外壁塗装で断熱効果を得るための最適な方法は?


日本は四季があり、季節によって大幅に気温が変化します。
近頃は異常気象が日夜ニュースになっていますが、昔のように1年中エアコン無しで過ごすのは難しくなってきました。
そのため、特に夏と冬はエアコンを付けっぱなしという人も少なくないでしょう。
しかし、気になるのはその冷暖房費。
家族が大勢いる場合はなおさらです、
いくら省エネ家電を使っていても、気になりますよね。
家電だけでなく、引越しやリフォームのタイミングを利用して、家全体を見直してみるのも良いでしょう。
そこで今日は、光熱費を大きく左右すると言われる、断熱効果の高い塗装方法をご紹介します。

外壁の断熱はなぜ必要?

家の状態によっては、夏は太陽の光がそのまま差し込んで室内の温度が上昇し、冬は北風が侵入してエアコンの温風が外へで逃げやすくなります。
いくらエアコンを付けても電気代がかさむだけで、体感温度はそれほど変化がない、ということに。
地球にも人にも優しくありませんね。

近年業界で注目されているのが、断熱を考えた建築です。
様々な断熱材がありますが、特に断熱塗料を用いた外壁塗装が注目されています。
ペンキを塗るように壁にローラーで塗る方法で、大規模な改修は不要、また比較的短期間で済むこともあり、施工を希望する人は年々増えているようです。

断熱塗装による変化

実際の事例から見る室内の変化です。
個人差はありますが参考にされてはいかがでしょうか。

  • 氷点下の冬場、夜に暖房を付けなくても翌朝の室内温度は10度以上だった
  • 冬場は何度も購入していた灯油が半分で済むようになった
  • 結露が減りカビが発生しなくなった
  • 夏場のエアコンが部屋中入るようになった
  • 真夏でも室内で汗をかかずにすむ
  • 1年の電気代が半分近く削減できた

外壁に使用する断熱塗料の種類

断熱塗料

塗料成分に特殊なバルーンが含まれているタイプです。
バルーンが外部からの熱気や寒気を反射し、また熱移動を防いで断熱します。
外壁に肉厚に塗ることが重要で、塗装方法を熟知し、かつ経験のある業者に依頼するのが良いでしょう。

遮熱塗料

塗料に含まれる顔料やセラミックが、太陽光の熱をはね返します。
ただ反射を利用した塗料のため、室内への熱通過率は断熱塗料に比べて高い傾向にあるでしょう。
塗料の他に断熱材を併用する人も。

おわりに

いかがだったでしょうか。
省エネ家電全盛期から、少しずつ時代が変化しているのが伺えますね。
もしご興味があれば、断熱塗装の利点、塗料の種類などを含め、まずは信頼できる業者に見積もり・相談することをおすすめします。