安いからと飛びついてはダメ!? 塗装工事を依頼するときの注意点とは?


家の外壁や屋根は、時とともに劣化し、定期的に塗装を塗り替えないと外壁そのものが傷んでしまいます。
でも、塗装工事を依頼したいけれど、どの業者に依頼をしてよいかわからない、という方も多いでしょう。
そこで今回は塗装工事を依頼する際、押さえておきたい注意点をご紹介します。
注意点が分かればおのずと業者も絞られてくるのです。
そろそろ塗装工事を、と考えている方はぜひ一読してみてくださいね。

値段だけにこだわりすぎないこと

塗装工事をしてもらう際、気になるのはやはり値段でしょう。
どうしても安い業者に目が行きがちですが、じつは塗装工事というのは簡単に安くできる方法があるのです。
それは、低機能な塗料を薄く塗ること。
今の塗料はとても高性能。防水や防塵の機能も充実しています。
しかし、高性能な塗料ほど値段は高くなります。
つまり、安い塗料を使えばあっという間に値下げが可能なのですね。
また、使う塗料の量も少なければさらに値段を安くすることもできます。
でも、こんな工事をされたら劣化も早いでしょう。
優良な業者ならば、値段と一緒にどの塗料をどれだけ使うか見積もりに書いてくれることが多いです。
安いから、というだけで業者を選ばないように注意しましょう。

家全体のバランスを見て工事範囲を決めよう

壁を塗りなおしたら屋根のくすみが気になり、屋根も塗りなおしたら今度は雨どいの劣化が気になる、と次々と工事個所がふえていくことも珍しくありません。
その度に料金がかさんでいきます。
今はコンピューター技術の発達により、パソコンで壁を塗りなおしたときのシミュレーション画像が見れたり、家に合う色の確認ができたりします。
また、業者は見積もりの段階で家や屋根の総合チェックをしてくれます。
この時に屋根や雨どいのことも提言されたら、「今回は結構です」と即答するのでなく、壁だけ塗りなおした場合のバランスはどうか? ということや、屋根や雨どいも塗りなおした場合は工賃はどうなるのか? など、疑問に思うことをすべて尋ねてみましょう。
そうすれば、工事が終わった後で「しまった」と思わずに済みます。
業者は基本的に施主様の決めたことに異を唱えることはできませんが、アドバイスをすることはできます。
塗装のことはプロに聞くのが一番です。

見積もりを比較することも大切

依頼をできる業者が複数ある、という場合は見積書を取って見比べてみましょう。
見積書をとったからといって、工事を必ず頼まなくてはいけない、というわけではありません。
塗装工事は大きな工事ですから、納得できるまで業者を選ぶことも大切です。
できることなら、その業者が塗装工事をした家を見に行ってみましょう。

いかがでしたでしょうか。
この3つの注意点を守れば後で後悔する可能性はぐっと少なくなるでしょう。
大きな工事ですから、時間をかけて考えて結論を出してください。