外壁の雨だれはなぜ発生するのか? 効果的な除去方法を一挙公開!


「外壁の雨だれが気になる」「自分で除去できるのか?」とお困りではありませんか? 雨だれは建物全体の見た目を悪くするため、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。雨だれは自分で除去できる場合もあるので効果的な方法を知っておくと安心です。

今回は、雨だれができる原因や除去する方法・業者に依頼する場合の注意点などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 外壁にできる雨だれの正体は?
  2. 外壁の雨だれを除去する方法
  3. 雨だれ除去は業者にも依頼できる
  4. 雨だれの発生を防ぐポイント
  5. 外壁の雨だれに関するよくある質問

この記事を読むことで、雨だれを落とすのに効果的なアイテムや、洗浄を依頼する業者の選び方などが分かるはずです。

1.外壁にできる雨だれの正体は?

まずは、雨だれの正体や発生原因についてまとめました。

1-1.外壁の汚れが雨によって洗い落とされた跡

雨だれは、外壁に付着していたさまざまな汚れが雨によって洗い流され、跡になって残ったものです。外壁にはホコリや排気ガス・花粉などの汚れが付着しており、雨が降ると雨水とともに洗い流されます。このとき、完全に洗い流されずに水分だけが乾燥して汚れが黒ずみのように残ってしまうのです。

1-2.経年劣化とともに目立ちやすくなる

雨だれは外壁の経年劣化が進むとともに目立ちやすくなるのが特徴です。塗装したての外壁は水や汚れを弾く力が十分にありますが、年数がたつとこのような効果も薄れてきます。特に、白い外壁だと雨だれが目立ちやすいでしょう。

1-3.窓サッシの下などに発生しやすい

雨だれが特に発生しやすいのが、窓サッシの下側やバルコニーの手すり下など、雨水のとおり道になりやすい場所です。放置すると雨だれによる汚れがどんどん下に伸びて広がっていき、美観を損ねてしまいます。

2.外壁の雨だれを除去する方法

おすすめのアイテムを使って雨だれを掃除する手順をまとめました。

2-1.中性洗剤

雨だれには排気ガスなどの油分も含まれているため、中性洗剤を使うと効果的に落とすことができます。食器用洗剤や浴室用の洗剤を使って試してみるとよいでしょう。まず、外壁表面のホコリなどをホースで水をかけて洗い流してから、ぬるま湯で薄めた中性洗剤をスポンジにつけて外壁を優しく洗ってください。強くこすると外壁表面を傷つけてしまうので注意しましょう。最後にホースで水をかけて洗剤を洗い流し、タオルなどで水分を拭き取って完了です。

2-2.外壁用クリーナー

上記の方法で効果がなかった場合は、市販の外壁用クリーナーを使ってみましょう。雨だれの除去に特化したクリーナーを使えば高い効果が期待できます。使用方法はクリーナーの種類によって異なるため、必ず説明書を読んでから取りかかってください。

2-3.高圧洗浄機

洗剤を使いたくない場合は、高圧洗浄機を使って雨だれを除去する方法がおすすめです。高圧洗浄機が1台あるとさまざまな場所の掃除に役立つため、この機会に購入を検討するのもよいでしょう。ただし、水圧が強すぎると外壁を傷めてしまう原因になるので注意が必要です。

3.雨だれ除去は業者にも依頼できる

雨だれ除去を業者に依頼することも検討してみましょう。

3-1.複数の業者に見積もりを依頼する

雨だれ洗浄を業者に依頼した場合、費用は業者によってまちまちです。そのため、最初から1社に絞るのではなく、複数の業者に無料見積もりを依頼して比較することをおすすめします。大まかな相場を把握しておけば、提示された金額が妥当なのかすぐに分かるでしょう。悪徳業者を選んでしまうリスクも減るはずです。

3-2.優良な業者選びのポイントをチェック

雨だれの洗浄を業者に依頼する際は、業者選びが重要なポイントになります。以下の条件に当てはまる業者を選ぶとよいでしょう。

  • 雨だれ除去の実績が豊富
  • 料金体系が明確
  • 見積書に不明確な項目がない
  • 保証やアフターフォローが充実している
  • 丁寧でスピーディーな対応

3-3.注意が必要な業者は?

悪質な業者を利用してしまうとトラブルに巻き込まれる可能性があるため、十分注意してください。特に、突然訪問してきて強引に契約を迫るような業者は利用しないほうがよいでしょう。何度断ってもしつこく玄関先に居座るのは、悪徳業者がよくやる手口の一つです。

4.雨だれの発生を防ぐポイント

なるべく雨だれが発生しないようにするための予防のポイントをご紹介しましょう。

4-1.雨だれが発生しやすい場所に水受けを設置する

雨だれは雨水が流れ落ちやすい場所に発生するため、窓のサッシ下やバルコニーの手すり下などに水受けを設置するとよいでしょう。雨水が外壁を伝って落ちていくのを防ぐことができます。設置する際にはリフォーム業者などに依頼する必要があるため、1か所につき費用はいくらかかるのか事前に確認しておくのがおすすめです。

4-2.塗料の選び方に注意する

外壁を塗装する際の塗料選びにも注意が必要です。セルフクリーニング機能がある塗料や光触媒塗料など、汚れにくい塗料を選ぶことで雨だれが発生しにくくなります。また、色選びの際にもなるべく汚れが目立ちにくいものを選ぶようにしましょう。特に雨だれが目立ちにくいのが、グレーの外壁です。塗装業者にも相談しながら、慎重に決めていくことをおすすめします。

5.外壁の雨だれに関するよくある質問

「外壁の雨だれを何とかしたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.雨だれが目立つようになってきたのは、外壁が劣化してきている証拠でしょうか?
A.その可能性が高いです。前回塗装してから8~10年が経過している場合は、外壁の状態を業者に点検してもらったほうがよいでしょう。

Q.雨だれを洗浄するときの注意点を教えてください。
A.高所の作業は転倒や落下の危険性があるので十分注意しましょう。また、雨の日や風が強い日はせっかく掃除をしてもまたすぐ汚れがついてしまうので避けるべきです。

Q.雨だれは研磨剤入りの洗剤を使って掃除してもよいでしょうか?
A.研磨剤入りの洗剤は絶対に使わないようにしてください。外壁表面が傷ついてしまいます。

Q.雨だれを何度洗浄してもすぐまた発生してしまうのですが、どうすればよいですか?
A.塗料の防汚効果が低下していることが考えられるため、外壁塗装を検討すべきでしょう。

Q.業者に外壁の高圧洗浄を依頼した場合の費用はどのくらいですか?
A.30坪の戸建てだと3万~5万円前後が相場といわれています。そのほかに足場代が15万~20万円ほどかかるため、外壁塗装などほかにも必要な工事があればまとめて依頼するのがおすすめです。

まとめ

外壁の雨だれ除去におすすめのアイテムや業者に依頼する際の注意点などを詳しくご紹介しました。雨だれは油分も含む汚れなので水洗いでは落ちません。中性洗剤や専用のクリーナーなどを使っても落ちない場合は、業者に依頼することも検討すべきです。