マナーは大切! 塗装工事前の近隣挨拶をするときの3つのポイント


挨拶建物の塗装工事をするときには、近隣挨拶が必要不可欠なマナーとなっています。
塗装工事自体はそれほど迷惑にはならなくても、足場の組み立てや解体では騒音が発生してしまうので、近隣の住宅に迷惑をかけてしまうこともあるのです。
ですから、挨拶は必要であると言えるでしょう。
では、塗装工事をするときの近隣挨拶のポイントについて、考えていきましょう。

1.近隣挨拶は工事前のマナー

塗装工事のときには、足場の組み立てや解体など、騒音が発生してしまう工程があります。
ですから、近隣住宅がある場合には、近隣への騒音の迷惑をかけてしまうことになるのです。
ですから、塗装工事をする前には、近隣に必ず挨拶に行くようにしましょう。
工事会社によっては、会社の方で挨拶をしてくれる場合もあります。
ですが、工事を依頼した本人(塗装工事をする家に住んでいる人)も挨拶をしておくべきでしょう。
騒音というのは、普段は静かな住宅街であったりすれば、気になるものです。
ですから、しっかり挨拶をして、迷惑をかけてしまうことへのお詫びをしておくことがマナーなのです。

2.隣近所への近隣挨拶の仕方とは

塗装工事を行う前に近隣挨拶をするときには、「何をして」「どんなことが起こるか」ということを伝えておきましょう。
塗装工事であれば、足場の組み立てや解体で出る騒音が一番分かりやすい、近隣への迷惑となってしまうでしょう。
ですから「塗装工事を行うので、騒音などがあるかもしれません」と挨拶をしておくと、近隣の人も理解を示してくれるでしょう。
平日の工事であっても、中には平日にお休みをとっている人もいるかもしれません。
そういった人がいるかもしれないということに配慮して、迷惑をかけてしまうことをお詫びしておく意味でも、しっかり挨拶をしておくべきなのです。
また、塗装工事では、塗料の飛散などを防止するために近隣住宅の車や壁などに、飛散防止シートをかぶせる場合があります。
このことについては、依頼主では分からないかもしれないので、事前に業者に確認して、飛散防止シートをかぶせることなどについても了承を得たりすることが大切なのです。
隣近所の家など、特に迷惑をかけてしまいそうな場合には、手土産などを持っていくといいかもしれません。

3.隣接する道路を利用する住宅にも挨拶をしておく

塗装工事を行う場合、業者の車などは路上に駐車しておかなければいけない場合があります。
道幅が狭い場合などでは、道をふさいでしまうことで、近隣に迷惑をかけてしまうこともあります。
ですから、塗装工事を行う場所に隣接する道路を利用するであろう家にも近隣挨拶をしておくべきでしょう。
道路をふさいでしまうことで、近隣の人に迷惑をかけてしまうことになるので、その点はお詫びをしておくといいでしょう。
また、このように挨拶をしておくことで、工事が始まってからのトラブルを防ぐことも出来るので、近隣への挨拶は必ず行うようにしてください。

まとめ

  1. 近隣挨拶は工事前のマナーである
  2. 隣近所への近隣挨拶は、工事で出る騒音などをお詫びするものである
  3. 隣接する道路を利用する家にも挨拶をしておく

近隣挨拶をしておくことで、塗装工事中や、工事後の近隣トラブルを防ぐことが出来ます。
何の予告もなくいきなり工事が始まって、騒音に悩まされる日が続いてしまうのは、とても迷惑なことなのです。
塗装工事をするときには、事前に近隣挨拶を行って、しっかり事情を説明して、お詫びをしておくことが大切なのです。