塗装工事の種類について解説! 塗り方や塗料による費用の違いは?


外壁塗装は、外壁を保護し家全体の寿命を延ばすためにも大切なものです。外壁の種類によって必要な塗装工事が異なるので、「自宅の外壁塗装に必要な塗装工事の種類を知りたい」と思っている人もいるでしょう。

そこで今回は、塗装工事の種類や選び方を紹介します。

  1. 塗装工事の種類
  2. 塗装工事の目的
  3. 塗装工事に使われる塗料の種類
  4. 塗装工事の手順と業者の選び方
  5. 塗装工事の種類に関するよくある質問

この記事を読めば、塗装工事を依頼する業者の選び方も分かるでしょう。外壁塗装を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.塗装工事の種類

はじめに、塗装工事にはどのような種類があるのか詳しく紹介します。

1-1.塗料の違いによる塗装方法の違い

外壁塗装に使われる塗料は、フッ素・シリコン・光触媒・無機などがあります。それぞれ、防水や断熱などの特徴があり、1㎡あたりの値段が異なり、塗り方も異なるのです。高機能な塗料を用いるほど、値段が高くなります。一方、安価な塗料は機能が低く、寿命が短い傾向にあるので、値段だけで塗料を選ばないようにしましょう。

1-2.塗り方による違い

一般的な外壁塗装は、以下のような塗り方があります。

  • ローラーでムラや凹凸がないように塗る:一般的な塗装
  • コテをつかって凹凸を作ったり模様を描いたりする:装飾塗装
  • 専用の機械を用い、吹きつけて模様をつける:吹き付け塗装

塗り方が複雑になるほど工事費用も高くなる傾向なので、覚えておきましょう。

2.塗装工事の目的

この項では、塗装工事でできることを目的別に紹介します。

2-1.一般塗装

一般塗装とは、通常の塗装で防水や防汚などの効果はあまり期待できません。安価な塗料を用いることができます。ただし、外壁塗装ではシリコン塗料などある程度値段が高く、防水性などがあるものを使うのがおすすめです。

2-2.防水塗装

その名のとおり、防水効果がある塗料を用いて塗装を行います。外壁や屋根は防水塗料が使われることが多いでしょう。これが剝がれると、雨漏りが起こることもあります。防水塗装を行ったら、数年に1度は塗装業者に塗料の状態をチェックしてもらい、早めの塗り替えが必要です。

2-3.断熱塗装

断熱効果のある塗料を使うことで、建物に伝わる熱エネルギーを小さくすることができます。断熱効果のある塗料は一般塗料よりもかなり高価で、塗り方にも決まりがあり、一般塗料と同じように塗っても効果が出ないものもあるでしょう。しかし、適切な断熱塗装を行えば、光熱費が節約できます。自治体によっては、断熱塗装の工事が省エネリフォームとして補助金の対象になっていることもあるでしょう。

3.塗装工事に使われる塗料の種類

外壁塗装に使われる塗料には、主に以下のような種類があるので覚えておきましょう。

  • シリコン塗料:現在の主流塗料、一般塗装や防水塗装に用いられる:1㎡あたり3,000円前後
  • フッ素塗料:シリコン塗料より耐久性が高く、人気がある:1㎡あたり4,000円前後
  • 光触媒塗料:防汚効果があり、塗装できる業者が限られる:1㎡あたり5,000円前後
  • 無機塗料:20年以上耐久性があるが、取扱が難しく高価な:1㎡たり5,500円前後

このような塗料の中には、防水機能や断熱効果があるものも含まれます。なお、一昔前まで主流であったアクリルやウレタン塗料は、現在、外壁や屋根にはほとんど使われていません。値段と耐久性を比べ、ライフスタイルに合ったものを選びましょう。

4.塗装工事の手順と業者の選び方

この項では、塗装工事が終わるまでのプロセスや業者を選ぶ際に気をつけるポイントを紹介します。

4-1.外壁塗装は足場を組むところから始める

外壁塗装は、いきなり塗装を始めることはありません。以下のような工程で行います。

  • 足場を組む:1日かかる
  • 外壁の汚れを落とし、さびやひび割れなどを修理する
  • 養生する
  • 外壁塗装:3回塗り重ねる
  • 養生外し
  • 足場撤去

外壁塗装の工程自体は、一戸建ての場合2~3日で終わりますが、すべて終了するまでは2~3週間かかるのが一般的です。

4-2.外壁塗装は3回塗り重ねる

外壁塗装は、一般的に塗料を3回塗り重ねます。厚く塗ることで防水や防汚・断熱の効果をより高めるのです。ですから、必要な塗料の量は、外壁全体に塗装する1回分の量の3倍と考えておきましょう。

4-3.塗装業者は実績や評判で選ぶとよい

今は、塗装工事費用の安さをウリにしている業者も多いでしょう。しかし、使うべき塗料の量を使わずに工事費用を安くするような業者もあります。業者を選ぶ際は、複数から見積もりを提出してもらいましょう。これで相場が分かるでしょう。極端に安い業者や、見積もりがいいかげんで説明も不十分な業者は依頼しないほうがいいですね。また、アフターケアが手厚い会社や、口コミの評価が長期にわたって良い業者は信用できます。可能ならば、業者が施工した物件を見学に行くのもおすすめです。

5.塗装工事の種類に関するよくある質問

この項では、塗装工事の種類に関する質問を紹介します。

Q.修飾塗装はどんな塗料でも可能ですか?
A.いいえ。専用の塗料が必要で、さらに塗装の技術も求められるため、塗料代を含む全体の工事費は高くなります。

Q.フッ素塗料やシリコン塗料の中に、防水機能や断熱効果がある塗料はあるでしょうか?
A.はい。一般塗装用の塗料より高価ですがあります。防水機能や断熱機能を持った塗料を使いたい場合は、まず業者に塗料の有無や費用を尋ねてみましょう。塗料の選択肢が広がります。また、丁寧に説明してくれる業者なら、信頼できるでしょう。

Q.高い塗料を使ったほうが耐久性が高くなりますか?
A.そのとおりですが、無機塗料などは扱いが難しく、不慣れな業者が行うとかえって耐久性が低くなることもあるのです。高機能で高価な塗料を使う場合は、必ず実績がある業者を選びましょう。

Q.外壁塗装を自分で行うことは可能ですか?
A.塗装の効果を最大限発揮させる塗り方は、個人では難しいでしょう。無理をしてはいけません。

Q.タイルやレンガの外壁でも、塗装は必要ですか?
A.本物のタイルやレンガは基本的に塗装は必要ありません。しかし、レンガ調のサイディング外壁は再塗装が必要になります。

まとめ

今回は、外壁塗装の種類について解説しました。塗料だけでなく、効果や塗り方によっても費用が異なってきます。外壁塗装は家の寿命を左右する重要なものです。無理に節約しようとせず、業者と相談して塗料や塗り方を選びましょう。特に希望がなければ、凹凸がない一般的な塗り方をしてくれます。また、一戸建てよりもマンションの方が、長期間耐久性がある高価な塗料をすすめられる傾向があるので、覚えておきましょう。