マンションの外壁工事の内容を知りたい! 流れ・注意点をチェック!


「そろそろマンションの外壁工事を行いたいが、どんな流れで進むのだろう」とお考えではありませんか? マンションは、定期的に大規模修繕を行う必要があり、外壁工事もその一つになります。しかし、実際にどんな内容の外壁工事をどんなタイミングで行うべきか、よく分からないこともあるでしょう。それに、外壁工事の流れや注意点なども知っておきたいですよね。

そこで今回は、マンションの外壁工事の内容について詳しく解説します。

  1. マンションの外壁工事の内容は?
  2. マンションの外壁工事が必要な状態は?
  3. マンションの外壁工事を行うときの注意点
  4. マンションの外壁工事の流れ
  5. マンションの外壁工事を業者に依頼する方法
  6. マンションの外壁工事に関するよくある質問

この記事を読むことで、マンションの外壁工事の内容やポイントなどがよく分かります。マンションの外壁工事を行う予定がある人は、記事を読んでみてください。

1.マンションの外壁工事の内容は?

最初に、マンションの外壁工事ではどんな内容を行うのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1-1.外壁洗浄

マンションの外壁工事の一つとして、外壁洗浄が挙げられます。外壁洗浄を行うことで、外壁に付着したさまざまな汚れを除去することが可能です。マンションの外壁は面積が広く、高所部分も多いことから、業者に依頼して洗浄してもらう必要があります。なお、中には汚れではなく、コケや藻(も)・カビが繁殖していたというケースもあるので、気を付けましょう。コケや藻・カビは、外壁材の内部に深く根を張り、外壁をボロボロにしてしまいます。

1-2.外壁塗装のやり直し

マンションの外壁工事では、外壁塗装のやり直しがよく行われます。外壁塗装は、10~15年程度が一般的な寿命です。そのため、大規模修繕のタイミングでやり直すケースが多く見られます。また、マンションの資産価値を高めるために、ハイグレードな塗料で外壁塗装をやり直すケースもあるでしょう。なお、外壁塗装の軽いひび割れなら、外壁塗装のやり直しだけで対応できることもあります。

1-3.ひび割れや脱落の補修

ひび割れや脱落の補修も、マンションの外壁工事でよく行われる方法です。マンションの外壁は、経年や紫外線の影響・強風や地震などによる揺れなどにより、ひび割れや脱落が発生することがあります。ひび割れや脱落は、放置すると汚れや雨水などが染み込んで外壁材の劣化が進むため、発見した時点で補修することが必要です。ひび割れや脱落の程度によっては、コーキング材の注入によって対処できる場合もあります。

1-4.外壁材の交換

外壁材が大きく脱落している、外壁に大きなひび割れがある、外壁内部の鉄筋がサビている、雨もりが見られるといった場合は、外壁材を交換するケースもあります。こうしたケースでは、ダメージが大きく、コーキング材などで補修するだけではマンションの強度を確保できないと判断されるからです。外壁材の交換は、マンションの外壁工事の中で最も大がかりな工事になります。

2.マンションの外壁工事が必要な状態は?

どんな状態だとマンションの外壁工事が必要か、詳しく解説します。

2-1.マンションの外壁が汚れている

マンションの外壁が汚れている場合は、外壁塗装が劣化している可能性が高く、外壁塗装のやり直しが必要になることが多いでしょう。また、外壁塗装のやり直しまではいかなくても、コケや藻・カビが繁殖しているなどの理由により、外壁洗浄を行うことが必要不可欠なケースもあります。マンションの外観が汚れていると美観を損ねるだけでなく、外壁が傷む原因にもつながるので早めに対応するに越したことはありません。

2-2.外壁にひび割れが目立つ

マンションの外壁にひび割れが目立つ場合も、外壁工事が必要です。ごく表面だけの軽いひび割れであれば、すぐに大きな問題にはなりません。しかし、軽いひび割れであっても、広範囲におよんでいると、汚れや雨水が染み込んで外壁が傷む原因になります。また、深いひび割れが目立つ場合は、外壁材の劣化を早く進めてしまったり建物の強度が大きく落ちてしまったりすることから、早急に修繕することが大切です。

2-3.外壁材に脱落がある

マンションの外壁材に脱落があるときは、外壁材の劣化が相当進んでいることが想定されるため、すぐにでも外壁工事が必要になります。特に、基礎に近い部分の外壁材が脱落している場合は、建物の強度に大きく影響するため、危険です。場合によっては、震度5強程度の地震でも、建物が揺れに耐えきれず大きなダメージを受けることもあります。住民の安全を確保するためにも、きちんと修繕してください。

2-4.外壁の鉄筋がサビている

マンションの外壁で鉄筋がサビている場合も、外壁工事が必要な状態です。マンションの外壁に埋め込まれた鉄筋にも寿命があり、徐々に劣化します。鉄筋が劣化すると、サビが発生して外壁を汚すだけでなく、外壁の強度にも大きく影響するため、鉄筋の交換が必要になるのです。広範囲にサビが見られる場合は、周囲の外壁材も同様に広く撤去する必要があるため、工期が想定以上に長引くこともあるでしょう。

2-5.外壁から雨もりが見られる

マンションの外壁から雨もりが見られるときは、外壁に深刻なダメージが発生していると判断できます。雨が降ると内壁にシミが現れる、室内なのに雨の臭いが強くなるといった場合は、外壁から雨もりしている可能性が高いでしょう。雨もりは、放置するとどんどん広がって外壁材を腐食させてしまいます。すると、外壁がボロボロになって強度が極端に落ちるため、雨もりを見つけたらすぐに対処することが大切です。

3.マンションの外壁工事を行うときの注意点

マンションの外壁工事を行うときには、いくつか注意点があります。

3-1.大規模修繕の時期と内容を考慮する

マンションの外壁工事は、大規模修繕の時期と内容を考慮することが必要です。マンションは、国土交通省のガイドラインにより、12年に1回程度、大規模修繕を行って建物の資産価値の維持や安全性の確保などに努めることになっています。そのため、大規模修繕のタイミングで外壁工事を行うのが、一番効率がよいといえるでしょう。ただし、外壁材の脱落や大きなひび割れなど、早急に対処する必要があるときは、大規模修繕のタイミングを待たずに行ってください。

3-2.近隣住民への告知を行い協力を得る

マンションの外壁工事を行うときは、近隣住民への告知を行うことも忘れてはいけません。マンションの外壁工事が始まると、業者の車両が通過・停車することなどにより、近隣住民の車両移動に影響が出ることがあります。また、外壁工事中は、塗料の臭い・振動・騒音などにより、迷惑をかけることもあるでしょう。そのため、事前に告知することが重要になります。事前に告知することで近隣住民に必要な対処をしてもらえるだけでなく、外壁工事に対する心理的な壁が低くなってクレームの予防も可能です。

3-3.周辺の養生や工事の安全性へ最大限の配慮を行う

マンションの外壁工事を行うときは、周辺の養生や工事への安全性に対し、最大限の配慮を行う必要があります。また、足場の設置も確実に行うことが大切です。周辺の養生が不十分だと、塗料が飛び散ったりマンションに傷が付いてしまったりすることがあります。また、適当に足場を組むと、何らかの理由により足場が崩れて大きな事故につながることがあるので、注意してください。

4.マンションの外壁工事の流れ

マンションの外壁工事の流れを、主な手順に沿って見ていきましょう。

4-1.マンションの外壁診断を行う

マンションの外壁工事を行う前に、業者に依頼して外壁診断を行いましょう。外壁診断を行うことで、マンションの外壁にどんなダメージがあるか、どんな内容の修繕が必要になるかなどが具体的に分かります。マンションの外壁工事を効率よく確実に行うためにも、マンションの外壁診断は信頼できる業者に依頼しましょう。

4-2.修繕計画を立てる

マンションの外壁診断の結果を参考にし、必要な修繕内容を確定しましょう。その後、具体的に修繕計画を立ててください。どんな場所でどんな内容の外壁工事を行い、いつまでに完了させるかなどの修繕計画を早めに立てることで、今後の流れがスムーズに進みます。なお、修繕計画を立てるときは、信頼できる業者からアドバイスをもらうと安心です。

4-3.住人に対して説明会を開き同意を得る

マンションの外壁を修繕する計画が固まったら、マンションの住人に対して説明会を開きましょう。マンションの外壁工事は、住人が積み立てた修繕積立金から費用を支払うことになります。そのため、マンションの住人に対し、どんな工事をいつ行うのかなどを告知することが必要です。この説明会を適当に行ったり実施しなかったりすると、クレームにつながることがあるので注意してください。

4-4.修繕計画に沿ってマンションの外壁工事を進める

住人への説明が終わったら、最初に立てた修繕計画に沿ってマンションの外壁工事を進めていきましょう。すべて業者任せにするのではなく、要所要所で視察したり進行具合を確認したりして、順調に外壁工事が進んでいるかチェックすることが大切です。万が一遅れが発生していたり工事内容で気になることがあったりする場合は、業者にすぐ連絡して確認してください。小さなことでも早めに解決しておけば、大きな問題に発展することを防ぐことができます。

5.マンションの外壁工事を業者に依頼する方法

マンションの外壁工事を業者に依頼する方法について、具体的に見ていきましょう。

5-1.信頼できる業者を選ぶポイント

マンションの外壁工事は、以下の条件を満たす業者に依頼すると安心です。

  • マンションの外壁工事で豊富な実績がある
  • 丁寧な作業や高品質な仕上がりで定評がある
  • 現場視察や見積もりは無料
  • 分かりやすくてリーズナブルな料金システム
  • 希望の工期に合わせてもらえる
  • スタッフの教育が行き届いていて感じがよい
  • 顧客からの評判がよい
  • 手厚い保証やアフターサービスがある

なお、当テンイチでも、マンションの外壁工事を多数お受けし、大変ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

5-2.マンションの外壁工事を業者へ依頼する流れ

マンションの外壁工事を業者へ依頼する場合、以下のような流れで進みます。

  1. この記事の「5-1.信頼できる業者を選ぶポイント」を参考にして信頼できる業者を選ぶ
  2. 1で選んだ業者へマンションの外壁工事について相談し、現場視察や見積もりを依頼する
  3. 業者が現場視察の結果や依頼者からの要望を元に、見積もりを作成する
  4. 依頼者が3の内容をチェックし、工事内容・スケジュール・費用などに問題がなければ正式に契約する
  5. 指定日時に業者がマンションの外壁工事を開始する
  6. すべての工程が終了したら依頼者と業者が立ち会い、工事内容や仕上がりを確認して完了

5-3.マンションの外壁工事を業者へ依頼する注意点

マンションの外壁工事を業者へ依頼する場合、金額の安さばかりを重視すると失敗するので注意してください。実際、マンションの外壁工事を激安価格で可能だと必要以上にアピールしている業者に依頼すると、手抜き工事や仕上がりの悪さで大きな不満を残すことが多いからです。また、十分な保証やアフターサービスを受けられない可能性も高いでしょう。マンションの外壁工事で失敗しないためには、金額の安さ以外にもさまざまなポイントをチェックし、信頼できる業者へ依頼することが大切です。

6.マンションの外壁工事に関するよくある質問

最後に、マンションの外壁工事に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.マンションの外壁工事を個人で行ってよい?
A.いいえ。マンションの外壁は、ほかの住人との共有部分となるため、個人で手を加えることはできません。たとえ、所有物件であっても、外壁は自由にリフォームできないのです。マンションの外壁に何らかの不具合や不満があって外壁工事を行いたい場合は、マンションの管理組合に相談してみてください。

Q.マンションの住人から外壁工事の費用がもったいないとクレームが入ったのですが?
A.住人向けの説明会などで、マンションの外壁工事を行うとどんなメリットがあるか理解してもらうことが必要でしょう。たとえば、定期的にマンションの外壁工事を行うことで、安心して暮らすことができます。また、所有物件の場合は、資産価値の維持につながるのもメリットです。

Q.マンションの外壁工事はどれぐらいの費用がかかる?
A.工事範囲や工事内容にもよりますが、最低でも数百万円以上かかることが多いでしょう。マンションは外壁の面積が広く、集合住宅としての強度を確保する必要があるなどの理由から、長期にわたって丁寧に作業を進める必要があるからです。より正確な金額を知りたい場合は、業者へ現場視察や見積もりを依頼して確認してみてください。

Q.マンションの外壁工事はどれぐらいの期間が必要?
A.1~3か月程度が目安になります。特に、大型マンションなどで工事範囲が広い、外壁のダメージが広範囲に広がっているなどの場合は、工期が長引くことになるでしょう。また、雨天による工期の延長も考え、余裕を持って業者へ依頼することが必要です。

Q.マンションの外壁工事で仕上がりに不満があるはどうする?
A.すぐに業者へ連絡して現場視察を依頼してください。明らかに業者の落ち度によるものであれば、すぐに外壁工事をやり直してもらえます。

まとめ

今回は、マンションの外壁工事の内容について詳しく解説しました。マンションは集合住宅であり、一般的には丈夫な設計で作られています。しかし、経年や紫外線などの理由により、外壁の劣化が徐々に進むことに変わりはありません。そのため、マンションの外壁は、大規模修繕の一部として10~12年に1回程度を目安にチェックし、必要に応じた修繕を行うことが一般的です。なお、マンションの外壁工事は、信頼できる業者に依頼することが大きなカギになります。この記事を参考にして信頼できる業者を選び、よく相談してみるとよいでしょう。