外壁工事ではご近所の挨拶も重要! タイミング・範囲・注意点を解説!


「もうすぐ外壁工事の予定があるけど、ご近所挨拶は必要だろうか」「外壁工事前のご近所挨拶を行うときの注意点を知りたい」とお考えではないでしょうか? 外壁工事をスムーズに進めるためにも、ご近所挨拶はとても重要です。しかし、実際にどんなタイミングでどこまで挨拶すればよいかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、外壁工事前のご近所挨拶について詳しく解説します。

  1. 外壁工事前にご近所挨拶は必要?
  2. 外壁工事前のご近所挨拶はどこまで行うべきか?
  3. 外壁工事前にご近所挨拶を行うタイミングは?
  4. 外壁工事前のご近所挨拶で伝えるべきポイント
  5. 外壁工事前のご近所挨拶に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁工事前にご近所挨拶を行うポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.外壁工事前にご近所挨拶は必要?

最初に、外壁工事前にご近所挨拶が必要な理由について見ていきましょう。

1-1.外壁工事によるクレームを予防する

外壁工事前にご近所挨拶が必要な理由に、外壁工事によるクレームを予防することが挙げられます。外壁工事では、塗料の臭いや飛び散り、振動や騒音などが発生することが多く、ご近所よりクレームが付きやすいのです。しかし、事前にご近所挨拶を行うことで、ご近所が工事中に外出する、洗濯ものを屋外に干さないなどの対応を進めることができ、クレームを予防できます。

1-2.外壁工事をスムーズに進める

外壁工事をスムーズに進めるのも、外壁工事前にご近所挨拶が必要な理由になります。たとえば、外壁工事中は、道路に業者の車両を停車することもあるでしょう。その際、事前に知らせておけば、工事が始まる前に自分の家の車を移動してもらえたり、工事中の通行を控えてもらえたりするのです。また、塗料の飛散を防ぐために、屋外に置いてあるものを移動してもらうこともでき、外壁工事がスムーズに進みます。

1-3.今後のご近所付き合いを円滑にする

外壁工事前にご近所挨拶を行うことで、今後のご近所付き合いを円滑にすることも可能です。外壁工事自体は、家主に行う権利があるため、ご近所の承諾を得なくても進めることができます。しかし、事前に一言もなく工事を始めてしまうと、ご近所が不信感を抱いてしまうものです。すると、外壁工事が終わった後も、ご近所付き合いに影を落としてしまうことがあるので気を付けてください。

2.外壁工事前のご近所挨拶はどこまで行うべきか?

外壁工事前のご近所挨拶はどこまで行うべきか、詳しく見ていきましょう。

2-1.一軒家は両隣・向かい3軒・裏3軒の合計8軒が基本

一軒家の場合、外壁工事前のご近所挨拶は、両隣・向かい3軒・裏3軒の合計8軒が基本になります。この8軒は、外壁工事による影響を大きく受けやすいからです。そのため、最低限でも8軒にはご近所挨拶を済ませておきましょう。そのほかにも影響が気になる家があれば、挨拶しておくと安心です。

2-2.マンションなどの集合住宅は広範囲に挨拶する

マンションなどの集合住宅は、一戸建てよりも外壁工事が長期かつ大掛かりになるため、広範囲にご近所挨拶を行うことがおすすめです。たとえば、工事車両の行き来や駐車により、ご近所の車両通行に支障が出る可能性があります。また、騒音や振動が大きくなることからも、建物の周辺を中心になるべく広範囲に挨拶しておいたほうがよいでしょう。

3.外壁工事前にご近所挨拶を行うタイミングは?

外壁工事前にご近所挨拶を行うタイミングは、いつが最適なのでしょうか。

3-1.外壁工事開始の1週間前までに行う

外壁工事前のご近所挨拶は、工事を開始する1週間前までに行いましょう。直前に挨拶するのでは、ご近所も必要な準備を行う時間がありません。それに、不在がちな家の場合は、ご近所挨拶のタイミングを逃がしてしまうこともあるでしょう。そのため、確実にご近所挨拶を済ませるには、最低でも1週間前に行うことが必要です。なお、より広範囲にご近所挨拶をする場合は、工事日程が確定した次点で早めに行うことをおすすめします。

3-2.文書と口頭の両方で伝えることが大切

外壁工事のご近所挨拶は、文書と口頭の両方で伝えることが大切です。まずは、文書で伝えた後、改めて口頭で伝えるようにしましょう。地域の回覧板で回したり、挨拶文を個別にご近所のポストに入れたりするのがおすすめです。文書で大体の内容を把握してもらえば、口頭で挨拶したときにスムーズに話が伝わります。また、ご近所に対して丁寧な印象を与えることができる点でもおすすめです。

3-3.当初と工事内容などが変わったときもご近所挨拶が必要

外壁工事で当初と内容が変わった場合も、ご近所挨拶が必要になります。たとえば、工期が延びたり工事内容が変更になったりした場合などは、きちんとご近所にも伝えておきましょう。最初に伝えた内容や工期が変更になる場合、ご近所に迷惑がかかる可能性があります。思わぬトラブルを避けるためにも、変更が分かりしだい伝えるようにしましょう。

4.外壁工事前のご近所挨拶で伝えるべきポイント

外壁工事前のご近所挨拶ではどんなことを伝えるべきか、詳しく見ていきましょう

4-1.外壁工事のスケジュール

外壁工事前のご近所挨拶では、外壁工事のスケジュールを伝えることが大切です。少なくとも、工事開始日と終了予定日については、必ず伝えてください。同時に、天候しだいではスケジュールの変更があり得ることも付け加えておきましょう。外壁工事は、雨が降ると多くの工程で中断せざるを得なくなります。そのため、最初の段階でスケジュールの変更や延期があり得ることを伝えておくことが大切です。

4-2.外壁工事の内容

外壁工事前のご近所挨拶では、外壁工事の内容も詳しく伝えましょう。同じ外壁工事でも、外壁の補修と外壁塗装のやり直しでは、工事内容が異なります。工事内容によっては、振動や騒音のほうが気になることもあれば、塗料などの臭いや飛び散りに気を付ける必要があることもあるでしょう。

4-3.外壁工事による影響

外壁工事による影響も、ご近所挨拶で伝えておくべきことです。実際にどんな影響があるか事前に伝えておけば、ご近所も心構えができます。すると、多少の問題なら大目に見てもらえることもあるでしょう。また、外壁工事の影響を受けないよう、ご近所が事前に対応できるのも大きなメリットです。

4-4.何かあったときの連絡先

外壁工事前のご近所挨拶では、何かあったときの連絡先も伝えておきましょう。ご近所挨拶を問題なく終えても、何らかの理由によって苦情に至ることもあります。しかし、事前に連絡先を伝えておくことで、苦情の内容を連絡してもらえ、すぐに対応することが可能です。苦情をスムーズに解消できれば、ご近所トラブルが大きくならずに済みます。

5.外壁工事前のご近所挨拶に関するよくある質問

最後に、外壁工事前のご近所挨拶に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.外壁工事前のご近所挨拶では粗品を持っていくべきか?
A.可能ならば、持参するとよいでしょう。粗品の金額は、500~1,000円程度のもので構いません。タオルやハンカチ・ティッシュペーパーなど、手軽に使えるものを渡すと、気遣いをしている印象が強くなり、外壁工事によるトラブルの予防につながります。

Q.ご近所とはいえない家から外壁工事の苦情を受けたのですが?
A.まずは、苦情の内容に耳を傾けましょう。外壁工事では、遠方の家にも思わぬ影響を与えていることもあるからです。場合によっては、すぐに対応して改善することも必要でしょう。

Q.外壁工事はどんな業者に依頼すべきか?
A.以下のポイントを満たす業者がおすすめです。

  • 外壁工事の実績が豊富にある
  • 丁寧な作業や高品質な仕上がりで定評がある
  • スタッフの言葉遣いや態度が丁寧で感じがよい
  • 顧客からの評判がよい
  • 現場視察や見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 希望の工期に合わせてもらえる
  • 保証やアフターサービスが充実している

なお、当テンイチでも数多くの外壁工事をお受けし、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

Q.外壁工事前にご近所挨拶すればトラブルにならない?
A.断言できません。ご近所挨拶をきちんと行っても、予期せぬトラブルが発生することもあり得ます。しかし、事前にご近所挨拶を行っておくことで、トラブルが大きくなるのを防ぐことは十分に可能です。

Q.業者にご近所挨拶を任せるのに不安が残るのですが?
A.信頼できる業者なら、不安を感じることはありません。外壁工事をスムーズに進めるためには、ご近所挨拶が重要な意味を持つことを深く理解しているからです。なお、当テンイチでも、外壁工事前にはご近所挨拶を丁寧に行っていますので、ご安心ください。

まとめ

今回は、外壁工事前のご近所挨拶について詳しく解説しました。外壁工事は、ご近所に騒音・振動・塗料の臭い・飛び散り・車両の通行問題など、何かと影響を与えてしまうものです。外壁工事前のご近所挨拶は、思わぬご近所トラブルを予防する、外壁工事をスムーズに進めことができるなど多くのメリットがあります。この記事を参考にして適切なタイミング・内容で、外壁工事前のご近所挨拶を行ってみてください。