外壁のメンテナンスを行う時期の目安は? 業者選びの注意点も紹介!


「外壁のメンテナンス時期について知りたい」「どんなメンテナンス方法があるのか?」という人は多いでしょう。外壁はおよそ10年ごとにメンテナンスが必要といわれていますが、その理由をご存じでしたか? 家の寿命を延ばすために、外壁のメンテナンスがいかに重要かを知っておきましょう。

この記事では、外壁のメンテナンスを行う時期の目安や、具体的なメンテナンス方法などを詳しくご紹介します。

  1. 外壁のメンテナンスはなぜ重要なのか?
  2. 外壁のメンテナンスを行う時期は?
  3. 外壁のメンテナンス方法を紹介
  4. 外壁メンテナンスをプロに依頼する場合
  5. 外壁のメンテナンスに関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁が持つ役割やメンテナンスをプロに依頼するメリットなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.外壁のメンテナンスはなぜ重要なのか?

まずは、外壁メンテナンスの重要性についてまとめました。

1-1.見た目の美しさを維持する

外壁メンテナンスは、外観の美しさを維持する上で必要なことです。経年劣化により色あせやひび割れなどが生じた建物は、見た目が美しくありません。メンテナンスすることで見た目の美しさを取り戻すことができれば、建物の資産価値もアップします。将来売却することを検討しているなら、資産価値の向上につながる外壁メンテナンスは重要です。

1-2.ダメージから家を保護する

建物は、紫外線や雨風などによるダメージを常に受けています。外壁はそのダメージから建物を守るための重要な役割を果たしているのです。外壁が劣化して本来の役割を果たすことができなくなると建物内部にもダメージが及び、建物自体の寿命を縮めることになってしまうでしょう。たとえば、外壁の防水性が低下したりひび割れが発生したりしていると建物内部にまで雨水が浸入してしまいます。その結果、建材が腐敗し、建物全体の劣化が進んでしまうのです。定期的に外壁のメンテナンスを行い、本来の役割を取り戻すことで、建物の寿命を延ばすことにつながります。

1-3.室内環境を快適に保つ

外壁メンテナンスの代表的な手段は塗装であり、その外壁塗装に使われる塗料には、さまざまな種類のものがあります。断熱や遮熱・遮音効果のある塗料を使用することで、室内環境を快適に保つことができるのです。定期的に外壁塗装を行うことで、いかに室内の環境をよくするかを考える必要があります。

2.外壁のメンテナンスを行う時期は?

外壁のメンテナンスを行う時期の目安についてご紹介しましょう。

2-1.外壁材の種類ごとにメンテナンス周期は異なる

外壁材には、サイディングやモルタル・ALC・コンクリート・タイルなどの種類があります。種類ごとにメンテナンス周期の目安が異なるため、以下を参考にするとよいでしょう。

  • モルタル:8~10年
  • 窯業系サイディング:7~8年
  • 金属系サイディング:5~10年
  • 木質系サイディング:8~12年
  • 樹脂系サイディング:10~20年
  • ALC:10~15年
  • コンクリート:15~20年

2-2.塗料の耐用年数も目安に

外壁塗装に使用される塗料にも、種類ごとに耐用年数が異なります。耐用年数を過ぎた塗料は本来の役割を果たすことができなくなるため、塗り替えが必要です。外壁塗装に使われる塗料の耐用年数をまとめました。

  • アクリル系塗料:4~7年
  • ウレタン系塗料:6~10年
  • シリコン系塗料:8~15年
  • フッ素系塗料:15~20年

2-3.10年を目安に点検を

上記にご紹介したように、使用している外壁材や塗料の種類によってメンテナンスが必要になる時期は変わってきます。しかし、紫外線や雨風などの影響を受け続けている外壁には、年数がたつとともにさまざまな症状が現れるようになるでしょう。そのため、最低でも10年ごとに点検を受け、メンテナンスの必要性を検討していくことが重要になります。

3.外壁のメンテナンス方法を紹介

外壁のメンテナンス方法にはどのようなものがあるのかをご紹介しましょう。

3-1.塗装工事

外壁のメンテナンスで最も多く行われるのが、塗装工事です。新しい塗料を上から塗装することで、見た目を美しくするだけでなく防水性を高めることができます。「耐久性を高めたい」「断熱効果のある塗料を使いたい」など、希望に合わせて塗料を選ぶとよいでしょう。外壁材のメンテナンス周期が長くても、使用している塗料の耐用年数が短いと、塗装によるメンテナンスが早めに必要になってしまいます。塗料は業者と相談の上、慎重に選びましょう。

3-2.シーリングの交換

外壁のシーリングが劣化している場合は、シーリングの交換工事が行われます。シーリングの寿命は7~10年といわれていますが、ひび割れや弾力低下などの症状が出ている場合は、早めの交換が必要です。

3-3.張り替え工事

サイディングボード自体の劣化が進んでいる場合は、張り替え工事が必要になります。既存のサイディングボードを撤去して新しいサイディングボードを施工する工事です。下地が劣化していない場合は、既存の下地を残して新しいサイディングボードを施工する「重ね張り」という工法が用いられることもあります。

4.外壁メンテナンスをプロに依頼する場合

外壁のメンテナンスを業者に依頼する手順やメリット・注意点などをまとめました。

4-1.まずは無料見積もりを依頼

外壁のメンテナンスを業者に依頼する場合、まずは業者に無料見積もりを依頼しましょう。その内容に納得できたら業者による現地調査が行われ、正式な見積もりを提出してもらいます。打ち合わせを何回か行って工事の日程を決定し、契約締結そして作業開始という流れが一般的です。

4-2.確実に家の寿命を延ばすことができる

外壁メンテナンスを業者に依頼することで、確実に家の寿命を延ばすことができます。外壁の劣化を自分で補修する人もいますが、失敗すれば家の建材も傷めてしまう可能性があり、大がかりな補修工事が必要になってしまうでしょう。また、外壁の表面だけ補修して内部の劣化に気づかないケースも少なくありません。業者に依頼すれば、劣化がどこまで進んでいるか、どんな補修が必要かをしっかり調査してもらえるため安心です。

4-3.業者選びの注意点は?

外壁のメンテナンスを請け負っている業者の中には、悪質な業者も存在します。「見積もりにはない高額な追加料金を請求された」「明らかな手抜き工事だった」などの例も数多く報告されているため、注意が必要です。業者を選ぶ際は、豊富な実績があるか・見積書に不明確な点はないかなど、しっかりチェックすることをおすすめします。

5.外壁のメンテナンスに関するよくある質問

「外壁のメンテナンスについて知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.外壁の塗装工事を検討すべきなのは、どのような症状が出ているときでしょうか?
A.色あせや塗膜のはがれ・カビや藻の発生・金属部分がサビているなどの症状が現れたら、塗装を検討すべきです。

Q.外壁にひび割れが発生しているのですが、自分で直すことはできますか?
A.幅0.3mm以下の小さなひび割れであれば、市販の補修材を使って自分で補修することが可能です。幅1mm以上のひび割れは建物内部にまで影響が及んでいる可能性が高いため、早めに業者へ連絡してください。

Q.外壁塗料の防水性が低下しているかどうかを調べるにはどうしたらよいですか?
A.外壁に水をかけてみましょう。外壁に水が染み込んでいくようであれば、防水性が低下している可能性があります。

Q.外壁塗装の費用はどのくらいでしょうか?
A.使用する塗料のグレードにもよりますが、30坪の一戸建て住宅で80万~130万円が相場といわれています。

Q.メンテナンスが全く必要ない外壁もあるというのは本当でしょうか?
A.「メンテナンスの手間があまりかからない」という意味でメンテナンスフリーの外壁が販売されていることはありますが、メンテナンスが全く必要ないわけではありません。

まとめ

外壁メンテナンスの重要性やメンテナンス時期の目安・メンテナンス方法などを詳しくご紹介しました。外壁は定期的にメンテナンスを行うことで、建物の寿命を延ばすことにつながります。ぜひこの記事を参考に適切なメンテナンス時期を知り、家を長持ちさせてください。