フッ素塗料の特徴は? 主なメリット・デメリット・選び方を伝授!


「フッ素塗料がいいと聞いたが、どんなメリットやデメリットがあるのだろう」とお考えではないでしょうか。外壁塗装や屋根塗装をやり直すときには、なるべく高品質な塗料を選びたいですよね。フッ素塗料は、耐久性が高くメンテナンスの手間が減ることで人気の高い塗料と言えます。しかし、本当にフッ素塗料を選んで後悔しないのか、不安に感じることもあるでしょう。そこで今回は、フッ素塗料の特徴について詳しく解説します。

  1. フッ素塗料とは?
  2. フッ素塗料のメリット
  3. フッ素塗料のデメリット
  4. フッ素塗料を選ぶ基準は?
  5. フッ素塗料をすすめられたときに確認すること
  6. フッ素塗料の特徴に関するよくある質問

この記事を読むことで、フッ素塗料を選ぶコツや注意点がよく分かります。まずは、記事を参考にしてください。

1.フッ素塗料とは?

最初に、フッ素塗料の定義や特徴・どんな種類があるのかを見ていきましょう。

1-1.フッ素系樹脂を使った塗料

フッ素塗料とは、蛍石を原料としたフッ素系樹脂を使った塗料のことです。丈夫で耐久性が高く、都市部の有名な高層ビルの外壁などにも採用されています。一般的によく使われるシリコン塗料よりも、ハイグレードな仕上がりを希望するのなら、フッ素塗料がおすすめです。

1-2.フッ素系塗料の主なメーカーや種類は?

フッ素系塗料の主なメーカー・種類には、以下のようなものがあります。

  • 日本ペイント:ファイン4Fセラミック・サーモアイ4F
  • 関西ペイント:アレスアクアセラフッソ上塗・アレスクール2液F
  • エスケー化研:クールタイトF・クリーンマイルドフッソ

それぞれの種類の特徴や塗装に向く素材・メリット・デメリットについては、信頼できる業者に詳しく説明を受けるといいでしょう。

2.フッ素塗料のメリット

フッ素塗料を使用する主なメリットを詳しく解説します。

2-1.耐久性が高い

フッ素塗料は、そのほかの塗料と比べて耐久性が高いことが大きなメリットです。たとえば、以下ような点で優れています。

  • 対候性:紫外線に強い
  • 対防汚性:汚れにくく
  • 耐薬品性:酸性雨の影響を受けにくい
  • 低摩擦性:汚れが滑り落ちやすい

2-2.耐用年数が長い

フッ素塗料は耐久性が高く、15~20年と耐用年数も長いことも特徴の一つです。そのため、外壁塗装をやり直す間隔が長いので塗り直しにかかるお金や時間を節約することができます。頻繁に外壁塗装をやり直したくない、なるべく長持ちさせたいという場合にもおすすめです。

2-3.汚れにくくお手入れが楽

フッ素塗料を使うと、汚れにくいので外観をキレイに維持しやすくなります。また、汚れた場合でも基本的には水で流すだけでキレイになるので、お手入れが楽なのもメリットでしょう。屋根や外壁をキレイに保つことができれば、建物の印象がよくなるため、企業なら自社イメージのアップにつながります。一般住宅であっても、気分よく住み続けることができるでしょう。

3.フッ素塗料のデメリット

フッ素塗料を使用するデメリットにはどんなものがあるかも理解しておきましょう。

3-1.初期費用が高い

フッ素塗料は、初期費用が高くつくのがデメリットです。ほかの塗料と1㎡当たりの単価を比較すると、以下のような違いがあります。

  • アクリル塗料:1,000~1,200円
  • ウレタン塗料:1,800~2,000円
  • シリコン塗料:2,500~3,000円
  • フッ素塗料:3,500~4,500円

外壁塗装や屋根塗装で初期費用を抑えたい人にとっては、大きなハードルになるでしょう。

3-2.柔軟性に乏しい

フッ素塗料は、仕上がりが固くて伸びにくく、柔軟性に乏しい点がデメリットと言えます。たとえば、幹線道路の近くなどで断続的に振動が加わったり、下地材が収縮したりした際に、追従できず塗膜にヒビが入ることもあるでしょう。

3-3.高い塗装技術が必要

フッ素塗料を取り扱うには、高い塗装技術が必要になります。業者によっては、人手不足・実績不足などの理由により、フッ素塗料の取り扱いに慣れてしないことがあるので注意が必要です。せっかく高い費用を出してフッ素塗料を指定しても、仕上がりの品質が悪ければメリットを十分に生かすことができません。なお、当テンイチでは、優れた技術力と豊富な実績によりフッ素塗料での塗装を安心してお任せいただけますので、ぜひ、ご検討ください。

4.フッ素塗料を選ぶ基準は?

フッ素塗料を選ぶ基準や注意点を詳しく解説します。

4-1.信頼できるメーカー品か

フッ素塗料は、信頼できるメーカー品を使用することをおすすめします。大手メーカーなら、一定の品質が期待できるからです。安いフッ素塗料の中には、無名メーカー・海外製の粗悪品が混ざっていることもあります。価格が安くても品質が保証できないのでは困るでしょう。

4-2.品質グレードの高さはどうか

フッ素塗料を選ぶときは、品質グレードの高さもチェックしましょう。同じフッ素塗料でも、グレードによって仕上がりに差が出るものです。グレードが低いものは安価ですが、グレードが高いものと比べると耐久性・仕上がり共に見劣りすることがあります。

4-3.色や仕上がりは好みか

フッ素塗料の色や仕上がりは、メーカーやグレードによって異なります。まずは、業者にサンプルを多く見せてもらい、じっくり比較しましょう。なお、サンプルと実際の色合いは多少異なります。屋内だけでなく、屋外でどんな印象になるかもきちんとチェックしておきましょう。

5.フッ素塗料をすすめられたときに確認すること

業者にフッ素塗料をすすめられたときに確認すべきことを詳しく解説します。

5-1.予算内で収まるか・超えても納得できるか

フッ素塗料は、初期費用がかかります。塗装場所や条件・面積によっては、当初の予算をオーバーすることもあるでしょう。予算内で収まれば問題ないものの、オーバーしても納得できるかどうかをよく考える必要があります。フッ素塗料は耐久性が高く、メンテナンスの間隔も長いので、一般的な塗料と比較すれば長い目で見てコストパフォーマンスに優れるでしょう。フッ素塗料を選ぶメリットが大きい場合は、予算を考え直すことも必要です。

5-2.フッ素塗料を選ぶメリットが十分にあるか

フッ素塗料を選んで、メリットが十分になるかどうかもポイントです。なんとなく業者にすすめられたから、というのでは後悔することもあります。フッ素塗料のメリット・デメリットをよく把握し、そのほかの塗料ではなく、フッ素塗料を選ぶ意味やメリットがあるかじっくり考えてみてください。

5-3.手厚い保証やアフターフォローがあるか

フッ素塗料を選ぶときは、業者から手厚い保証やアフターフォローがあるかどうかも大切です。フッ素塗料は耐久性が高いことから、保証期間を長く設定している業者が多く見られます。しかし、そのほかの塗料と同様に、1~3年程度の保証としているところもあるでしょう。せっかく高い費用を払ってフッ素塗料を選ぶのなら、10年程度の保証を設定しているところにすることが重要です。

6.フッ素塗料の特徴に関するよくある質問

最後に、フッ素塗料の特徴に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.15~20年経過したものは必ず塗り替えるべきか?
A.15~20年は、あくまでもフッ素塗料の寿命の目安です。環境によっては、15年に満たず塗り替えが必要なこともあるでしょう。また、20年程度経過しても見た目には特に問題が見られないこともあります。しかし、よく見ると細かなヒビ割れが発生していることもあるので、業者にチェックしてもらい早めに塗り替えを検討するといいでしょう。

Q.フッ素塗料は屋根塗装に向かないと聞いていたのですが?
A.いいえ。現在では、度重なる技術開発のおかげで、屋根用のフッ素塗料も数多く存在しています。ポイントは、屋根に向く種類を選べるかどうかです。業者とよく相談し、屋根の素材に合った種類を提案してもらいましょう。

Q.フッ素塗料でも好みの色が見つかる?
A.断言できません。一定のカラーバリエーションの中から好みの色合いを選ぶことは花王です。仕上がりの色にこだわるのなら、フッ素塗料以外の候補も考えてみる必要があります。

Q.フッ素塗料なのに1年程度で色あせたりはげたりしてきたのですが?
A.まずは、業者にチェックしてもらいましょう。何らかの理由で工事品質が低下した可能性があります。明らかに業者の落ち度と判明した場合は、保証によりやり直してもらうことが可能です。

Q.フッ素塗料で満足するコツは?
A.リーズナブルな費用で高品質な工事をする業者に依頼することです。工事費用を抑えながらも、長持ちする仕上がりが手に入ります。長い目で見れば、単に安いだけの業者に依頼して早めに寿命を迎えたり仕上がりに不満を持ったりするよりも、コストパフォーマンスに優れ、満足度も高いでしょう。

まとめ

今回は、フッ素塗料の特徴について詳しく解説しました。フッ素塗料は、耐久性が高くメンテナンスの手間がかかりづらいのが大きなメリットです。また、仕上がりも美しいので、屋根や外壁などの塗装用として優秀な塗料と言えます。しかし、初期費用が高いなど、デメリットがあるのも事実です。まずは、初期費用の高さを納得できるかどうか、しっかり考えてみましょう。なお、フッ素塗料を使った塗装を依頼するには、高い技術力と豊富な実績がある塗装業者に依頼することも大切です。