外壁洗浄とは? 主な種類や業者選びのポイント、注意点を解説!


「なぜ外壁を洗浄しなければならないのか?」「自分でするよりも業者に依頼したほうがいいのか」など、外壁の洗浄で悩んでいる方は多いでしょう。外壁洗浄は、定期的に行うことで大きなメリットが生まれます。外壁の洗浄が重要な理由をしっかりと把握しておけば、よりきれいな状態を維持できるでしょう。

本記事では、外壁洗浄が重要な理由や主な種類・業者に依頼する際の注意点などを解説します。

  1. 外壁洗浄とは?
  2. 外壁洗浄の主な種類
  3. 外壁洗浄を依頼する際の注意点
  4. 外壁洗浄業者を選ぶポイント
  5. 外壁洗浄に関してよくある質問

この記事を読むことで、外壁洗浄業者を選ぶポイントも分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.外壁洗浄とは?

最初に、外壁洗浄とはどのような内容なのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.家の寿命を延ばす作業

外壁洗浄は名前のとおり、外壁についた汚れをきれいに洗い流すことです。主な種類や内容は後ほど【2.外壁洗浄の主な種類】で説明しますが、外壁洗浄を行えば家の寿命を延ばすことができます。外壁は常に紫外線や雨風があたる場所ですので、建物の中でもすぐに汚れやすく劣化スピードが速いところです。外壁洗浄は外壁がきれいになるだけでなく、外壁の劣化を未然に防ぐことができる作業でもあります。

1-2.汚れによって外壁が劣化する

外壁にはさまざまな汚れが付着しやすいのですが、それらの汚れは劣化を招く原因です。つまり、汚れがついた外壁を放置すればするほど、劣化してしまい建物の構造に悪影響を及ぼすことになります。外壁の汚れは建物の耐久性を著しく落とす可能性があるため、汚れだと侮ってはいけません。また、こびりついた汚れが外壁材の深部まで浸透した結果、外壁材の耐久性が落ち、新しい外壁材への交換が必要になります。大規模なリフォームに発展する恐れがあるため、費用を抑えるためにも定期的な外壁洗浄が必要です。

2.外壁洗浄の主な種類

ここでは、外壁洗浄の主な種類を解説します。

2-1.比較的安く行うことができるブラシクリーニング

外壁洗浄にもさまざまな種類がありますが、その中でも比較的安価で洗浄する方法がブラシを使ったクリーニングです。ブラシで外壁についている汚れを掃除する方法で、簡単な汚れであれば落とすことができます。けれども、頑固な汚れはブラシで落とすことができない可能性もあるでしょう。また、サイディングの種類によっては、ブラシでこすってしまうと傷がついてしまう恐れもあります。すべての外壁材に使うことができるわけではないので注意が必要です。

2-2.高圧洗浄機を使ったクリーニング

外壁洗浄の基本といえる方法が、高圧洗浄機を使う方法です。圧力をかけた水を汚れ箇所にあてることで、こびりついた汚れを取り除く方法となります。従来の高圧洗浄は専門業者に依頼するのが当たり前ですが、今では小型で高性能な家庭用高圧洗浄機が登場しているので個人でも使用可能です。ただし、使い方を間違えたり、外壁材の種類によっては傷がついてしまったりする恐れがあります。家庭用の高圧洗浄機は便利なアイテムではありますが、専門業者のようなノウハウはありません。徹底的に汚れを落としたい方は、専門業者に依頼することをおすすめします。

2-3.薬品を使ったクリーニング

高圧洗浄だけで外壁の汚れが落ちないケースによく使われるのが、薬品を使用したクリーニングです。外壁にこびりついている汚れを落とすのに効果的な薬品を使うことになるため、頑固な汚れでも取り除けるでしょう。ただし、薬品洗浄は薬品の選定に注意しなければなりません。外壁材を傷つける薬品を使ってしまえば、洗浄だけでなく修繕を行うことになってしまいます。薬品洗浄は高い知識と技術力が求められるクリーニングになるため、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

3.外壁洗浄を依頼する際の注意点

ここでは、外壁洗浄を依頼する際の注意点をいくつか紹介しましょう。

3-1.外壁調査をしっかりと行う

外壁洗浄を行う前に、外壁がどのような状態になっているのか、しっかりと調査を行っておかなければなりません。優良業者の多くは、外壁洗浄を行う前に外壁調査を実施します。外壁調査で外壁の状態を把握し、その状態に適した方法で洗浄方法を決めることになるでしょう。どんな汚れがついているのか、下地が傷んでいないか、修繕が必要かどうかなど、しっかりと確かめてからやるべきことをしていかなければなりません。後ほど、【4.外壁洗浄業者を選ぶポイント】で業者選びのコツを説明しますが、外壁調査を行っているかも大切なポイントです。

3-2.研磨剤は使わない

外壁洗浄を行う際、研磨剤を使ってはいけません。サイディングやモルタルなどの素材は、研磨剤を使ってしまうと塗装が剝がれてしまう恐れがあります。また、硬めのブラシで強くこするのもNG行為です。必ず、やわらかいブラシでやさしく洗い流すようにしましょう。また、目地は傷つきやすい傾向があるため、ブラシではなくぞうきんでやさしく拭き取ることが大切です。業者の中には悪徳業者が存在しており、間違った方法で外壁洗浄をする可能性があります。依頼時はすべて業者に任せるのではなく、きちんと洗浄方法を確認することが大切です。

3-3.近隣への配慮は忘れずに

外壁洗浄を業者に依頼する際、近隣への配慮も忘れずに気を配っておかなければなりません。特に、高圧洗浄機は水を高圧で噴射する機械ですので、水が周囲に飛び散る可能性があります。実際に、隣の家へ汚い水が飛散してしまいトラブルになったというケースも起きているのです。養生があまいとすき間から家へ水が浸入してしまうことになるため、しっかりと養生を行い、近隣住民に対する配慮も心がけておきましょう。騒音トラブルが起きる可能性もあるので、外壁洗浄を行う前に近所へ一声かけることが大切です。

3-4.費用相場をチェックしよう!

外壁洗浄を専門業者に依頼する際、1番機になるのが費用でしょう。外壁洗浄の費用は、外壁の面積・使用する塗料・洗剤・足場の量などによって大きく異なります。主な外壁洗浄の費用相場は以下のとおりです。

  • 高圧洗浄:約100~300円/㎡
  • バイオ高圧洗浄:約200~400円/㎡
  • 足場設置費用:約600~800円/㎡
  • 養生費用:約100~300円/㎡
  • 塗装費用:約4,000~6,000円/㎡

どのような作業にいくらかかるのか、総額でどのくらいになるのか入念に確認することが大切です。相場よりも高額な費用を請求してくる業者には注意しておきましょう。悪徳業者とのトラブルを避けるためには、外壁洗浄にかかる費用相場を把握することが大切です。

4.外壁洗浄業者を選ぶポイント

ここでは、外壁洗浄業者選びのポイントをいくつか説明します。

4-1.外壁洗浄や塗装の実績があるか

最初に、外壁洗浄業者選びでチェックしてほしいのは、外壁戦場や塗装などの実績があるか否かです。悪徳業者の多くは適当な洗浄を行うため、外壁に汚れが残ったり、逆に劣化がひどくなったりする傾向があります。知識が豊富で実績がある業者は、外壁の状態を調べるところから始めるので適切な方法できれいに外壁の汚れを落とすことができるのです。依頼前に複数の業者をチェックし、ホームページを比較してみてください。施工事例を掲載していたり、サービス内容について詳しく記載したりしている業者は実績があるので安心して依頼できるでしょう。

4-2.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

悪徳業者と優良業者の違いは、スタッフの対応にも現れています。スタッフの対応が悪く、すぐに返事をくれなかったり説明をしてくれなかったりする業者は悪徳業者の可能性が高いでしょう。逆に、どのような質問でも丁寧に答えてくれるスタッフであれば、安心して依頼できます。外壁がどのような状態になっているのか、どのような方法で外壁洗浄を行うのか詳しく説明してくれるかチェックしてください。

4-3.複数の業者を比較することも大事

早く外壁をきれいにしたいからといって、1社だけを見て依頼するのはNGです。ほかの業者との比較ができず、悪徳業者に引っかかってしまう恐れがあります。悪徳業者とのトラブルを未然に防ぐためにも、依頼前に複数の業者を比較してください。できれば、相見積もりを取ることをおすすめします。業者によって施工方法や洗浄方法が異なり、費用も変わってくるからです。複数の業者から相見積もりを取ることで、どの業者に依頼すれば安心か見極められるでしょう。

4-4.無料診断や無料相談を受け付けているか

優良業者の多くは、無料診断や無料相談を受け付けています。無料診断とは、外壁や屋根の状態を無料でチェックすることです。外壁洗浄や塗装を行うためには、まず外壁や屋根の状態を十分に把握することが大切なポイントとなります。また、無料相談を受け付けている業者であれば、どのような疑問でも気軽に訪ねることができるでしょう。外壁塗装や外壁塗装工事を行っているテンイチでは、無料診断も無料相談も受け付けているのでぜひ一度ご相談ください。

5.外壁洗浄に関してよくある質問

外壁洗浄に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.外壁が汚れる原因は?
A.外壁が汚れる原因は、ホコリ・排気ガス・カビ・コケ・藻・雨だれが代表的です。外壁に黒や茶色の汚れがついている場合、ホコリや排気ガスが原因といえるでしょう。特に、交通量が多い道路側の外壁にこびりつく可能性があります。日当たりが悪い外壁にはカビ・コケ・藻が発生しやすくなるでしょう。また、窓サッシや出窓・換気フードの下などに黒い筋が伸びている場合、それは雨だれによる汚れです。

Q.外壁洗浄はDIYできるのか?
A.ブラシや家庭用高圧洗浄機を使えば、DIYでも外壁をきれいにすることができます。専門業者に依頼するよりも費用を抑えることができますが、脚立などを使ったり、危険な作業をしたりすることになるので体力的にもデメリットが大きいといえるでしょう。きちんと安全を確保できなければ、転倒事故に発展する恐れもあります。費用を抑えたいからと無理に自分で行うのではなく、専門業者に依頼したほうがスピーディーで安全です。

Q.外壁洗浄で費用を抑えるポイントは?
A.自分で落とせる汚れは自分で落とし、自分では落とせないような汚れだけを専門業者に依頼するのが費用を抑えるポイントです。たとえば、手の届く範囲内に藻が発生しているなら、ブラシでこすれば簡単に落とすことができるでしょう。ついたばかりの汚れや発生したばかりの藻は、自分でも簡単に落とすことができる汚れです。けれども、頑固な汚れは業者に依頼したほうがお得になる可能性もあります。そのバランスが費用を抑える重要なポイントといえるでしょう。

Q.外壁洗浄だけしてくれる業者はあるのか?
A.業者の中には外壁洗浄だけ行うところもありますが、ほとんどは外壁塗装とセットになっています。外壁洗浄だけではなく、一緒に外壁塗装も行う必要があるからです。高圧洗浄機を使えば、外壁の表面を保護している塗装も一緒に落としてしまうことになります。外壁の塗装は防水の役割も担っているため、外壁をきれいにした後はしっかりと塗装で効果を高める必要があるのです。

Q.汚れにくい外壁にするポイントは?
A.低汚染塗料を使う方法があります。低汚染塗料とは、親水性が高いのが特徴で汚れをセルフクリーニングで落とす機能が備わっている塗料です。つまり、雨が降ったとき、雨と一緒に外壁についている汚れを落とすことができます。また、汚れの目立たない色で塗装をするのもポイントの1つです。たとえば、ベージュやグレーは汚れが目立たないので、きれいな外壁を維持しやすいでしょう。

まとめ

外壁洗浄は外壁をきれいにするだけでなく、建物の寿命を延ばす大切な作業です。外壁の汚れをそのまま放置してしまうと塗装が剝がれたり、防水効果が弱まったりしてしまうことになります。放置するほど修繕費用が高くついてしまうため、定期的に外壁メンテナンスや外壁洗浄・塗装を行うことが大切です。専門業者の中には、無料診断を行っているところもあるため、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。