工場塗装の重要性やメリットは? 塗料の種類や費用相場も一挙公開!


「工場の外壁や屋根の塗装をどのタイミングで行うか迷っている」「費用はどのくらいかかるのか?」とお悩みではありませんか? 工場が建ってから年数がたち、劣化が気になってくると、検討しなければならないのが外壁や屋根の塗装です。工場の塗装にはどのようなメリットがあり、費用や工事日数はどのくらいかかるのかなど、事前に知っておきたいことも多いでしょう。

この記事では、工場を塗装する必要性や使用する塗料の種類・塗装を行うべきタイミングなどをまとめてご紹介します。

  1. 工場塗装の必要性や重要性
  2. 工場塗装の種類を紹介
  3. 工場塗装の最適なタイミングは?
  4. 工場塗装工事の費用相場や日数
  5. 工場の塗装に関するよくある質問

この記事を読むことで、工場塗装の一般家屋との違いや耐用年数・塗装を依頼する業者選びのポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.工場塗装の必要性や重要性

まずは、工場塗装の重要性や一般家屋との違いなどをご紹介しましょう。

1-1.外壁や屋根以外にも塗装が行われる

工場の場合、外壁や屋根以外の場所にも塗装が行われます。そこが、一般家屋との大きな違いでしょう。たとえば、工場内外にある機械設備や工場内の床面・工場周辺の敷地面など、さまざまな場所で塗装が行われているのです。その中でも、特に見た目の印象を大きく左右するのは、やはり外壁の塗装でしょう。

1-2.工場塗装がもたらすメリットはさまざま

工場塗装がもたらすメリットにはさまざまなものがあります。まず、建物内の環境改善につながるという点です。工場内は屋外の気温の影響を受けやすく、気温調整が難しいといわれています。外壁塗装には屋外から受ける温度を遮断する効果があるため、冷暖房の利きがよくなり、働きやすい環境を作り出すことができるでしょう。そのほかにも、工場の見た目がよくなることで社員のモチベーションが上がること・企業としての資産価値が向上することなど、メリットはたくさんあります。

1-3.工場の寿命をのばすために定期的なメンテナンスが必要

工場塗装は年月とともに劣化が進み、本来の役割を果たすことができなくなってきます。たとえば、外壁や屋根の塗装は、雨風や紫外線・ホコリなどから建物を保護する役割を果たしているのです。劣化してその役割を十分に果たすことができなくなると、建物内部にまでダメージが及び、建物自体の寿命を縮めることになってしまいます。定期的にメンテナンスを行うことで、工場の劣化スピードを遅くし、寿命をのばす必要があるのです。

2.工場塗装の種類を紹介

工場塗装に使用されている塗料の種類を、機能や価格とともにご紹介しましょう。

2-1.ウレタン系塗料

ウレタン系塗料は比較的価格が安いため、工場が建てられたときに使用されていることも多くなっています。1平米あたりの単価は1,500~1,800円が相場で、工場の外壁や屋根のように、広い範囲に塗装しても費用を抑えられる点がメリットでしょう。伸縮性に優れており、塗料の密着度が高いことから、ひび割れなどが発生しにくいのが特徴です。ただし、耐久性がよくないこと・汚れが付着しやすいことなど、デメリットもあります。

2-2.シリコン系塗料

シリコン系塗料は、近年主流となっている塗料の一つです。ウレタン系塗料に比べて耐用年数が長く、耐熱性・耐水性・耐候性に優れていることから、工場塗装にも多く使用されています。1平米あたりの単価は2,300~3,000円が相場で、コストパフォーマンスが高いことも人気の理由でしょう。デメリットとしては、ウレタン系塗料よりも単価が高いこと・ひび割れが発生しやすいことなどが挙げられます。

2-3.フッ素系塗料

非常に耐久性が高く高額なフッ素系塗料は、一般家庭で使用されるケースはあまり多くありません。耐久性が求められるビルや工場などの塗装に使用されることが主です。密着性が高いため、雨風や紫外線に長期間さらされても問題ありません。藻やカビなどもつきにくいため、メンテナンスの回数が少なくて済む点もメリットでしょう。デメリットはやはり、価格の高さです。1平米あたりの単価が4,000~4,500円と、ほかの塗料に比べてかなり高額になります。

2-4.遮熱系塗料

近年、急激に知名度を上げてきているのが、遮熱系塗料です。太陽光を跳ねよける効果があるため、工場内の温度が高くなりすぎず、エアコン費用を節約できます。塗布面の温度も低くすることができるため、熱による影響を受けにくくし、外壁材や屋根材の寿命をのばすことが可能です。デメリットは、フッ素系塗料と同様、価格が高い点でしょう。1平米あたりの単価はフッ素系塗料と同じくらいです。

3.工場塗装の最適なタイミングは?

工場塗装をいつ行うべきか、そのタイミングについてご紹介しましょう。

3-1.築10年前後が塗装の目安

工場塗装を行うタイミングは、築10年前後が目安といわれています。耐用年数が10年前後の塗料が多いことも理由の一つです。耐用年数を過ぎた塗料は、建物を保護するという本来の役割を失っていきます。そのまま使用していると建物内部まで劣化が及び、工場の寿命を縮めることになってしまうのです。

3-2.使用している塗料の耐用年数を把握しておく

塗料の耐用年数は種類によって異なるため、しっかり把握しておきましょう。ただし、工場の場合は一般家屋に比べて外壁や屋根の面積が広く、雨風や紫外線の影響を受けやすいため、耐用年数は短めに考えておくべきです。

  • ウレタン系塗料:6~10年
  • シリコン系塗料:8~15年
  • フッ素系塗料:15~20年
  • 遮熱系塗料:15~20年

3-3.劣化が気になってきたら塗装を

塗料が寿命を迎えていなくても、劣化が気になってきたら塗装を検討すべきです。以下のような症状が目立つようになってきたら、塗装のタイミングと考えたほうがよいでしょう。

  • ひび割れが発生している
  • 浮きや反(そ)りがある
  • 変色してきている
  • 手で触ると白い粉がつく
  • カビやコケが発生している
  • サビによる腐食がある
  • 塗料がはがれてきている
  • シーリングにひび割れやすき間ができている

3-4.機能を追加するために塗装する場合も

工場の外壁や屋根に新しい機能を追加するために、塗装を検討するケースも珍しくありません。特に多いのが、「冷暖房の利きをよくするために遮熱系塗料で塗装したい」というケースです。塗料の耐用年数や劣化状況に関係なく、こういった理由から早めに塗装を検討しておくのもよいでしょう。

4.工場塗装工事の費用相場や日数

工場の塗装工事を依頼した場合の工事日数や費用相場・業者選びのポイントなどをまとめました。

4-1.工事日数は半月~1か月が目安

工場の塗装工事にかかる日数は、半月~1か月程度が目安です。もちろん、工場の大きさによって塗る面積も変わってくるため、一概にはいえません。しかし、一戸建てやマンションよりも障害物が少ない分、塗りやすいという特徴もあるでしょう。工事中は足場を設置したり騒音や臭いが出たりと従業員にも影響が出るため、事前にしっかり確認して告知しておくことをおすすめします。

4-2.費用は使用する塗料の種類と塗装面積による

工場塗装にかかる費用は、使用する塗料の種類や塗装する面積によって異なります。複数の色を使うとなるとさらに費用がかかるでしょう。また、塗料代のほかにも足場の設置・撤去代や養生費用などもプラスされるため、あらかじめしっかり見積書を確認しておいてください。

4-3.業者を比較して選ぶのが節約のポイント

塗装業者は最初から1社に絞るのではなく、複数の業者を比較して選ぶのが費用節約のポイントです。料金体系は業者によって異なるため、同じ工事内容でも業者ごとに費用は変わってきます。できれば3~4社に無料見積もりを依頼し、大まかな相場も把握しておきましょう。

4-4.安心して任せられる業者の選び方は?

安心して作業を任せられる業者を選ぶためには、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な塗装実績があるか
  • 料金体系が明確か
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • アフターフォローの内容が充実しているか
  • 見積書に詳細が記載されているか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

5.工場の塗装に関するよくある質問

「工場の塗装を検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.工場の塗装費用は分割で支払ってもよいでしょうか?
A.工場の塗装には高額な費用がかかるため、分割が基本です。着工金を多めに支払い、後から完了金を払うケースも多いでしょう。

Q.塗料は何回塗るのが一般的ですか?
A.下塗り・中塗り・上塗りの3回塗るのが基本でしょう。説明もなく2回しか塗らない業者もいるため、注意してください。

Q.足場の設置や撤去にはどのくらい日数がかかりますか?
A.設置に1日・撤去に1日かかる場合がほとんどです。

Q.外壁の塗装中も工場内での作業は可能でしょうか?
A.可能な場合がほとんどです。詳しい状況について事前にしっかり業者と打ち合わせをしておきましょう。

Q.塗装工事の前に、外壁や屋根に不具合がないか点検してもらうことは可能ですか?
A.株式会社テンイチでは、工事前に外壁や屋根の無料診断を実施しています。不具合があった場合は補修してから塗装工事に取り掛かるため、安心してください。

まとめ

工場塗装の重要性やタイミング・費用相場などを詳しくご紹介しました。工場塗装は見た目をよくするだけでなく、建物の寿命を長くするためにも必要なことです。「どのタイミングで塗装すればよいのか?」「費用はどのくらいかかるのか知りたい」とお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。