外壁の張り替え工事が必要なケースは? 工事費用や工事の流れなどを解説


外壁が激しく劣化していたり、長年メンテナンスをしていなかったりする場合、外壁の張り替えを行う必要があるでしょう。張り替えやメンテナンスをせずにそのまま放置すると、雨漏りなどが起こり劣化状態がひどくなってしまいます。しかし、外壁の張り替え工事にいくらかかるのか・どのような流れで工事をするのかなど、不安な要素もたくさんあるはずです。

そこで、本記事では、外壁の張り替えについて解説します。

  1. 外壁の張り替え工事が必要なケースは?
  2. 外壁を張り替える前に確認すべきこと
  3. 外壁の張り替えにかかる費用と工事期間
  4. 外壁の張り替え工事を業者に依頼する方法
  5. 外壁の張り替え工事に関してよくある質問

この記事を読むことで、外壁の張り替え工事を依頼する方法や事前に確認すべきポイントなどが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.外壁の張り替え工事が必要なケースは?

最初に、外壁の張り替え工事が必要なケースをチェックしておきましょう。

1-1.既存の外壁を解体・撤去し新しい外壁に張り替える工事

外壁の張り替え工事とは、既存の外壁を解体・撤去し、新しい外壁に張り替える工事のことです。古い外壁を撤去し新しい外壁に生まれ変わるので安心して長く住み続けるメリットがあります。また、防水紙や胴縁など壁の内側にある下地もメンテナンスが可能です。そのため、外壁の表面だけでなく、下地が傷んだり劣化状態がひどかったりする場合に張り替え工事を行うことになるでしょう。下地が傷んでいる場合、塗装だけでは不十分です。下地をきちんと補修することで塗装の効力も発揮できます。

1-2.外壁から雨漏りが発生している場合

雨漏りが発生しているときは、外壁の張り替え工事を行ったほうがいいでしょう。外壁は常に紫外線や雨風にさらされているので劣化スピードが家の中でも速いといわれています。すでに雨漏りが発生しているということは、下地まで影響を受けている証拠です。外壁の表面に発生しているひび割れから雨水が入り込み、下地を傷めている可能性があります。その場合は下地補修が必要になるため、既存の外壁の上から新しい外壁を張るカバー工法だけでは不十分です。

1-3.メンテナンスを長年していない場合

外壁のメンテナンスを長年行っていない場合も、外壁の張り替え工事をおすすめします。一般的に、外壁のメンテナンスは約10年に1度実施するのが理想です。外壁材や外壁塗装の種類によって異なりますが、新築から10年を目安にメンテナンスを行い劣化箇所を修繕することで耐久性を維持し続けることができます。長年メンテナンスを怠っていた建物は激しく劣化している可能性があるため、外壁の張り替えが必要になるでしょう。

2.外壁を張り替える前に確認すべきこと

ここでは、外壁を張り替える前に確認すべきことをいくつか紹介します。

2-1.まずは劣化状況を確認する

外壁の張り替え工事を行う前に、まずは外壁がどのような状況になっているのか・どこがどのくらい劣化しているのか確認することが大切です。外壁の劣化状況をより細かく確認することで、最適な補修工事やプランが導き出せます。主に、外壁の張り替えは劣化状況の深刻度が3の場合に適しているといえるでしょう。深刻度1~2のレベルであれば塗装リフォームで十分です。なお、劣化状況の深刻度に関しては、以下のとおりとなります。

  • 深刻度1:カビ・コケ・藻(も)・色あせ
  • 深刻度2:チョーキング現象・塗装の剝離
  • 深刻度3:ひび割れ(クラック)・モルタル外壁の剝離

2-2.張り替えが必要な範囲を確認する

劣化状況と併せて、張り替えが必要な範囲を確認することも大切です。基本的に、多くの劣化状況は塗装で十分な対処が可能ですが、雨漏りなどで下地が侵食されていると張り替えが必要となります。ただし、サイディング外壁で一部だけ劣化している状態なら、部分的な張り替えで対処できるでしょう。部分的な張り替えなら費用を最小限に抑えることができます。劣化状況を確認すると同時に、張り替えが必要な範囲も専門業者にチェックしてもらうといいでしょう。

3.外壁の張り替えにかかる費用と工事期間

ここでは、外壁の張り替えにかかる費用と工事期間について解説します。

3-1.一般的な目安は約150万~250万円

劣化状況や張り替えが必要な範囲によって異なりますが、一般的な30坪程度の住宅であれば約150万~250万円が目安になるでしょう。主な内訳は以下のとおりです。

  • 施工費:40万~70万円
  • 材料費:50万~110万円
  • シーリング:10万~20万円
  • 既存外壁解体:10万~30万円
  • 足場:10万~15万円
  • 諸経費:10万~30万円

あくまで目安となるため、もっと高くなったり安くなったりする可能性もあります。また、外壁の張り替えは既存の外壁材を撤去する費用もかかるので要注意です。モルタル外壁の住宅をサイディング外壁に張り替えるなど、まったく違う外壁材を利用する際は既存外壁の解体費用が約160万~270万円と割高になります。

3-2.新しく張り替えるサイディングボードの費用

古い外壁材を撤去し新しいサイディングボードに張り替える場合、種類によって費用が大きく異なります。主な種類は、窯業系・金属系・木質系・樹脂系の4種類です。それぞれの特徴と相場(30坪)は以下のとおりとなります。

  • 窯業系サイディング(60万円):最も普及している種類でデザイン性が高い。
  • 金属系サイディング(48万円):非常に軽量でコストパフォーマンスに優れている。外壁の重ね張りでよく採用される種類
  • 木質系サイディング(72万円):デザイン性が高く木目調が特徴。メンテナンスが多く必要なので普及率は低い
  • 樹脂系サイディング(108万円):施工難易度が高く扱える業者が少ない。ほとんどメンテナンスが必要ない点が大きなメリット

3-3.工事期間は約2〜4週間

外壁の劣化状況や施工範囲によって異なりますが、外壁の張り替えは既存の外壁材を撤去することになるため、2~4週間ほど工期がかかるでしょう。雨の日は作業が中断することになるので、天候不良が続くと1か月以上かかる可能性もあります。また、外壁内部の劣化が激しい場合も工期が延びやすいので要注意です。

3-4.リフォーム補助金が利用できる!?

自治体によっては、リフォーム補助金を利用することで外壁の張り替え費用を抑えることができます。たとえば、東京都渋谷区の場合、住宅簡易改修工事費助成が利用可能です。ただし、補助対象となる工事は住宅のリフォームまたは外まわりのリフォーム、補助金額は10万円を上限に工事費用の20%となっています(現在は受付が終了)。各自治体のホームページ等で、補助金が利用できるか確認しましょう。

4.外壁の張り替え工事を業者に依頼する方法

それでは、外壁の張り替え工事を業者に依頼する方法と主な流れについて解説します。

4-1.外壁リフォーム・外壁塗装業者に依頼する

外壁の張り替えを行っているのは、外壁リフォーム・外壁塗装業者です。ほとんどの業者では、無料外壁診断を行っているので、まずは外壁の調査を依頼してください。どこがどのように劣化しているのか・どうすれば補修できるのかなど具体的な説明を受けてから正式に依頼しましょう。外壁リフォーム工事は手抜きしやすいといわれているため、中には不正を働く悪徳業者が存在しています。実際に、「見積書に書かれていない費用を請求された」「きちんと工事をしてくれなかった」というトラブルが起きているので業者選びには注意が必要です。

4-2.業者選びのポイントをチェック!

どの業者に依頼したほうが良いのか分からないと業者選びで悩んでいる方は、以下のポイントを参考にしてください。そして、複数の業者を比較することで、悪徳業者を見極めることができるでしょう。

  • 屋根や外壁の無料診断を行っているか
  • サービス内容が充実しているか
  • どのような方法で工事を行うか丁寧に説明してくれるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 工事保証が整っているか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 実際に工事を依頼した人の口コミや評判がいいか

静岡・浜松・沼津を中心に外壁リフォーム工事を行っているテンイチでは、無料外壁診断や無料相談を受けつけています。外壁の張り替えなどで悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

4-3.張り替えの主な流れをチェック!

外壁の無料診断を業者に依頼した後、どのような劣化が起きているのか・どこをどのように補修すればいいのか説明を受けます。工事プランと見積書を細部までチェックした後、正式に依頼し工事開始日を決めることになるでしょう。外壁の張り替えは時間がかかるので、あらかじめ工事の流れを確認することが大切です。主な流れは以下のとおりとなります。

  1. 足場を仮設する
  2. 劣化箇所の外壁材を撤去する
  3. 腐っている箇所の柱や梁を補強する
  4. 構造用合板と防水紙を張る
  5. 新しい外壁材を張り、まわりをシーリングする

大まかな流れは上記のとおりですが、外壁の劣化状況によっては変更の可能性もあります。念のため、追加費用が発生するケースなどもチェックしておくと安心です。

5.外壁の張り替え工事に関してよくある質問

外壁の張り替え工事に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.外壁の張り替えを行うメリット・デメリットは?
A.下地の補修が行えるほか、住宅の外壁重量を増やすことなくリフォームができる点です。重ね張りの場合、既存の外壁材の上から新しい外壁材を張ることになるため、住宅の外壁重量が増えてしまいます。そのため、耐震性がやや低下するいうデメリットがあるのです。けれども、張り替え工法は費用や工期がかかる分、既存の外壁材を撤去するので重量増加の心配はありません。

Q.張り替えと重ね張り、どちらのほうがいいのか?
A.基本的に、外壁の劣化具合によって判断することになります。外壁の表面だけ劣化している場合は塗装だけで済みますが、中度の場合は重ね張り、重度なら張り替えになるでしょう。劣化具合がそこまでひどくなくてもデザインを変えたいのであれば、重ね張りよりも張り替えがおすすめです。ただし、張り替えは費用がかかるので予算と相談しながら決めたほうがいいでしょう。

Q.張り替えに向いていない外壁材は?
A.モルタル外壁です。モルタルはセメントに砂を混ぜて練ったもので、壁に塗りつけることで成型し守るたり外壁を作り上げます。窯業系・金属系サイディングとは違ってパネルやボードを張りつけるのではなく、つなぎ目のない外壁となるため、張り替えことができません。重ね張りは可能ですが、張り替えには向いていないので注意してください。

Q.張り替え作業中にチェックすべきことは?
A.工事前に近隣住民へ挨拶を必ずすることです。一般的に、施工業者が近隣住民へ挨拶をしますが、依頼主である本人も一言伝えておいたほうが近隣トラブルを未然に防ぐことができます。業者の中には、挨拶をしない悪質な業者が存在しているので要注意です。また、工事中は足場を組んでいるので2階の窓から簡単に侵入できるようになっています。工事中、泥棒の被害に遭(あ)う可能性があるため、施錠をしっかりとするように心がけましょう。

Q.張り替え工事後に確認すべきことは?
A.きちんと工事内容のとおりに実施されているか、業者と一緒に最終チェックを行うことが大切です。補習を忘れた部分があったとしてもきちんと指摘しなければ直してくれない業者もいます。後でトラブルにならないためにも、工事が終わった段階で必ずチェックしましょう。問題があれば、すぐその場で業者に尋ねることが重要です。シーリングの部分や外壁材の色など、細部まで確認してください。

まとめ

簡単な補修だけではまかなうことができない経年劣化や損傷の場合、外壁の張り替え工事を行うことになるでしょう。カバー工法は既存の外壁の上から新しい外壁材を張りつける方法ですが、張り替えは既存の外壁材を撤去します。そして、新たな外壁材に張り替えることで、よりきれいな外壁に仕上げられるでしょう。外壁の張り替えは外壁材を自由に選ぶことができるため、大幅なイメージチェンジも可能です。具体的な工事方法や見積もりを確認した上で、実績がある業者に依頼してください。