外壁の洗浄方法を紹介!~注意点や汚れについての情報も~


外壁の汚れに悩んでいるのであれば、外壁の洗浄を検討してみてはどうでしょうか?
毎日壁掃除ができればいいのですが、それはなかなか難しいですよね。
汚れが染みついてしまうと簡単に落ちなくなってしまうので、外壁の汚れが気になりだしたら早めに洗浄を検討するのがおすすめです。
ですが、外壁の洗浄についてよくわからないという人も多いはず。
そこで、洗浄方法や注意点などについて紹介します。

外壁が汚れてしまう原因・どのような汚れがあるのか?

外壁が白っぽい家の場合は特に汚れやすいですよね。
あの汚れの原因はなんなのか紹介します。

空気が原因の汚れ

空気の汚れと言われてもピンと来ないかもしれませんが、空気中には様々な汚れが含まれています。
例えば、車の排気ガスや地面から舞った砂などです。
これらの汚れは晴れている日よりも、雨に混ざったものが外壁を伝って付着するというケースが多いので、雨水が通る場所は特に汚れやすいという特徴があります。
ですが、雨には汚れを落とす働きもあるわけなので、雨が当たらないところであれば汚れないというわけでもありません。
空気中の汚れを全て取り除くことは難しいので、この汚れが付着するのは、ある程度仕方がないことだと言えるでしょう。

カビやコケが原因の汚れ

外壁材は各建物で違いますが、その中には非常に吸水率が高いものがあります。
カビやコケ、藻による汚れは、吸水率が高い外壁材を使っている場合によく見られるのが特徴です。
近年は吸水率を抑えた外壁材が使われることが増えているのですが、湿度が高く、雨が多い地域に住んでいる場合にはカビやコケが発生しやすくなってしまいます。

シリコンが原因の汚れ

外壁の汚れの中でも落ちにくいと言われているのがシリコンによる汚れです。
窓枠付近の外壁が汚れている場合、シリコンに含まれている可塑剤の油分が溶けて外壁を汚してしまうことがあります。
変性シリコンが使われている場合は可塑剤が少なく、外壁も汚れにくいです。

どのような洗浄方法があるのか

外壁の洗浄方法には様々なものがあります。
外壁の種類や汚れの状態によってもどれが向いているかは違ってくるので、いろいろ検討してみてはどうでしょうか。

個人でできる洗浄について

あまり大きな効果は期待できませんが、自分で外壁を洗浄するという方法もあります。
まず、ホースを使って外壁の汚れを落とします。
水のみで落ちる汚れはいいのですが、落ちない場合は10倍ほどに薄めた中性洗剤か外壁洗浄剤を使って清掃作業をしましょう。
ただ、中性洗剤や外壁洗浄剤の成分が外壁に残ってしまうのはよくないので、洗剤を使った場合はしっかり水で洗い流す必要があります。
気を付けなければならないこととして、サイディングの問題が挙げられます。
サイディングとは外装材のことなのですが、サイディングの種類によってはブラシでこすると傷がついたり塗膜が剥がれてしまうタイプのものがあるのです。
また、シリコンが使われている箇所などに直接水を当てると劣化の原因になってしまうため、気を付けなければなりません。

高圧洗浄について

外壁の高圧洗浄といえば業者に依頼をするのが一般的ではありますが、家庭で使えるようなサイズの外壁クリーニング用高圧洗浄機も販売されています。
気軽に購入できるような価格ではありませんが、凹凸があるタイプの外壁は高圧洗浄機を使わなければキレイにならない場合が多いので、一台持っていてもいいかもしれませんね。
ただ、高圧洗浄とはとても強力な圧力で水を噴射し、水の力で汚れを落とす方法です。
非常に威力が強いため、使い方を誤ると外壁塗装が剥がれたりするなど建物を傷つけてしまう可能性があるということを理解しておかなければなりません。

高圧洗浄機は使うのにコツもいるので、やはり専門業者に依頼をするのがおすすめです。
専門業者が使用している高圧洗浄機は家庭用のものに比べて威力も大きいので、家庭用高圧洗浄機ではキレイにならなかった外壁の汚れも取り除くことができます。
個人で清掃が難しいビルやマンションの外壁・細かいタイルの洗浄作業も業者に依頼をしたほうがいいですね。

薬品洗浄について

水で汚れを落とす高圧洗浄だけでは汚れが落ち切らなかった場合、薬品洗浄(薬液洗浄)を使ってクリーニングをするという方法もあります。
こちらは専用の外壁洗浄剤を外壁に塗布し、ブラッシングをしたのちに洗い流す外壁クリーニング方法なのですが、とても高度な技術が必要です。
個人で行うことはできないので、薬品洗浄を行う場合は業者に依頼をする形となるでしょう。

外壁洗浄に関する注意点

外壁洗浄が家を傷つけてしまうこともある

外壁をキレイにするために洗浄をしたとしても、それが原因で家が傷ついてしまうことがあります。
特に問題が発生しやすいのが、知識のない人が高圧洗浄を行った場合です。
圧力に弱い場所を高圧洗浄機で清掃すれば、当然ながら家が傷つきますよね。
高圧洗浄に向かないタイプの汚れもまとめて落とそうと無理な洗浄を行った場合などにも壁にダメージを与えてしまうことがあります。

水漏れに関するトラブル

こちらも高圧洗浄に多いトラブルなのですが、下手をすると外壁表面の塗料が剥がれるどころの騒ぎではなく、作業中に雨漏りが発生するような事態に陥ってしまうことがあります。
更に室内に水漏れが発生し、漏電が発生。家電が壊れてしまったなどのトラブルも報告されています。
そのため、安全性を考慮したいのであれば専門業者に依頼をすることをおすすめします。

騒音に関すること

高圧洗浄機を使う際には、とても大きな音が出るということを理解しておかなければなりません。
これは家庭用の高圧洗浄機を使った場合でも同じことが言えるのですが、素人が自分で高圧洗浄を行うとプロが行ったのに比べて作業時間が長くなり、同時に騒音の出る時間も長引いてしまいます。
近隣への迷惑を少しでも抑えながら外壁洗浄をしたいと考えているのであれば、やはりプロに依頼をいたほうがいいと言えるでしょう。

外壁洗浄の費用に関すること

外壁が汚れてしまう原因は各建物で違い、状態も異なります。
そのため、専門業者に外壁洗浄を依頼する場合は、必ず費用の確認をしておいてください。
外壁だけでなく、屋根の汚れも気になるという場合は、屋根洗浄・屋根塗装もまとめて依頼をするといいでしょう。
中には安い見積書を出しておきながら当日にあれこれオプションを提案し、高い費用を請求する業者もあるようです。
必ず事前に見積書を作成してもらい、費用とサービスに納得したうえで正式に契約をすることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?
汚れてしまった外壁をキレイにするための洗浄方法や注意点についてご紹介しました。
外壁をキレイにするというと塗装をしなければならないということが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、汚れた外壁に塗装をしてもノリが悪いため、しっかり洗浄をしてから外壁塗装をしなければなりません。
しっかりコーティングまですれば、汚れにくい状態を作ることもできます。
驚くほど汚れが落ちるので、洗浄前と洗浄後を比較すると一目でキレイになったことを実感することができるはずです。