好きな色より似合う色を!! 外装塗装、色選びのポイント。


カラフルな外壁

屋根や外壁などの色は家の印象を決める大切なもの。
家を建てるときに悔いのないように時間をかけて選び抜いた、という方も多いのではないでしょうか。
しかし、それでも失敗してしまうことも多いのです。
それはいったいどうしてでしょうか?

外装塗装で多い失敗とは

  • 汚れが目立つ
  • 思ったより安っぽい色になってしまった
  • 周りの家から一軒だけ浮いてしまった

というもの。
せっかく一生懸命選んだ色なのに、「いざ塗ってみたらがっかり」では悲しいですよね。
では、このような失敗を防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか?

明るい色の家は周囲から浮きやすい

色の鮮やかさを表す「彩度」という言葉があります。
赤・青・黄色の「色の三原色」は最も彩度が高くなり、それに白、もしくは黒を混ぜていくにつれて彩度が低くなっていきます。
ですから、同じ色でも彩度が高いものと低いものがあるわけですね。
一般的に家の外装を塗装するときは、業者が「色見本」というものを持ってきます。
「あなたの家はこんな色に塗れますよ」というサンプルですね。
どうせなら自分の好きな色を選びたい、という人も多いでしょうが、今の日本の住宅の外壁は「彩度の低い地味な色」が一般的です。
外壁に使われている色は、白・ベージュ・グリーン・ブルー・グレーくらい。
それ以外の色は商業施設などの目立たせることが目的の建物に使われることが多いのです。
ですからあまり奇抜な色や彩度の高い色を選んでしまうと、周囲の家から浮いて悪目立ちしやすくなってしまいます。

色は広い面積でみると明るくなる

色見本でちょうどよい色を選んだはずなのに、実際に塗ってみたら想像以上に明るくてなんだか安っぽくなってしまった。
これは色の面積効果によるもので、広いところに塗ると明るい色はより明るく、鮮やかに 見えるのです。
ですから、小さい面積ではちょうどよく見える色も、広い面積に塗ると「明るすぎた」という失敗が起こりやすいのですね。
色見本で素敵な色に巡り合えたら、実際は彩度をひとつ落とすとイメージ通りの色に仕上がります。
しかし、暗い色を広い面積に塗ったら明るく見える、ということはなく、余計に暗く見えてしまいます。
色の濃さを表す言葉を「濃度」といいますが、こちらは色見本よりひとつ上げるとイメージに近い色になますよ。

ブルー系は汚れが目立ちやすい

最近はブルーも外壁に人気の色のひとつですが、薄いブルーは白と区別がつきにくく、なおかつ汚れが目立ちやすい色なのです。
大きな国道のそばなど排ガスやブレーキダストによって外壁が汚れやすい土地に家を建てる場合は、ブルーは避けたほうが無難でしょう。
どうしても、という場合は目立つことを覚悟で濃い目、暗い目のブルーを選ぶことです。

屋根の色は同系色で少し地味かな? くらいの色に

屋根も外壁と一緒に塗装工事をする場合は、同系色の色を選んだ方がまとまりが出ます。
また、屋根の形によって似合う色、似合わない色がありますので、好きな色よりも似あう色を塗ったほうが、後でよかったと思えます。
また、「ちょっと地味かな」と思う色に壁も屋根もまとめたほうが、長い目で見て飽きが来ません。

いかがでしたでしょうか。
外壁塗装の色選びで迷っている皆様のご参考になれば幸いです。