断熱塗料の効果とは? 遮熱塗料との違いや注意点について知ろう!


最近はエコを重視する住宅が増えてきました。
外壁の塗装を「断熱塗料」にして太陽からやってくる熱をカットできます。
断熱塗料とはどのようなものなのか、効果や種類、遮熱塗料との違い、注意点について詳しく説明しましょう。
断熱効果のある外壁塗装を考えている人はぜひチェックしてください。
さまざまな塗料を知り、その中から自分の希望に合ったものを選びましょう。

目次

  1. 断熱塗料とは
  2. 遮熱塗料との違い
  3. 塗装をする際の注意点
  4. まとめ

1.断熱塗料とは

断熱塗料とはどのような外壁塗料なのでしょうか。
住宅のエコを考えている人にはぜひチェックしてもらいたい塗料です。
断熱塗料の種類や効果についても説明します。

1-1.熱をため込む「断熱塗料」

名前のとおり、断熱塗料とは外壁に当たる太陽の熱をカットしつつ熱をため込む塗料のことを言います。つまり、外からやってくる熱の伝導を防いでくれるのです。
そのため、熱は室内に入らず、外壁が暑くなることもありません。
特に、日差しが強い夏には最適な外壁塗料と言えるでしょう。
断熱塗料は外から与えられる熱や寒さを防ぐとともに部屋の温度を保ち続けられます。よって、余計に冷暖房機器を使う必要もありません。
近年エコ住宅への注目度が上がっていることから外壁塗料にもエコを重視する人たちが増えてきました。
塗料を断熱素材にすればより快適な生活空間がつくれるでしょう。
外壁塗装を考えている人はぜひチェックしてくださいね。

1-2.断熱塗料の種類

断熱塗料として発売されているものはたくさんの種類があります。
種類によって工程や耐用年数、適した外壁の種類が異なるので事前にチェックしなければなりません。
大まかに「水性塗料」と「溶剤型塗料」の2種類に分けられます。
「水性塗料」は水で溶かした塗料のことで「溶剤型塗料」は有機溶剤で溶かしている塗料です。水性だからと言って水に弱いわけではありませんが、水性塗料は主に金属系サイディングやRC造、吹き付けタイルなどに使用されます。
そして、溶剤型塗料は主に、金属屋根やカラーベスト、ステンレス、セメント瓦、コロニアルの素材に適しているでしょう。
断熱塗料の特徴によって適した外壁素材も変わります。
このことに注目して目的にぴったりな断熱塗料を使うことが大切です。

1-3.断熱塗料の効果

多くの人が最も気になっているのが断熱塗料の「効果」でしょう。
断熱塗料の大きな効果は、やはり“熱の伝導を弱くすること”です。
太陽から与えられる熱の伝導を防いでくれるので外壁・室内ともに暑さを感じることはありません。
また、寒い冬も外気をカットしてくれるのでより暖かい家になるでしょう。
つまり、夏は涼しく、冬は暖かいとてもエコな塗料だと言えます。
そのため「冷暖房機器のエネルギー消費量も抑える」ことができるのです。
エネルギー消費量がカットできれば節約につながるでしょう。月々にかかる電気代や石油代が節約できるので非常にオススメです。
断熱塗料は外壁を温めることもないのでより長くキレイで丈夫な外壁が保ち続けられます。
このように、断熱塗料にはさまざまな効果があるのです。

2.遮断塗料との違い

2-1.熱エネルギーを反射する「遮断塗料」

断熱塗料とよく間違われる「遮断塗料」について説明します。
遮断塗料も断熱塗料と同じく、エコとして注目されている塗料です。
遮断塗料は太陽光や紫外線など熱になるものをすべて塗料で反射する仕組みになっています。
熱の伝導率を下げる断熱塗料とはまったく違う構造になっているので注意してくださいね。
遮断塗料に欠かせないのが「日射反射率」です。
日射反射率とは熱エネルギーをどのくらい反射できるのかどうか示している値なのでチェックしましょう。
日射反射率が高ければ高いほど熱エネルギーを反射し、より室内の温度を保ち続けられると言われています。
遮断塗料はこのように熱エネルギーを“反射”する塗料であることを覚えておいてくださいね。

2-2.どちらを選べば良いの?

断熱塗料か、それとも遮断塗料どちらを選べば良いのか分からない人も多いでしょう。
基本的な構造は同じですが、熱を反射するのが「遮熱塗料」、熱を伝わりにくくするのが「断熱塗料」です。
どちらとも外からやってくる熱エネルギーを抑え、室内の急激な温度上昇を防げます。
しかし、それぞれの特徴には少し違いがあるのでチェックしましょう。
その違いは主に2つ挙げられます。
まず1つ目は「保温・防音効果の有無」です。断熱塗料には保温・防音効果が期待できますが、遮熱塗料には期待できません。伝導率を抑える断熱塗料だからこそ保温だけでなく防音効果もあります。
そして、2つ目は「費用の高さ」です。遮断塗料は一般的な塗料と費用は変わりませんが、工程の数が多い断熱塗料は費用が高くなります。
それぞれの違いを知り、どちらが自分の目的に合っているのか考えてください。

3.塗装をする際の注意点

3-1.工程・費用を必ずチェックする

外壁塗装に断熱塗料を使用する際、必ず業者と工程・費用を確認してください。
どのような断熱塗料を使うのかはもちろんのこと、工程スケジュールや施工方法、材料費や施工費などすべて確認しなければなりません。
自分で外壁塗装をする人もいますが、専門的な知識がないと失敗する恐れがあるのでほとんどの人が業者に依頼するでしょう。
実際に業者とのトラブルが続出しているので注意してください。
トラブルにならないためにも事前に工程・費用をチェックすることが大切です。
自分でチェックし、何か疑問点や不安な点があればすぐに業者に確認を取りましょう。
できるだけ費用を抑えたいのなら複数の業者に見積もりを依頼してください。比較すればどこの業者が信用できるのか判断しやすくなりますよ。

3-2.外壁素材に合った塗料を選ぶ

断熱塗料にもさまざまな種類があります。
種類によって特徴や耐用年数、そして適した外壁素材が異なるので注意しなければなりません。
家の外壁素材に合っていない断熱塗料を使ってしまうと効果がまったく現れないので注意してください。
事前にどのような種類があるのか把握し、業者と話し合いながら外壁素材に適した断熱塗料を選ぶことが大切です。
また、業者によって使用している断熱塗料も異なります。
どこの業者がどのような断熱塗料を使っているのかチェックすると良いでしょう。
外壁塗装をする前に自分で情報を集めることも大切なポイントですよ。

4.まとめ

断熱塗料の効果や種類、遮熱塗料との違い、塗装をする際の注意点について説明しましたがいかがでしたでしょうか。
住宅も“エコ”が注目されてきている近年、外壁塗装をする際冷暖房機器のエネルギーをあまり使わない断熱塗料を利用する人が増えてきました。
この機会にあなたも断熱塗料を使用してみてはいかがでしょうか。

  • 熱をため込む「断熱塗料」
  • 水性塗料、溶剤型塗料の2種類がある
  • 保温、防音効果がある
  • 冷暖房機器にかかる費用が節約できる
  • 熱エネルギーを反射する「遮熱塗料」
  • 効果と費用の違い
  • 工程と費用を必ずチェックする
  • 外壁素材に合った塗料を選ぶ

以上のポイントをしっかり頭の中に入れ、外壁塗装をしてくださいね。
断熱塗料について知識や情報を入手しておけばスムーズに外壁塗装ができるでしょう。
失敗しないためにも知識は身につけた方が良いですよ。
そして、しっかり業者と話し合いながら塗装を進めてください。