ブロック塀の塗り方が知りたい! 塗装時期・おすすめの塗料・必要な道具は?


ブロック塀は定期的に塗り替えることで、きれいで丈夫な状態を維持し続けることができます。塗装が剝がれてきたとき、どうすれば自分で塗ることができるのか悩む方は多いでしょう。ブロック塀の塗り方にはポイントがあります。ポイントをしっかりと把握しておけば、上手に仕上げることができるのです。

そこで、本記事では、ブロック塀の塗り方やポイントなどについて解説します。

  1. ブロック塀の塗装時期とおすすめの塗料
  2. ブロック塀の塗装に必要な道具は?
  3. ブロック塀の塗り方とポイント
  4. ブロック塀を業者に依頼する方法と注意点
  5. ブロック塀の塗り方に関してよくある質問

この記事を読むことで、ブロック塀の上手な塗り方が分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.ブロック塀の塗装時期とおすすめの塗料

まずは、ブロック塀の塗装時期とおすすめの塗料について解説します。

1-1.塗装の耐久年数を踏まえて塗り替える

ブロック塀の主な塗り替え時期は、塗装の耐久年数が近づいてきたころです。塗装によって耐久年数は異なりますが、ブロック塀の場合はだいたい10年だといわれています。新しい塗料を塗ってから10年経過したころ、少しずつ塗装が剝がれたり色が褪(あ)せたりと症状が現れるでしょう。また、汚れや破損が気になり始めた時期も塗り替えに最適な時期となります。気になる始めるとどうしても目につきやすくなるため、新しく塗料を塗ってきれいにしたほうがいいでしょう。また、雨水が含みやすいブロック塀は耐久性が短めなので、早めに塗り直したほうがいいケースもあります。

1-2.ブロック塀に合った塗料選びのポイントは3つ

ブロック塀に適した塗料選びは誰もが悩むものです。そこで押さえておきたいポイントは、以下の3点となります。

  • 油性ではなく水性を選ぶ
  • ブロック・コンクリート対応の塗料を選ぶ
  • 透湿性が高いものを選ぶ

ブロック塀は無数の小さな穴が開いているため、その穴から水分や湿度が出ています。穴を完全にふさいでしまうと含まれている水分が外に出ようとして膨れを起こす恐れがあるため、通気性を維持することが大切なポイントです。そして、通気性を維持するためには、以上の3点に注目して塗料を選ぶ必要があります。

2.ブロック塀の塗装に必要な道具は?

それでは、ブロック塀の塗装に必要な道具をチェックしておきましょう。

2-1.塗料など材料を準備しよう

まずは、ブロック塀の塗装に必要な材料を用意しましょう。必要な材料は以下のとおりです。

  • 樹脂モルタル
  • シーラー(下塗り塗料)
  • 塗料
  • ローラー・刷毛(はけ)
  • ローラーバケットまたは受け皿
  • 高圧洗浄機またはワイヤーブラシ・デッキブラシ
  • マスキングテープ・マスカー・新聞紙

高圧洗浄機があれば高いブロック塀でもきれいに汚れを落とすことができますが、ホースでも代用できるので絶対に用意する必要はありません。ホースがない場合は、バケツに水を入れて、デッキブラシやワイヤーブラシで掃除するといいでしょう。

2-2.絶対に用意しておきたい養生シート

ブロック塀は外構に設置することが多いですが、道や近所の家に塗料が飛び散ることがないようにしっかりと養生しなければなりません。そこで、絶対に必要になるのが養生シートです。養生シートで塗料がついてはいけない部分をおおうことになります。養生シートは100均ショップでも購入できるものなので、費用はそこまでかかりません。養生シートのほかに、養生テープも用意しておくと役立つでしょう。また、自分の身を保護するための作業着や軍手・靴なども準備してください。

3.ブロック塀の塗り方とポイント

ここでは、ブロック塀の塗り方とポイントを解説します。

3-1.最初にブロック塀をきれいに洗浄する

ブロック塀の塗料を塗り直す前に、汚れをきれいにすることが大切です。デッキブラシや高圧洗浄機などを使って、ブロック塀にこびりついた汚れをきれいに落としてください。高圧洗浄機やホースで落ちない場合は、デッキブラシで磨くようにこするといいでしょう。表面についたコケなどは、デッキブラシで水洗いをすればきれいに落とすことができます。ただし、高圧洗浄機を使用する場合は汚れや水が飛んでくるため、雨具を着用してください。ここできれいに掃除しなければ、塗料の密着性が弱くなってしまうのでしっかりと落とすことが大切です。

3-2.ブロック塀に含まれる水分を乾燥させる

前述したように、ブロック塀には小さめの穴が含まれているので水分が含みやすい傾向があります。水分を含むほど弱まってしまうため、ブロック塀の汚れを落とした後は水分を飛ばすために24時間乾燥させることが大切です。乾燥が不十分な状態だとブロック塀に含まれた水分が塗装後に外に出ようとします。その結果、ブロック塀が膨張してしまうのです。だからこそ、塗装を行うのは晴れて乾燥した日が最適といえるでしょう。

3-3.塗料がつかないように養生する

十分にブロック塀を乾燥させた後は、マスキングテープやマスカー・養生シートなどで養生してください。塗料がつかないようにビニールなどでおおう作業はしっかりと行う必要があります。マスカーは塗らない箇所の境目となるところをテープ部分で貼り、ビニールの部分を広げるといいでしょう。また、塗料缶や道具を置く場所が汚れないように、下にブルーシートや新聞紙などをしくとさらに安心して作業しやすくなります。

3-4.下塗り→上塗りを行う

ブロック塀の汚れを落とし、しっかりと乾燥させた後はいよいよ塗料を塗る作業へとすすみます。塗装の作業は、下塗り→上塗り(1回目)→上塗り(2回目)の3回塗りが基本です。塗料によっては上塗りが1回塗りでOKな場合もあるため、事前に塗料を確認しましょう。塗料のポイントは、2回に分けて1層1層丁寧かつ均一に仕上げることです。

3-4-1.下塗りはローラー・バケットを使う

下塗りを行う場合は、バケットに塗料を入れてローラーで混ぜてください。薄める必要がある場合は、塗料に合った希釈で薄めます。そして、ローラーで塗り残しがないように全体を塗りましょう。すべての範囲を塗ることができたら、乾燥するまで待ちます。乾かしている間にローラーやバケットを洗っておけば時間を有効に使えるでしょう。

3-4-2.上塗りも丁寧に塗る

上塗りもローラーとバケットを使って丁寧に塗ってください。1回目の上塗りは刷毛を使って細かい溝の部分を塗るのがポイントです。全部塗ることができたら再び乾かしましょう。完全に乾かしたら、2回目の上塗りにすすみます。塗料を正しい割合で薄めた後、ローラー全体で塗ってください。最後に、いろいろな角度から塗装面をチェックして塗り残しがないか確認します。塗装が終わったら養生を剝がして終了です。

4.ブロック塀を業者に依頼する方法と注意点

ブロック塀を業者に依頼する方法と注意点を紹介します。

4-1.自分で塗装できない場合は業者に依頼する

ブロック塀の範囲が幅広く自分で塗装をするのが困難な場合は、プロの業者に依頼することをおすすめします。業者に依頼することでスピーディーかつ丁寧な塗装ができるようになるでしょう。業者に依頼する大きなメリットは、素早く塗装を終えることができる・正しい方法で塗り直しができることです。塗装の失敗リスクを抑えることができると同時に、より理想のブロック塀に仕上げることができるでしょう。ただし、塗装実績がある業者を選ぶのが大切なポイントとなります。

4-2.塗装業者は専門道具や塗料を使う

塗装業者の多くは、高圧洗浄機など特殊な専門器具や塗料を使う傾向があります。そのため、スピーディーな作業を行うことができるのです。ブロック塀の種類や塗料によって具体的な方法が異なるので、事前にどのような方法で塗装をしてくれるのか確認が必要となります。また、具体的な塗装方法だけでなく、費用やスタッフの対応にも注目するといいでしょう。

4-3.ブロック塀を塗る際の注意点

自分でブロック塀を塗る場合、いくつか注意しておきたいことがあります。特に注意しておきたいのは以下のとおりです。

  • よく乾燥させてから塗装をすること
  • 水が入りにくくすること
  • 水の逃げ道を作ること

ブロック塀はただ塗装を塗ればいいというわけではありません。始めに下地の状態を整えることが最も大切なポイントとなります。耐久性を高めるためにブロック塀の汚れをしっかりと落としたり、よく乾燥させてから塗装をしたりする基本が大切です。ブロック塀は地面の水を吸い込んでしまう恐れがあるため、塗装の際には数日かけてしっかりと乾燥させてください。できるだけ、水を入りにくく逃げやすくすることも重要なポイントです。

4-4.業者に依頼する際の注意点

専門業者にブロック塀の塗装を依頼する場合、悪徳業者に注意してください。塗装業者の中には、きちんとした塗料を使わずに塗ったり、正しい工程で塗装をしなかったりする悪徳業者が存在しています。実際に、悪徳業者とのトラブルが続出しているため、複数の業者を比較しながら優良業者を選ぶことが大切です。主に、以下のポイントに注目して選ぶといいでしょう。

  • 塗装の実績があるか
  • 塗料の種類が豊富にそろっているか
  • スタッフの対応がスピーディーかつ丁寧か
  • どのような質問でも分かりやすく答えてくれるか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 作業前にブロック塀の状態をチェックしてくれるか

外壁などの塗装を行っているテンイチでは、無料見積もりや無料相談を受けつけています。悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

5.ブロック塀の塗り方に関してよくある質問

ブロック塀の塗り方に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ブロック塀を塗り直すメリットは?
A.ブロック塀は常に雨や風にさらされているものなので、すぐに劣化しやすくなりがちです。いつの間にか黒ずみやコケができることもあります。そのため、気になる段階で塗り直すことできれいな状態のブロック塀が維持できるでしょう。また、塗装のグレードをアップすると、より頑丈できれいなブロック塀に仕上げることができます。

Q.コンクリートブロック塀を塗装するコツは?
A.基本的に塗装の手順は変わりませんが、塗装と砂を混合した砂壁風の仕上げ材を塗ることになります。砂壁風仕上げ材は一般的な塗料よりも厚みがあるため、高性能・高耐久の効果が期待できるでしょう。コテやローラーを使って模様を描くことができるのも大きなメリットです。また、モルタルを塗るのも塗装のコツとなります。ブロック塀に塗ることで打ちっぱなしのような雰囲気に仕上がり、耐久性が高いコーティング効果も期待できるでしょう。

Q.水を入りにくく逃げやすくする塗料は?
A.防水性に優れた塗料や、透湿性の高い塗料がおすすめです。逆に、弾性塗料など通気性が悪い塗料はブロック塀の塗料に向いていないので注意してください。DIYでブロック塀を塗る場合、間違った塗料を選びがちです。悩んだときは専門業者に相談したり、ホームセンターのスタッフに尋ねたりするといいでしょう。

Q.塗装業者に依頼した際の費用は?
A.塗装範囲や使用する塗料によって異なりますが、高圧洗浄で約200~300円/㎡、下地処理で約1,000円~/㎡、塗装作業で約1,500円~/㎡が目安となります。特別な塗料を使用した場合は、さらに高額になるでしょう。安すぎる業者を選ぶのもいけませんが、相場以上の金額を請求してくる業者にも注意が必要です。

Q.ブロック塀が劣化している場合の対処法は?
A.目地のひび割れが発生したり、鉄筋にサビが出てきたりしたときは、ブロック塀の補修が必要となります。コケやカビなどの汚れは自分で補修できるレベルですが、ひび割れは専門業者に依頼すべきケースです。自分で間違った補修をしてしまうとさらに劣化がひどくなる恐れがあるため、不安な方は専門業者に依頼してください。

まとめ

ブロック塀の塗装は約3〜5年と耐用年数が短いため、定期的に塗り直す必要があります。最適な時期に塗り替えることで、手間と時間をかけることなく丈夫で美しいブロック塀が出来上がるでしょう。自分で塗る場合、必要な道具を準備しなければなりません。しっかりと養生してから正しい手順で塗装を塗ることが大切なポイントとなります。自分で塗るのが不安な方や劣化状況がひどい場合は、専門業者に依頼したほうがスピーディーに仕上がるでしょう。