外壁塗装中に必要な防犯対策は? 犯罪に狙われる理由も併せてご紹介


外壁塗装中は、普段とは異なる生活を送ることになるのに加え、足場などをかけることにより、犯罪のターゲットになる可能性があります。犯罪に巻き込まれる不安があると、外壁塗装をためらってしまう場合があるでしょう。とはいえ、建物や家を良好な状態で維持するため、外壁塗装は定期的に行わなければなりません。外壁塗装中はどんな犯罪に狙われやすいのか、具体的にできる防犯対策はないのかなど、さまざまな疑問が出てくるでしょう。外壁塗装を安全に行うためにも、防犯対策について知っておくことが大切です。

そこで、本記事では、外壁塗装中に起こりやすい犯罪や狙われやすい理由などをご紹介します。

  1. 外壁塗装中は犯罪に狙われやすいのか?
  2. 外壁塗装中の家が狙われやすい理由
  3. 外壁塗装中の防犯対策について
  4. 外壁塗装中の防犯対策でよくある質問

外壁塗装中、犯罪に巻き込まれるのは怖いですよね。きちんと防犯対策を整え、外壁塗装を安心して行えるよう準備しておきましょう。

1.外壁塗装中は犯罪に狙われやすいのか?

外壁塗装中は、普段とは環境が変わってしまうため、犯罪に狙われるリスクが高まります。どのような犯罪のターゲットになる可能性があるのでしょうか? 具体例を見ていきます。

1-1.空き巣

外壁塗装中は足場をかけることにより、室内への侵入がしやすくなるため、家族や施工者の不在時を狙った空き巣被害に遭う可能性が高くなります。特に、夜間は空き巣がベランダや屋上などに身を隠して潜んでいても、周囲から気づかれにくいので注意が必要です。

1-2.盗難被害

外壁塗装中は人の出入りが多くなるため、施工者に混じって敷地内に犯罪者が出入りしても違和感を抱かない場合があります。玄関などに置いてあったものが盗難被害に遭うケースもあるため、外壁塗装中は大切なものを家の中へしまいましょう。

1-3.盗撮被害

夜間は空き巣だけでなく、足場を登ってベランダなどに侵入し、室内を盗撮されてしまう可能性もあります。盗撮被害により、家族構成や在宅時間などを知られてしまうのです。家庭の事情が明らかになると、さらなる犯罪に巻き込まれるリスクがあるため、警戒しなければなりません。

1-4.物損被害

既述したとおり、外壁塗装中は人の出入りが激しくなります。施工者を装って犯罪者が敷地内に侵入し、ものの破壊など物損被害を受ける可能性もあるのです。庭先に置かれたものだけでなく、故意に窓などを割られてしまうこともあるので注意してください。

2.外壁塗装中の家が狙われやすい理由

なぜ、外壁塗装中の家が犯罪に狙われてしまうのでしょうか? 理由を考えていきます。

2-1.足場

足場をかけることにより、簡単に室内へ侵入することができるようになることが、犯罪のターゲットになる理由です。高層階でも足場があれば、簡単に登れてしまいます。また、足場は逃走経路にもなることから、外壁塗装中は犯罪への警戒を高めておかなければなりません。

2-2.周囲から見えにくくなる

外壁塗装中は建物を養生するシートで覆うため、周囲から窓・玄関・ベランダ付近が見えにくくなります。犯罪者が身を隠していても気づきにくく、通報が遅れてしまうケースも多くあるのです。あえて足場や養生がなされている建物を狙い、犯行に及ぶ悪質なケースも目立ちます。

2-3.人の往来が増える

外壁塗装中は、人の往来が増えます。そのため、誰が施工者か分かりにくく、犯罪者が紛れ込んでいても気づかないケースがあるのです。ベランダだけでなく、玄関が侵入経路となって盗難や空き巣などの被害に遭うケースもあるので注意してください。

3.外壁塗装中の防犯対策について

外壁塗装中は、どのような防犯対策を講じればいいのでしょうか? 具体的な対策をご紹介します。

3-1.戸締まりを徹底する

外壁塗装中は、普段より戸締まりを徹底しましょう。窓は必ず閉め、補助錠などを併用し、空き巣が侵入しにくくすることが大切です。トイレや風呂場も侵入経路となるため、カギをしっかり閉めておきましょう。

3-2.カーテンを閉める

カーテンを閉め、室内が見えない状態にしておくことも重要です。盗撮被害などを防ぐ効果があるだけでなく、在宅時間や家族構成などを知られる心配も和らぎます。

3-3.足場の出入り口にフェンスを設置する

業者に依頼し、足場の出入り口にフェンスを設置してもらいましょう。侵入に時間がかかると想定される場所には、犯罪者は立ち寄りません。フェンスの設置にあたり、費用が余分にかかるケースがあります。しかし、家族の安全を守る対策として行っておきたい方法です。

3-4.無足場工法にしてもらう

足場が侵入経路になりやすいことから、無足場工法を採用している業者に外壁塗装を依頼することも1つの方法です。無足場工法は、熟練した技術を要することから、実績豊富な業者を選んで依頼しましょう。

3-5.むやみに業者を自宅へ入れない

外壁塗装の業者は、室内のリフォームを伴う場合を除き、原則として室内へ入ることはありません。犯罪者が紛れている可能性を考慮し、むやみに業者を自宅へ入れないでください。

3-6.防犯カメラ・防犯センサーなどの設置

外壁塗装中の犯罪を抑止する対策として、防犯カメラや防犯センサーを設置する方法があります。防犯センサーは、夜間に足場やベランダに人がいると、反応して自動でライトが光るようになっているため、有効な防犯対策となるでしょう。業者によっては、外壁塗装中の防犯対策として、工事プランに有償で組み込んでくれる場合があります。

4.外壁塗装中の防犯対策でよくある質問

外壁塗装中の防犯対策に関する質問を集めました。

Q.DIYで外壁塗装をする際も犯罪に注意しなければならないのか?
A.はい、注意が必要です。外壁塗装をする際は、臭気などがこもることがあり、窓を開放するケースがあるでしょう。作業に集中し、犯罪者が家に侵入するのに気づかない場合もあります。常に防犯意識を持ち、施錠などを徹底してください。

Q.養生シートで覆われていても、カーテンは閉めたほうがいいのか?
A.はい、閉めたほうが安心です。養生シートの内側に侵入した不審者の姿は、道路から見えにくくなります。そのため、犯罪が起きても、発見が遅れてしまうため、カーテンを閉めて室内へ簡単に侵入できないようにすることが大切なのです。

Q.室内の電気を点(つ)けたままにしておくと、防犯対策になるのか?
A.はい、なります。留守にしている時間帯を悟られにくくなるため、防犯対策として有効です。外壁塗装の期間だけでも、カーテンを閉め、電気を点けたままにしておきましょう。

Q.防犯意識を高めるために玄関周りでできることはあるのか?
A.はい、あります。ポスト内に郵便物や新聞を溜(た)め込まないことです。長期間の不在などを不審者に知られてしまう可能性があるため、空き巣に入られてしまう場合があるでしょう。こまめにポストをチェックすることが大切です。

Q.外壁塗装に備え、窓を強化するのも防犯対策になるのか?
A.はい、なります。二重ガラスや三重ガラスにリフォームする方法です。空き巣は、窓を割って侵入するケースが目立ちます。しかし、窓が強化されていると侵入に時間がかかるため、侵入を諦めるケースが多いのです。外壁塗装の予定がある方は、窓のリフォームも検討してみてください。

まとめ

外壁塗装中は、犯罪に狙われる可能性があります。犯罪のターゲットになる原因は、足場が侵入経路になる・人の出入りが多くなる・周囲から見えにくくなることなどです。思わぬ犯罪に巻き込まれないよう、外壁塗装中の防犯対策を施しましょう。具体的な対策を知り、安心して外壁塗装をしてもらえるよう工夫してみてください。