外壁塗装の必要性や施工時期のタイミング、業者選びのポイントとは?


定期的に塗り替えていかなければならないのが外壁塗装です。外壁は、常に雨風やチリなどの物質が舞っている空気に触れています。そのため、家全体の中で劣化スピードが速い場所でもあるのです。もし、定期的な塗り替えやメンテナンスを放置しておけば、雨漏りが発生して、柱などが腐食してしまいます。しかし、どうすれば外壁塗装が上手にできるのか、悩んでいる方も多いはずです。そこで、本記事では、外壁塗装の必要性や方法・塗り替え時期・業者選びのポイントなどについて詳しく説明します。

  1. 外壁塗装の必要性について
  2. 外壁塗装の方法について
  3. 外壁塗装の依頼の仕方
  4. 外壁塗装にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装を正しくするために必要な知識と業者の依頼の仕方などを知ることができます。塗り替えを考えている方はぜひ参考にしてください。

1.外壁塗装の必要性について

丈夫な家を保ち続けるためには、定期的に外壁塗装を実施していかなければなりません。正しい外壁塗装を行うためにも、必要性・メリット・重要性などについて詳しく見ていきましょう。外壁塗装を考えている方には押さえておきたい基礎知識です。

1-1.必要性とは

外壁塗装は、外観だけを向上させるものと思っていませんか? 外観がキレイになるのはもちろんのこと、家を雨風・雪などの自然から守る働きを持っています。外壁に使う塗装は一生保ち続けられるわけではありません。塗料の種類によって耐用年数が決まっており、寿命が近づいてくれば定期的に塗り替えを行う必要があります。家が傷みやすい・外壁に傷が出てきやすい状況も、外壁塗装を正しく行っていない証拠なのです。毎日生活する場所だからこそ、外壁塗装はきちんと行っていかなければなりません。

1-2.メリットについて

外壁塗装のメリットはたくさんあります。積極的に塗り替えるためにも、メリットを把握しておきましょう。主な外壁塗装のメリットは以下のとおりです。

  • 外観を美しく保ち続けることができる
  • 外壁を保護してくれる
  • 耐久性・防水性が高まる
  • 塗料の種類によって断熱・遮断効果が生まれる
  • セルフクリーニング効果が高まる

光媒体塗料・セラミック樹脂を配合した塗料などは、雨が降ったときに汚れた部分を自動的に洗い流す“セルフクリーニング効果”を持っています。外壁に塗る種類によって、さまざまな効果が期待できるのも外壁塗装のメリットです。

1-3.重要性について

【1-1.必要性】でも述べたように、外壁塗装は思っている以上に重要な施工です。簡単にいうと、外壁塗装は家全体の寿命を延ばすことができます。しかし、定期的に外壁塗装を行っていない家は、寿命が短く、すぐに家が傷んでしまうのです。近年は、地震や台風などの自然災害も増えています。自然災害に強い家を保ち続けるためにも、外壁塗装が重要なのです。

1-4.放っておくとどうなるか

外壁塗装を放置しておくと、家にさまざまな支障が出てきます。最も挙げられるのは、外壁の大きな傷やへこみ、ヒビなどです。外壁に入ったヒビがさらに深くなると、そこから雨が浸入して下地がダメージを受けてしまいます。塗料を塗る前に下地処理を行いますが、その処理をきちんとやっておかなければ塗装がすぐにはがれてしまうのです。下地処理は、外壁塗装の中でも最も大切なポイントといえるでしょう。その部分が腐ると、家の耐久性が低くなります。

1-5.外壁塗装の耐用年数とは

外壁塗装の耐用年数は塗料によって異なります。代表的な塗料といえば、アクリル系塗料・ウレタン系塗料・シリコン系塗料・フッ素系塗料・遮熱塗料・光媒体塗料の6種類です。それぞれの耐用年数を以下にまとめてみました。

  • アクリル系塗料:約4年
  • ウレタン系塗料:約6年
  • シリコン系塗料:約13年
  • フッ素系塗料:約18年
  • 遮熱塗料:約18年
  • 光媒体塗料:約20年

また、耐用年数が長い塗料ほど、価値も高くなるものです。たとえば、最も寿命が短いアクリル系塗料は耐用年数が6年、平均価格はおよそ一般的な大きさの一軒家でおよそ70万円かかります。一方、最も耐用年数が20年と長い光媒体塗料は、100万円以上かかる可能性が高いのです。

1-6.塗り替えの目安

「いつ塗り替えをすればいいのか」と悩んだときは、耐用年数を目安にしてください。耐用年数が近づいてきたころに、外壁塗装の塗り替えを考えましょう。適度なタイミングで塗り替えをするためにも、現在使用している塗料が何なのか、把握しておかなければなりません。塗料の種類がわからない場合は、施工会社に問い合わせてみましょう。また、外壁を自分の目でチェックしてみたときに、目立つ傷やヒビがある場合も塗り替え時期といえます。

2.外壁塗装の方法について

それでは、外壁塗装の具体的な方法について説明します。外壁塗装の方法やタイミング・注意点などについて見ていきましょう。

2-1.外壁塗装の方法とは

正しい外壁塗装を行うためにも、目的・種類・相場などを把握しておきましょう。

2-1-1.目的

外壁塗装の主な目的は、美観を維持すること・外的な刺激から保護すること・機能性を持たせることです。定期的に塗り替えをすれば、すべての効果を保ち続けることができます。また、何度も塗り替えを行うことで、家の耐久性を少しずつ高めることができるのです。

2-1-2.種類

外壁塗装に使われる塗料の種類は、【1-5.外壁塗装の耐用年数とは】でピックアップしたように、6種類があります。ここでは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

  • アクリル系塗料:低価格だが、耐久性が低い。耐用年数が短いため、こまめなお手入れが必要
  • ウレタン系塗料:密着性に優れており、塗装のはがれが気になる部分に使える
  • シリコン系塗料:最も主流になっている塗料。価格と耐久性のバランスが良い
  • フッ素系塗料:長期的に考えると1年あたりの価格が安い
  • 遮熱塗料:太陽熱をはじき、外壁や屋根の表面温度を下げる
  • 光媒体塗料:太陽の光で汚れを浮かせ、雨で洗い流す

2-1-3.相場

外壁塗装は、塗装範囲と状態・塗料の種類によって異なります。具体的な費用はそれぞれの家によって異なりますが、相場は1,000円~5,500円/平方メートルになるでしょう。塗料の特徴や相場を把握しておけば、悪徳業者に引っかかる恐れもありません。また、具体的な見積もりを知りたいときは、業者に依頼してみてください。

2-2.具体的な方法

外壁に目立つ傷がついている・ヒビが入っている場合は、まずその部分を塞ぐ補修工事を行います。専用の素材を流しこんで、傷を塞いでから塗料を施すことになるのです。まずは、外壁の状態を確認しておかなければなりません。

2-3.いつすべきか?

外壁塗装をいつすべきか悩み続けるうちに、外壁の状態がさらに悪化してしまいます。最初は、浅いヒビが入っていたとしても、いつの間にか大きなヒビとなり、雨水が浸入するのです。下地にも影響が出てしまうと、施工期間や費用もかかってしまいます。できるだけ、外壁塗装の費用を抑えるためにも、早めに塗り替えを行ってください。

2-4.注意点

外壁塗装で注意しなければならないことは、“業者選び”です。きちんと正しく外壁塗装できるかどうかは、業者の腕にかかっています。実際に、悪徳業者に依頼して、きちんと塗り替えができなかったというケースも増えているのです。業者選びで失敗しないためにも、外壁塗装の業者選びのポイントをきちんと把握しておかなければなりません。

3.外壁塗装の依頼の仕方

あらかじめ、業者の選び方や工事の流れ・工期・費用・価格を抑えるポイントなどを把握しておけば、上手に塗り替えを行うことができます。事前に、外壁塗装の依頼の仕方をマスターしておきましょう。

3-1.業者の選び方

外壁塗装を行っている業者は多数存在しています。その中から安心して依頼できる業者を選ぶためにも、以下のポイントに注目してください。

  • 丁寧かつスピーディーな対応
  • 無料見積もりを行っている
  • ホームページに施行事例が記載されている
  • 工事前に無料外壁診断を実施している
  • 近隣対策もきちんと行っている
  • 保証・アフターサービスが充実している

3-2.工事の流れ

スムーズに工事を行うためには、ある程度の流れを把握しておかなければなりません。外壁塗装・外壁塗装工事を行っている「株式会社テンイチ」の施工の流れを紹介します。

  1. 契約を交わした後、作業日程を決める
  2. 工事着手前に近隣住民へ業者が挨拶を行う
  3. 足場を組み、メッシュシートを張る
  4. サイディングの防水目地切れやヒビ割れ・陥落部・穴などを補修する
  5. 壁に浮きあがった旧塗膜などを高圧洗浄で除去する
  6. 余分なところに塗料が付着しないように、養生を行う
  7. 下塗り→中塗り→上塗りを行う
  8. 完了検査・アフターサービスのチェックで終了

3-3.工期について

外壁塗装にかかる期間は、塗装範囲によって異なります。工期の目安としては、1週間程度です。初日に足場を組み立て、2日目で高圧洗浄を行います。3日目で養生と下地処理、4日目で下塗り、5~6日目で中塗り・上塗りを行う流れです。ただし、下地修理が必要な場合は、1週間以上かかる可能性もあります。具体的な工期については、見積もりを行う際に必ずチェックしてください。

3-4.費用について

外壁塗装の費用は、50万~150万円程度です。施工範囲が広く、高めの塗料を使うほど費用が高くなるでしょう。どのような塗料を使うのか、どのくらいの範囲で塗り替えを行うのか、きちんと明確にしておかなければなりません。明確にしたうえで、見積もりをきちんと比較していきましょう。

3-5.価格を抑えるポイント

誰でも、できることなら外壁塗装にかかる費用を抑えたいですよね。価格を抑えるためにも、定期的に塗り替えを行ってください。塗り替えのタイミングが遅くなるほど外壁の状態が悪化して、さらに費用がかかってしまいます。また、外壁塗装の経験が豊富で実績がある業者ほど、無駄のない施工ができるのです。よって、無駄な費用をかける必要もありません。

3-6.見積もりについて

見積もり内容がきちんと記載されているかどうかも、業者選びの大切なポイントです。見積もり内容に不備や疑問点が多い業者は、悪徳業者の恐れがあります。また、外壁の状態に見合った見積もり内容になっているか、きちんと詳細まで記載されているかどうかもチェックしてくださいね。「株式会社テンイチ」では、無料見積もりをホームページまたは電話から受けつけています。どんな内容でもご相談ください。

3-7.注意点

「早く外壁塗装を始めたいから」と、最初から1社だけにしぼっていては、悪徳業者に引っかかる恐れがあります。悪徳業者と優良業者の見極めをするためにも、複数の業者を比較してください。見積もり内容・アフターサービスの有無・サービス内容など細かくチェックしましょう。また、「すぐに塗り替えないと危ないですよ」などの文句で、外装塗装をすすめてくる業者にも注意しておかなければなりません。すぐ施工契約にすすめようとする業者は、きちんと外壁の状況を確認していない可能性があります。

4.外壁塗装にかんしてよくある質問

外壁塗装にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

4-1.下地処理が必要なケースとは?

深いヒビが外壁に入っており、下地が腐敗している・傷がついている場合は下地処理が必要です。下地が傷んでいるのにもかかわらず、きちんと処理を行わない業者は気をつけておかなければなりません。下地処理をしなければ、外壁塗装をしてもすぐに劣化してしまいます。

4-2.下塗りの必要性とは?

下塗りは外壁・屋根の塗装面と上塗り塗料の付着をよくするために必要なものです。下塗りの種類としては、シーラー・プライマー・フィラーなどが挙げられます。どんなに上等な上塗り塗料を使ったとしても、下塗りをきちんとしておかなければすぐにはがれてしまうほど重要な箇所です。

4-3.保証・アフターフォローの内容が知りたい

「株式会社テンイチ」の保証・アフターフォローは、5年~10年までの長期保証がついています。また、6か月に1度の無料点検を実施しているため、施工後のトラブルも安心です。

4-4.悪徳業者との間でトラブルが起きた場合は?

悪徳業者との間でトラブルが起きた場合は、すぐに国民生活センターか、または消費者センターに相談してください。時間がたつほど、問題が深刻化して解決できなくなってしまいます。1人で抱えこまないように気をつけましょう。

4-5.ラジカル系塗料って何?

最新の塗料として注目されています。知名度は低いですが、劣化・変質がしにくいというメリットが特徴です。また、高い耐候性を持っています。費用はそれほど高くはないため、今後注目度がさらに高まるでしょう。しかし、実際に取り扱っている業者は、まだ少ないのが現状です。

まとめ

いかがでしたか? 外壁塗装は外観の美しさを維持するだけでなく、家全体の耐久性にかかわる大切な箇所です。塗料の耐用年数が近づいてきたときに、定期的に塗り替えを行わなければなりません。塗り替えをしなければ、外壁が劣化してしまい、下地に影響が出てしまいます。その結果、雨風が家に入りやすく、耐久性が弱くなるのです。上手に塗り替えるためにも、塗料の種類や効果・耐用年数をきちんと把握しておきましょう。工事の流れなどもきちんと把握しておけば、優良業者に依頼でき、スムーズに塗り替えができます。