならないように対策を講じておきましょう。

まとめ

外壁の落書きは、見栄えも悪くなり、不愉快な気持ちになるものです。落書きは、アルカリ性洗剤やメラミンスポンジなどを使うと消すことができます。ただし、高所作業を伴う場合や広範囲の落書きがある場合は、無理せず業者に依頼したほうが安心です。また、市販のスプレーやガラスコーティング塗料などを用いた落書きの予防法もあります。落書きで困っている方は、消し方や予防法などを参考にしてみてください。