工場塗装の主なメリットは? 失敗しないコツ・注意点を詳しく!


「そろそろ工場塗装をやり直したいが、費用や日数を知りたい」「なるべくメリットがある方法を選びたい」とお考えではありませんか? 工場塗装は、外観をよくするためだけでなく、工場での生産を安定化するために多くの役割がありますよね。しかし、どんな塗装を選ぶべきか、費用を抑えるにはどうしたらいいかなど、知りたいこともあるでしょう。

そこで今回は、工場塗装について詳しく解説します。

  1. 工場塗装の重要性
  2. 工場の外壁や屋根塗装の種類
  3. 工場を塗装するタイミングは?
  4. 工場の塗装工事の費用相場と日数
  5. 工場の塗装に関するよくある質問

この記事を読むことで、工場の塗装を行うコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.工場塗装の重要性

最初に、工場塗装がどんな点で重要なのか見ていきましょう。

1-1.工場塗装とは?

工場塗装とは、工場の屋根や外壁など、屋外に施す塗装のことです。一般家屋と違って、工場は、製品を生産するための施設となります。企業が安定して利益を生み出すには、工場の環境を一定に維持することも重要です。工場塗装は、単に外観を整えるためのものではありません。

1-2.工場塗装の主な目的は?

工場塗装には、主に以下のような目的があります。

  • 工場の美観を保つ
  • 工場の寿命を延ばす
  • 風雨や紫外線などの影響を受けにくくする

また、天候や気候に左右されず安定した環境を維持するためにも、工場塗装には重要な役割があります。

1-3.劣化を放置せず定期的にメンテナンスする

工場塗装の劣化を見つけたら、放置せずに定期的にメンテナンスしてください。塗装の劣化は、放置するとどんどん悪化して、修復が大がかりになります。たとえば、屋根の塗装が劣化して放置した結果、屋根材が雨水で腐食して穴が開き、雨漏りすることもあるでしょう。雨漏りのために工場設備がダメージを受けたら、企業にとって大きな損害となります。

2.工場の外壁や屋根塗装の種類

工場の外壁や屋根塗装の主な種類を詳しく解説します。

2-1.特定の機能を付加できる

外壁や屋根塗装では、特定の機能を付加することができます。たとえば、以下のようなものです。

  • 防水塗装
  • 防汚塗装
  • 断熱塗装
  • 対紫外線塗装

それぞれの付加機能によって、建物の耐久性や快適度を向上させることができます。

2-2.予算で選ぶこともできる

とにかく初期費用を安く抑えたいのなら、第一にアクリル塗装が候補に挙がるでしょう。次にシリコン塗装・フッ素塗装と続きます。予算に余裕があるときは、付加機能がある断熱塗装や光触媒塗装など効果な塗装も候補です。なお、安い塗装ほど耐用年数が短いため、結局塗り直しの頻度が高くなるので、長い目で見るとコストパフォーマンスが下がるでしょう。

3.工場を塗装するタイミングは?

工場塗装を行うタイミングについて見ていきましょう。

3-1.塗装が耐用年数を迎えた

耐用年数を迎えたときは、塗装し直すタイミングです。塗装の種類にもよりますが、大体10~15年が耐用年数の目安となります。耐用年数を迎えると、色あせや汚れが目立つようになり、部分的にはげたりめくれたりしやすくなるでしょう。塗装効果がなくなった状態なので、早めに塗り替えてください。

3-2.汚れや傷みが気になる

汚れや傷みが気になるときも、塗装をやり直すタイミングです。汚れや傷みは、塗装の寿命が近づいていることを意味しています。早めに塗装をして、本来の状態に戻しましょう。なお、汚れだけなら、業者に依頼して洗浄してもらうこともできます。しかし、塗装が傷んでいる状態では、断られてしまうでしょう。

3-3.防水・断熱などの機能が欲しい

工場塗装に、防水や断熱などの付加機能が欲しいときも、絶好のタイミングです。防水塗装は、工場の雨漏りや傷みを防いで、建物の寿命を長くしてくれます。また、断熱塗装は、夏場の工場で室温が上がりすぎることを防ぎ、熱中症予防に効果的です。冬場は、外気温の低さの影響を受けにくくなるので、工場内を適温に保ちやすいでしょう。また、光熱費の節約にもつながります。

4.工場の塗装工事の費用相場と日数

工場の塗装工事の費用相場や日数について見ていきましょう。

4-1.工事日数は1~2か月程度がかる

工場の塗装工事を行う場合、1~2か月程度かかるでしょう。広範囲、難易度の高い塗装ほど、長期化します。なお、塗装場所によっては資材や設備を移動する必要があるため、工場での業務に支障が出ないよう、早めに確認しておくことが大切です。なお、より詳しい工事日数・日程については、業者の見積もりを確認してください。

4-2.費用相場は100坪の工場で175万円程度~

工場塗装の費用相場は、以下を参考にしてください。以下は、100坪(360㎡)の工場の一例です。

  • ウレタン塗料:175万円程度
  • シリコン塗料:200万円程度
  • 遮熱塗料:205万円程度
  • フッ素塗料:240万円程度

4-3.塗装工事費用を抑えるポイントは?

工場の塗装工事費用を抑えるには、以下を参考にしてください。

  • 安い塗料を使用する
  • 工事費用の安い業者に依頼する
  • 業者の都合がいい時期に塗装する
  • 必要な部分だけ塗装する

ただし、単に安い塗料を使ったり工事費用の安い業者に依頼すしたりすると、不満が残るものです。信頼できる業者の中でも、リーズナブルな費用ながら高品質な塗装工事で定評があるところを選ぶと安心でしょう。

4-4.信頼できる業者選びのコツ

工場塗装は、信頼できる業者に依頼することが大切です。具体的には、以下のポイントをチェックして選ぶといいでしょう。

  • 工場塗装で豊富な実績がある
  • 工事品質の高さで定評がある
  • 予算や希望に合ったプランを提案してくれる
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい費用設定
  • できるかぎり希望工期に合わせてくれる
  • 担当者の感じがよく、顧客からの評判もいい
  • 保証やアフターフォローが充実している

なお、当テンイチでも、工場塗装を多数お受けし、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

5.工場の塗装に関するよくある質問

最後に、工場の塗装に関する質問に回答します。それぞれ、参考にしてください。

Q.予算がないので最低限の補修工事だけにしていい?
A.仕方がないでしょう。ただし、問題のある部分は確実に直すことが大切です。予算内で対応できなかったら、理由を添えて再度予算を申請してみてください。

Q.工場塗装が劣化しやすい工場の立地は?
A.以下のような立地にある工場は、塗装が劣化しやすいでしょう。

  • 池・河川の近く
  • 海の近く
  • 幹線道路や交通量の多い道路に面している
  • 山林や森に近い

Q.工場の塗装工事を行うのに適した季節は?
A.雨が少なくて乾燥した時期です。しかし、工場の塗装工事は1~2か月と長期にわたるため、工場の生産計画にに合わせて決めて構いません。

Q.以前塗装してから5年で塗り直すの早すぎる?
A.一概には言えません。5年程度でも、条件によっては塗装が劣化して塗り直しが必要なこともあります。

Q.複数の業者に見積もりを依頼してもいい?
A.構いません。信頼できる業者を2~3社程度に絞り、見積もりを依頼してください。見積もりを比較して、価格・内容・対応の良さを総合的に評価し、最終的に依頼する業者を決めるといいでしょう。

まとめ

今回は、工場塗装について詳しく解説しました。工場塗装には、建物の強度を維持し、雨漏りや工場内の温度上昇を防ぐなど、さまざまな役割があります。まずは、どんな効果を期待するか確認し、信頼できる業者とよく相談して塗料を選びましょう。なお、塗装工事には、1~2か月程度の期間が必要です。工事期間中、工場での生産に不都合が出ないように、時期を調整したり、資材や設備の移動などを行ったりしましょう。