外壁塗装で補助金が使える! 補助金を使う時の条件と注意点は?


家のあちこちが傷んできたからそろそろリフォームしないと・・・
そんな方に朗報なのが住宅に関する補助金制度。
住宅の補助金と言うと新築のイメージがありますが、実はリフォームでも使えます。
太陽光発電システムの導入など、省エネにつながる工事や地球温暖化防止など、エコな観点から見て有益と判断されたリフォームに対して補助金が出ます。
この補助金は、外壁塗装にも適用されます。
外壁塗装を考えている方は、細かい条件や注意点を確認し、補助金を受けて施工するのがおすすめです。

外壁塗装で使える補助金って?

外壁塗装で使える補助金は、「住宅の性能を維持・向上させるためのリフォーム工事」に対して適用されます。
これは「リフォーム減税」と言って、平成21年度に導入されたもの。
一度休止されましたが、また延長されています。
「リフォーム減税」の対象となるものは、
「耐震リフォーム」「バリアフリーリフォーム」「省エネリフォーム」の3種類。
外壁塗装で補助金対象になるのは「省エネリフォーム」です。
対象になると、工事費用の4分の1、もしくは最大100万円までの補助金支給となります。
外壁塗装だけでなく、シロアリ防除やキッチン改修工事などを同時に行った場合も対象になります。

例えば

外壁塗装工事:150万円
キッチン改修:100万円
シロアリ防除:50万円
合計:300万円(消費税別)

この工事費用だった場合は、補助金額⇒300÷4=75万円となります。
(単純計算ですのでリフォーム瑕疵保険料などは省いています)

これだけの補助が出るのですから、かなりお得ですね!
いまから外壁塗装を考えている方は、補助金を利用するのが断然お得です。

補助金を受ける時の注意点

外壁塗装の時に補助金が出るのはありがたいですが、すべての施工が対象となるわけではありません。
細かい条件がありますから、事前によく確認を!
以下の注意点に留意しておきましょう。

自治体によっては補助金なし?!

外壁塗装の補助金は、すべての自治体で対応しているわけではありません。
太陽光発電に関しては対応している自治体が多いですが、外壁塗装に関してはそこまで浸透しておらず、都心部以外では非対応のところもあります。
補助金を受けられるかどうかは自治体で確認できます。
必ず業者にお願いする前に確認しておきましょう。

業者選びに要注意!

どんな工務店・建設会社でも補助金を受けられるわけではありません。
「事前に申請した会社が、許可された補助金枠内でのみ利用可能」という条件があります。
例えば、Aさんが経営している工務店が補助金制度に申請していなかった場合、そこに施工をお願いすると補助金は受けられません。
また、「○○工務店は2500万円まで可能」と判断された場合、その会社で2500万円分の補助を使い切ったらその工務店・建設会社では補助金は受けられなくなります。
ここはある意味、早い者勝ちと言えますね。
「すでに申請済みの工務店であること」
「補助金枠が残っていること」
事前にお願いする前にこの二つは確認しましょう。

条件に合致していないと対象にならない?!

リフォームするならどんな住宅でも・・・と言うわけではありません。
補助金を受けて外壁塗装するには

  • 昭和56年6月1日以降に建築確認を受けた建物
  • 平成12年3月31日以前に竣工した建物

この2つを満たす建物が対象です。
事前によく確認を!
特に竣工時期は大切です。
確認してみたら対象外だった・・・なんてことのないようにしてくださいね。

外壁塗装の補助金についてまとめ

  • 外壁塗装の対象は「省エネリフォーム」
  • 工事費用の4分の1、もしくは最大100万円までの補助金支給
  • 自治体によっては補助金がないので要確認
  • 許可された業者の補助金枠内で支給される
  • 条件に合致する建物だけが対象となる

補助金制度は非常に便利ですが、細かい条件がいくつかあります。
自治体やお願いする工務店・建設会社によっては補助金が受けられませんので、事前に良く確認しておきましょう。