壁紙の落書きを簡単に消す方法を紹介! 油性ペンも消えるって本当?


「子供が壁紙に落書きしてしまった」とお困りではありませんか? 目を離したすきに子供が壁紙に落書きをしてしまったとき、途方に暮れてしまう人は多いでしょう。特に、賃貸物件の場合は退去する際に原状回復費用を支払わなければならなくなるため、ショックは大きいはずです。しかし、まずは冷静になって落書き消しを実践してみてください。

この記事では、壁紙の落書きを消す方法や消えない場合の対処法などをまとめてご紹介します。

  1. 壁紙の落書きは消すことができるのか?
  2. 壁紙の落書きを消すために必要な道具を紹介
  3. 壁紙の落書きを消す方法
  4. 壁紙の落書きが消えない場合の対処法は?
  5. 壁紙の落書きに関するよくある質問

この記事を読むことで、落書き消しに効果があるアイテムや、落書きをされても困らないための対策などが分かるはずです。

1.壁紙の落書きは消すことができるのか?

壁紙の落書きは、どんなものでも消すことができるのでしょうか。

1-1.水性の落書きは消しやすい

基本的に、水性の性質を持つものによる落書きは消しやすいのが特徴です。水性のフェルトペンや絵の具による落書きは、完全に乾く前であれば水拭きだけで簡単に消すことができるでしょう。乾ききってしまっていても、工夫すればきれいに消すことができます。

1-2.油性の落書きは消しにくい

注意が必要なのは、油性の性質を持つもので書かれたものでしょう。油性インクは簡単に落ちないように作られているのです。無理に消そうとすると壁紙を傷めてしまう恐れがあるため、注意しましょう。

1-3.壁紙の素材にもよる

落書きを消すことができるかどうかは、壁紙の素材にもよります。一般的な壁紙はビニール製なので多少の水や洗剤を使って消すことができますが、織物クロスや紙クロスなどの壁紙は変色やはがれを起こすことがあるため、慎重に消さなければなりません。

2.壁紙の落書きを消すために必要な道具を紹介

壁紙の落書きを消すためには、以下のような道具を用意しておくとよいでしょう。

  • 雑巾
  • 使い古しの歯ブラシ
  • 歯みがき粉
  • メラニンスポンジ
  • 除光液やクレンジングオイル
  • 消しゴム
  • 塩素系漂白剤

3.壁紙の落書きを消す方法

何を使って落書きをしたか、壁紙がどんな素材かごとに、落書きの消し方をご紹介します。

3-1.鉛筆・色鉛筆の場合

鉛筆で書かれた落書きは、消しゴムを使って消すとよいでしょう。消しゴムのカスが床に落ちるのが嫌であれば、メラニンスポンジをぬらして軽くこすってみてください。洗剤を使わなくても簡単に落ちるはずです。色鉛筆の場合は、鉛筆と違って油の性質を持っているため、消しゴムでは消えにくいでしょう。除光液やクレンジングオイルなどを含ませた雑巾で落書きの部分を押さえ、油分を柔らかくしてから拭き取ってください。

3-2.水性ペン・水性絵の具の場合

水性ペンや水性絵の具による落書きは、使い古しの歯ブラシに歯みがき粉をつけたもので優しくこすると消えます。ただし、一気に拭き取ろうとすると汚れが広がってしまう恐れがあるため、少しずつこすっていきましょう。最後に雑巾で水拭きして歯みがき粉を拭き取り、乾(から)拭きして完了です。

3-3.油性ペン・クレヨンの場合

油性ペンやクレヨンによる落書きには、除光液やクレンジングオイルを使いましょう。油性インクが乾いてしまっていても溶かして浮かす作用があるため、汚れが落ちやすくなります。除光液やクレンジングオイルを含ませた雑巾を落書きに当て、10秒ほど待ちましょう。汚れが浮いてきたら、メラニンスポンジを使って優しくこすり落としていきます。この方法で落書きが消えない場合は、塩素系漂白剤をコットンや綿棒に含ませてたたくように落としましょう。

3-4.ビニール製以外の壁紙は目立たない場所で試してから

ビニール製の壁紙だと上記のような方法で落書きを消すことができますが、素材によっては水や除光液・漂白剤などを使用することで傷んでしまう可能性があります。消しゴムやメラニンスポンジでこすると壁紙がはがれてきてしまうこともあるため、注意が必要です。必ず、目立たない場所で試してみて、問題がないことを確認してからほかの場所も落としていきましょう。

4.壁紙の落書きが消えない場合の対処法は?

上記でご紹介した方法で落書きが消えない場合は、以下の方法で対処しましょう。

4-1.クロスメイクで目立たなくする

落書きを「消す」のではなく、クロスメイクで「目立たなくする」方法もあります。クロスメイクとは、汚れた壁紙の上から染色剤を塗布するものです。通常の塗装用塗料より薄く、自然な仕上がりになるため、壁紙の凹凸模様などは残すことができます。1回塗っただけでは落書きが透けて見えるので、補修テープなどで落書きを隠してからクロスメイクを施すとよいでしょう。

4-2.カラーでペイントする

落書きの範囲が広いときは、壁一面をカラーペイントしてしまいましょう。もちろん賃貸物件の場合は勝手にペイントを施すことはできませんが、持ち家の場合はぜひ試してみてください。

4-3.壁紙を張り替える

思いきって壁紙を張り替えてしまう方法もあります。一部分だけ張り替える場合は自分でできる可能性もありますが、広い範囲を張り替えるのであれば業者に依頼するのがおすすめです。費用は壁紙の種類やグレードによって異なるため、必ず事前に無料見積もりを依頼しましょう。

5.壁紙の落書きに関するよくある質問

「壁紙の落書きを消したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.落書きに使ったペンが水性なのか油性なのか分かりません。どうすれば分かりますか?
A.プラスチックに書いて指でこすってみてください。のびたり消えたりすれば水性です。

Q.なぜ歯みがき粉で水性インクを落とすことができるのでしょうか?
A.歯みがき粉には研磨剤が入っているため、汚れを削り落すことができるのです。

Q. 子供の落書きを予防するためには、どうしたらよいでしょうか?
A.クレヨンやペンなどを子供の手が届かない場所に置いておく・壁に保護シートを貼るなどの方法があります。

Q.落書き対策ができる壁紙があるというのは本当でしょうか?
A.はい。傷や汚れがつきにくく、落書きも簡単に落とすことができる壁紙もあります。

Q.壁紙の張り替えを業者に依頼した場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?
A.一般的な壁紙であれば、1㎡あたり950~1,500円が相場です。

まとめ

壁紙の落書きを消す方法や、消えない場合の対処法などを詳しくご紹介しました。落書きを消す方法を知っていれば、万が一、子供に落書きをされても冷静に対処できるはずです。ぜひこの記事を参考に、きれいな壁紙を取り戻してください。